« スーパーコロコロ誕生秘話 | トップページ | 仲間って素晴らしい »

2009年6月13日 (土)

あじさい園・2009

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/79歳)は、初期のレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 今日のお話しは↓↓ココから

☆.。.:*・☆.。.:*・ご案内.。.:*・☆.。.:*・☆

6月27日(土) Dr.名古屋セミナー開催決定!!
テーマ「ピック病と認知症専門クリニックの未来」
詳しくはこちらをクリック~♪
申込書がダウンロード出来ます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

昨日、6月12日金曜日のお話です。

金曜はデイサービスがお休みなので、みーちゃんのお相手をまるごと勤めなくてはなりません
kuririn'sデイのオープンだぁ~

さてこの日。昨年に引き続き今年も元気に「あじさい園」を訪れる事が出来ました。昨年の記事はこちら⇒GO!!

梅雨入りしたばかりの京都ですが、この日は朝から良いお天気で、みーちゃんの体調も良好
いつもの植物園にある「あじさい園」へ参りました。

金曜の過ごし方は色々で、お部屋でひとり過ごしてもらう事も出来ますが、そうするとやはり、ボーッとしてしまい活動性の低下が著しいので、最近は以前よりも更に構っておく必要を感じています。

そんなこんなで、この日は「あじさい園」なのです。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

11時までにバタバタと家事のほとんどを終らせて、みーちゃんと一緒に家を出発

まずはお弁当の仕入れから

いつもの伊○丹で一緒にお弁当を選びます。
この段階から既に“お楽しみ”は始まっていまして、みーちゃんはとても嬉しそう

この日のお弁当は「お寿司」を選びましたので、同じ物を2つ買いました(^^)

また、おやつに「御座候」もGET。焼きたてあつあつで、みーちゃん、ますますワクワクしています

さぁ準備万端
地下鉄に乗って北山の植物園を目指します。

地下鉄に乗りながら思うのは、2006年~2007年あたりの事。当時はコロコロさんで地下鉄に乗ることなど完全拒否のみーちゃんでしたが、今ではそうした事も随分と緩和され、私と一緒ならどこへでも行ってくれる様になりました

みーちゃんの「拒否」が消えたことで、思えば色んな事が本当に楽になりました。

さて、植物園に到着です

昨年より1週間程度早くに訪れました。
あじさい園は全体的に、まだまだこれから楽しめる感じです。

が、それなりに美しく咲いていましたヽ(゜∀゜)ノ

週末のひととき。あじさい画像で、皆様にほっこりして頂けたらと思います

20090612_001

昨年とほぼ同じポジションから撮影した画像をステッチしてみました。02

 

以下、みーちゃんと愛でたあじさいの数々。

20090612_007

20090612_009

20090612_011

20090612_012

20090612_013

20090612_017

クレナイヤマアジサイ。純白の額片が2~3週間かけてこうした紅色になるそうです。20090612_031

20090612_033

20090612_024

 

20090612_027

み 「おおきいねぇ~ヽ(゜∀゜)ノ」

 

と、あじさいを手にするみーちゃん。 

私 「みーちゃんの顔より大きいね~♪」

 

あじさい園を抜けて、英国庭園へ。

20090612_035

 

アリウム・ギガンテウム01

私 「巨大ねぎ坊主です(笑)」

み 「食べられんの??(。・_・。)」

私 「さぁ~。堅そうね^^;」

み 「ムリやね(* ̄ω ̄*)」

 

なら、聞かないで下さいっ

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

そろそろお昼ごはんに♪

木陰にシートを広げ、はなしょうぶ園を眺めながらのんびりすることにしました。

靴を脱いで、足を伸ばして、

み 「あ~気持ちええわぁ~

地面のひんやり感がシートから伝わり、とても気持ち良かったです。20090612_046

20090612_047

20090612_048

20090612_049

20090612_050

帰りに、これまた恒例の鯉の池に行きました。

みーちゃんは、みーちゃんの手にあるエサ目当てに集まる鯉と亀と雀に囲まれ、「きゃーきゃー」喜んでエサをあげて遊んでいました。

みーちゃんのこうした姿を知っているのは、家族でも私だけだと思います。

みーちゃんの2人の息子達は、母親のこうした姿を知りませんし、みーちゃんも息子達の前では「母親顔」になるので、こうは行かないかも知れません。

そう思うと、私は贅沢な時間を持っているのかも知れない…と、ふと考えてしまいました。

 

昨年の記事にこんなコトを書いていました。

私の毎日は、こうしてみーちゃんの病状やコンディションを維持し、症状を回避する為に費やされていますが、それがそのまま私の歩く道であり記憶となって行きます。

と。

そして、一年経った今もなお同様の日々を過ごす事が出来ているのは、本当に有難いことだと身に浸みるのでした。

この日もみーちゃんは

 

み 「良い日やった♪良い日やった♪」

 

と、何度も言いました。
みーちゃんが「良い日」なら、それは私にとっても文句無しの「良い日」ですし、こうした手間が私自身を助けているんだと感じるこの頃です。

あじさいは、来週の金曜にもう一度出掛けても、更に見頃かもしれないな~と思っています

ブログランキングに参加しています
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

一部のレビー小体型認知症の方には薬剤過敏性があります。なのでアリセプトは少量(1mg)からのスタートが大切です。国の規制する5mgでは(3mgでも)“凶器”になる可能性があります。レビー小体病やピック病など、認知症治療の適切なガイドラインが早く整います様に・・・。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

京都市近郊のみなさま。

2008.8.18の記事でもお話致しましたが、京都駅近郊にアリセプトを細粒で処方下さる医師と、少量で個包下さる薬剤師の先生方が誕生しました。
少量のアリセプト入手について、お急ぎの方がおられましたら、出来る限りのお力になれればと思っておりますので、個別にメールを頂けたらと思います。
kuririn(^^)/

|

« スーパーコロコロ誕生秘話 | トップページ | 仲間って素晴らしい »

お義母さんのお世話」カテゴリの記事

コメント

kuririnさんへ

昨日の記事と言い、今日と言い、ホントに微笑ましく、読んでいてこちらも嬉しくなります。
みーちゃん可愛い!!

