2017年6月 5日 (月)

伊勢認知症フォーラム

 ご訪問頂きありがとうございます♪

管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

来る、6月18日に以下のセミナーが開催されます。

618

詳しくはこちらをご覧ください。

 

Photo 

昨日6月4日(日)、私は三重県伊勢市へ出掛けました。

18893052_781737598662588_7447329824

ご登壇のみな様と共に会場に着きました。

18814008_781366252033056_6912524815

会場の200席はすぐ埋まり、追加で椅子をご用意される程の盛況で、満員御礼状態。

shine講演のトップは、レビー小体病ご本人の樋口直美さんです。

梅雨の近づくこの季節、レビーの方はコンディションの波が大きく、介護家族のみな様も色々にご苦労のあるシーズンかと思います。

この日、樋口さんも優れないご体調を押し、それを感じさせないご講演でした。

ご本人だからこその発信は多くの示唆に富み、レビーが「認知症」の枠だけでは到底理解の及ばない疾患であることが伝わったのではないかと思います。

併せて、「認知症の人」と呼ばれる方々の可能性がどんなにあるか、ということにも時間を割き、力を込めつつ言及されていました。

18839622_782063591963322_1711214279

新聞はクリックで拡大searchご覧になれます。

6/11には仙台でご講演と伺いました。
ご体調が回復され臨めることを祈りたいと思います。

18835654_10209392880042271_16000001

申込期限は開催の1週間前まで、との記載がありますが、お近くの方はお問い合わせになってみてはいかがでしょうか。

 

shineさて、お2人目の登壇でも大いに学ばせて頂きました。  

私はレビー小体型認知症(レビー小体病)のことは勉強して参りましたが、アルツハイマー病のことは実感として理解できない部分がたくさんあります。

そうしたところを今回、名古屋のグループホームの管理者でいらっしゃり、レビー小体型認知症サポートネットワーク愛知の代表でもいらっしゃる鬼頭恵津子さんから、実のお母様が住み慣れた家で・地域で暮らせるための取り組みや、いち介護家族としてのご経験を拝聴し大変勉強になりました。

 

shineそして、3人目は認知症専門医・笠間睦先生のご登壇です。

レビー小体型認知症(レビー小体病)に関連し、より理解が深まる内容を希望と共に多くお示し頂き、個人的に大感激です。

詳細を記述しようと思いましたが、先生ご本人が動画をアップして下さったので、少なくともDLB介護家族はお話が理解できるまで繰り返しご覧になって欲しいと、心から願います。

笠間先生、ご多忙のところ誠に有難うございました!!
 
樋口さんのご講演内容は、6/11の仙台講演が終わり次第、全編を動画でご報告頂けるそうです。
 
また、鬼頭さんのご講演は、肖像権の関係で割愛してあるそうです。
 
是非是非ご覧にになってみてください。
 
kuririnが絶対にお薦めする動画です。
 
 
Photo
 
catお・ま・けcat
 
明日、6月6日は我が家の猫が家族になった日です。
 
Photo
 
手のひらに乗る500gの仔猫でした。
 
1年の歳月を経て愛用のベットは・・・
 
Photo_3
 
すっかりイタズラっ子です(*^m^)
 
Photo_2
 
体重3.5kg。獣医さんからは、もう少し大きくなるかな?と伺っていますが、どうなるでしょうか(^^;)。
健康で1日でも長く一緒に暮らしたいと願っています。
 
では、また!
kuririn
Photo

|

«認知症予防セミナー&書籍ご案内