« 薬は薬なんだケド | トップページ | 好きな番組と母親スイッチ »

2010年6月 1日 (火)

在宅医療講演会にて

昨日5月31日は京都セミナーから1周年でした。
一年前のことを思い出し、感慨深く1日を過ごしました。
新型インフルエンザの風評吹き荒れる中、その節は、本当に沢山の方々に応援を頂きました。今思い返しても目頭が熱くなります。有難うございましたm(_ _)m

 

私 「1年前は京都セミナーだったね」

み 「え?」

私 「みーちゃんにもいっぱい手伝ってもらって
   助けてもらったよね…

み 「そうやった(?。?)ハテ?」

 

・・・・つぶやく相手を間違えたようです(--;)

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

先週土曜日。5月29日。

大阪府のとある市でDrの講演がありました。
この講演会は、当市の医師会が在宅医療を支える一般市民を対象に、例年この時期に開催しておられるそうで、今年で13回目になると会長が挨拶で述べておられました。

広く一般市民の為に無料でこうした場を設け活動をしておられる医師会もあるんだな…ウチの市はどうなんだろう、とか思う。。。調べてみよ~っと。

過去13回開催の中で認知症をテーマに掲げられたのは、これで2回目なのだとか。

24bit03

会場は開演1時間以上前からぞくぞくと人が集まっておられ、参加者の熱意を感じました。

会場となるホテル宴会場では、前半分はスクールスタルで、後半分はシアタースタイルでセッティング。

私は前から2列目に陣取ったあと(笑)のんびりロビーで過ごしておりましたが、開演直前に再び場内に入りビックリ場内満席人が溢れ返っています

ホテルスタッフの方々が、あたふたと椅子を追加しておられましたし、挙句は、最前列に用意してあった医師会長はじめ関係者席も一般参加者の為に解放される程の盛況ぶりです。

開演前にパッと見で場内約200席強…と言った印象でしたが、終演後場内を見渡すと、会場の壁際にもぎっしりと椅子がならべられ、最終300名足らずの参加があったとのことでした。

・・・すごい!(@。@;)

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

講演内容は3/21に開催された「大阪セミナー」の内容をほぼ踏襲しておられました。いつもながらジョークを織り交ぜ、随所に笑いが起こります。

終盤の「ドクターコ○ノの安心理論」では、どこどこ繰り出される改善症例報告に場内からは感嘆の声が漏れ聞こえます。

私はじっくり座って聴講させて頂くのは久しぶり(昨年5月の大垣セミナー以来)で、大変新鮮でしたし、改めて勉強させて頂いた次第です。

講演がひと通り終ったあと、質疑応答がありました。
場内からの質問はひとつも無く・・・と、いうより、ご参加の皆様は圧倒されていらした・・・といった雰囲気が漂っていました。

何ひとつ質問がナイと言うのも、ある意味マナーのナイ話なので、座長から「認知症予防」について質問がありました。

Drの回答は、生活習慣や食生活、また、フェルガードの服用等、いろんなアプローチでお話がありました。

そのひとつに「新聞の社説を音読する」というお話をされました。

新聞の社説は、記者の中でも最も筆の達つ方が担当されるとか。時世について適切な表現を用い、いわゆる“正しい日本語”で書かれているとし、その内容は時に難しく理解が困難な場合もあるかもしれないけれど、それを気にすること無く声に出して読むのは、脳にとても良い刺激となる、というお話でした。

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

帰宅後、みーちゃんにその事を話してあげました。

 

み 「内容がワカラナクてイイの?」

私 「そうだって。
   声に出して読むのが大切なんだって(^^)」

み 「ワカランでイイなら、気が楽やわ~」

私 「そう♪そう♪ワカラナくてイイの

み 「今日からやるわ」

私 「いいんじゃナぁ~イ

 

次の瞬間、

 

み ・・・・・・・・・・・

 

みーちゃんが新聞の社説を読んでいます。

が、黙読しています。

 

私 「声を出して読むんだって♪」

み 「そんな恥ずかしいこと、出来ひん」

 

          凹○コテッ

 

み 「ひとりの時にするワ(* ̄ω ̄*)」

・・・・お好きにどーぞ┐(´~`)┌

応援↓クリックブログランキング参加中
人気ブログランキングへ私も、社説の音読開始したりしてぇ~

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

   140を超える医療機関で採用!認知症介護食品「Newフェルガード」
ご購入は、信頼出来る↑正規一次代理店で
模造品が出回っているとか…ご注意下さい

  TUNEMAKERS ONLINE(チューンメーカーズオンライン)   薔薇雑貨・姫系通販サイトRose Garden

      

|

« 薬は薬なんだケド | トップページ | 好きな番組と母親スイッチ »

講演会・セミナー関連」カテゴリの記事

コメント

わたしも昨日は「京都セミナーから一年経ったなぁ」って思ってました。
次男の誕生日と一緒なので、リンクして覚えてますね~~♪
あのときみーちゃんをお見かけしましたが、相変わらずお元気のようで何よりです