みーちゃんが可愛いのも、kuririnさんが上手に接しているからですね。
kuririnさんは聡明でとても素敵な方ですね。

講演会の記事ありがとうございました。
手元の資料と合わせると、まるでその場に参加させていただいていたかのように感じます。
皆様本当にご苦労様でした。

ところで札幌はこの土日 よさこいソーラン祭りです。
母と近くの会場で見てきました。
ちょうど 『京都今村組』 の演舞もありました。
がんばっていましたよ。
kuririnさんとみーちゃんを知ってから京都が近くなりました。

投稿: くまんま | 2009年6月14日 (日) 00:43

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
kuririnさま;

更新ありがとうございます。
本当にキレイな植物園なのですね。

母はまだ入院中なので一緒に紫陽花を見る事が出来ません。
入院していると季節の移り変わりも病棟の無意味な冷房のせいでよく分らないようです。

母はとっても寒がりで、冷房が苦手。空調がスースーしているので昨日行ったら半そでの下着2枚を重ね着、スパッツはいてハイソックスをはいてパジャマを着て、カーディガンを着ていました(泣)

「長袖の下着持ってくる?」と聞いたら「うん、うん。」と言っていました。

フルーツゼリーを持って行って来ます
洗濯したてフカフカのパジャマと長袖の下着、喜んで着替えてくれたら嬉しいです。

皆様もご自愛くださいね

冷房が苦手、弱冷房車にしか乗れない季節がやってきました

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

投稿: p-tan | 2009年6月14日 (日) 13:41

高齢者の寒がりについて
老年科では高齢者の定義は75歳以上になります。
75歳を過ぎたからすぐそうなるわけではありませんが、高齢者は必要なカロリーが急に減るといわれています。ですから糖尿病の方が認知症になったから、食事接種が増えても大きな問題にならないことが多いです。
消費カロリーが減るということは、体内で作り出す熱量が少なくなります。言い換えると同じ気温なら寒さを感じやすくなるということです。ですから若い方に比べて暑さを感じにくなっていますので、厚着になるのが普通のようです。

投稿: p-tanさんへ/hokehokeより | 2009年6月14日 (日) 15:14

★くまんまさんへ
こんばんは(^^) コメント有難うございます♪

>>講演会の記事ありがとうございました。
>>手元の資料と合わせると、まるでその場に
>>参加させていただいていたかのように感じます。

恐れ入りますm(_ _;)m
その様におっしゃって頂き光栄です。

よさこいソーラン祭りをお母様とご一緒にお楽しみになられたとの事・・・何よりでした

また、京都を近くに感じて下さってとても嬉しいです(^^)
有難うございますm(_ _)m
私もブログのお蔭で札幌がとても近く感じます。
このブログの常連様としては、こぶたさんも、haruさんも、そして、まだコメント欄にはデビューされていないHさんもみ~んな札幌です

いつも有難うございます。
kuririn

投稿: ★くまんまさんへ | 2009年6月14日 (日) 21:35

p-tanさんへ
こんばんは(^^) コメント有難うございます♪

病院へのお世話、お疲れ様です。
フルーツゼリーは美味しくお召し上がりになりましたか?
p-tanさんの愛情でフカフカになったパジャマのお着替えも気持ち良く済まされたことと思います。
お疲れ様でした!!

hokehoke先生から「高齢者の寒がり」についてアドバイスがあり、良かったですね(^^)
とても参考になったことと思います。
また、私も一緒に勉強をさせて頂き有難く存じます。

お礼のレスをされる場合は、誰宛のレスかが分かりやすい様に、名前欄を「hokehoke先生へ/p-tan」として下さいね
よろしくお願い致します。

冷房・・・お気をつけ下さいます様に。
いつも有難うございます♪
kuririn

投稿: ★p-tanさんへ | 2009年6月14日 (日) 21:44

★hokehoke先生へ

早速のお返事本当に有難うございました。
母は今年に入り食欲はあるのですが体重が落ちております。カロリーのお話とっても参考になりました。

血管が細い人は寒がりと風の噂に聞いたことがあるのですが医学的にはあまり関係ないのでしょうか?
母も私もナース泣かせの細い血管です(ρ_;)

いつも先生のアドバイスうん、うん。と参考にさせていただいております。
これからもよろしくお願いいたします。

★kuririnさんへ

名前欄のこと存知あげず失礼いたしました。
いつも皆さんどうやって入力されているのかな?と思いつつ質問せずにおりました。

もしまた誤りがございましたらお手数ですがご指摘下さいませ。

今日は自宅に洗濯物を忘れてフルーツゼリーだけ持って出てしまいU-ターンした為、おやつの3時に遅刻しました。
母は3時ジャストに前に持っていったマンゴーフルーツゼリーを食べたそうです。備えよつねに!ですね

今日はタンクトップに半そでシャツ、冬物パジャマにスパッツ、ハイソックス、首にはスカーフ、カーディガンとなりました。冬物長そでシャツを見せて「夕方寒かったら、着てね」と言ったら「うん、分かった」とニッコリしていましたよ。

皆様も急な冷房にご自愛くださいませ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

投稿: hokehoke先生へ/p-tan | 2009年6月14日 (日) 23:51

この記事へのコメントは終了しました。

« スーパーコロコロ誕生秘話 | トップページ | 仲間って素晴らしい »