みーちゃんが音読がハズカシイ、ってなんとなくわかりますよ。
はじめから人に聞かせるつもりならまた違ってくるかも…
「わたしに読んで聞かせて」っていってみたらどうでしょう?だめかな~~

投稿: どぅ | 2010年6月 1日 (火) 12:36

♪kuririnさま こんにちは♪

夜勤明けで爆睡しておりました( ̄Д ̄;;

私も講演・講習・研修・・・・・その時はなぁるほどとか、えっ!その度の研修報告には頭が痛いのですが(@_@;)

みーちゃんの黙読すばらしいですね。お部屋に隠しマイクなど・・・・独り言とか聴けたら・・・楽しいかも?ヾ(_ _*)ハンセイ

投稿: らんらん | 2010年6月 1日 (火) 17:52

★どぅさんへ
こんばんは(^^) コメント有難うございます♪

どぅさんのブログにコメントして帰って来たら、コメントを頂戴していました~♪奇遇~♪
気が合いますねぇ(@^▽^@)ノ☆

5/31はてな君のお誕生日おめでとうございます。昨年はそうした大切な日であるにもかかわらず、京都まで応援に駆け付けて頂きましたね。あの時の感動を私は昨日のことのように思いだすことが出来ます。
有難うございましたm(_ _)mあれから1年…早いですね。
みーちゃんはお蔭様で元気です♪病気自体は進行していると思いますが、最大限抑制されているのでは…と思うことで、自分で自分を励ましております

>「わたしに読んで聞かせて」

なる程~素晴らしい声掛けだワ~と感じ入りまして、デイから帰宅したみーちゃんに早速そのようにお願いしてみますと、

み 「いややん(--)」
 
と、アッサリお断りを頂きました
私の職業柄、聞かれるのが余計に嫌なのでしょうね。
やはりおひとりがヨロシイようです

いつも有難うございます♪
kuririn

投稿: ★どぅさんへ | 2010年6月 1日 (火) 20:51

★らんらんさんへ
こんばんは(^^) コメント有難うございます♪

夜勤、お疲れ様でした。
お部屋の隠しマイクは・・・余計なことまで聞こえて来そうなので、やめておきます(笑)
そもそも、みーちゃんが読んでいるのを聞くことが目的ではないので、あとは自主性に任せます(爆)

らんらんさんも社説の音読、私とご一緒にいかがでしょうか(笑)

明日もお仕事頑張って下さい♪
kuririn

投稿: ★らんらんさんへ | 2010年6月 1日 (火) 20:55

京都講演からもう一年ですか。
早いものですね。京都講演はDVDで拝見いたしましたが、3月の八重洲公演より判り易く内容も充実していましたね。
医療関係者にも知ってほしい内容で満載だと思いました
。これだけ知っている自称認知症専門医がどれだけいるか心もとない気持ちと一緒でした。
これだけの会がkuririnnさんの頑張りと皆様の協力でなされたことに大きな意味があると思います。
私は現在、ある診療所で施設(有料老人ホームやグループホーム)中心で訪問診療を行っております。院長の理解のもとフェルガードなしでコウノメソッド中心に治療を行っております。その効果は非常に高いです。
最も、同じ薬を使用する状態が、私と河野先生とは同じとは限りませんが、コウノメソッドの有効性は間違いありません。
今後も正しい認知症治療と介護法の普及にポチポチとやっていきましょう。
PS:長男さんの6/6の講演会におじゃまする予定です。定員は、20名より大きい会場のようですので、登場近郊の方は参加をお薦めいたします。

投稿: hokehoke | 2010年6月 1日 (火) 22:37

★hokehoke先生へ
こんばんは(^^) コメント有難うございます♪

1年…本当に早いです。
京都セミナーはあの当時では最善かつ最新の内容だったと思いますし、Drのほとばしる魂の入った、素晴らしい講演だったと思います。
そして、嬉しいことに、京都セミナーが切っ掛けで服薬の見直しをして改善された、というご報告も伺う事が出来、本当の意味で成功したと思いますし、その芽はこれからも大切に育んで行けたらと思っております。

レビー小体型認知症に関しては、やはり、どれだれ早くに気付けるか…その気付き方について、僭越ながら私の知る範囲で皆様にお話出来る場があればなぁ…と模索しているところです。が、何分にも「あななはどこの誰ですか?」といわれれば「京都の主婦ですが」としか応えられないですし、お話し出来たとしても、結局の所、治せる医師が極めて少ない(=イナイ?)ので、現実の厳しさに直面しております。

>今後も正しい認知症治療と介護法の普及に
>ポチポチとやっていきましょう。

はい。そうですね(^^)。
こちらも「焦らず・諦めず」といったところでしょうか。
今後とも何卒よろしくお願い致します。

6/6…長男さんの講演にご参加なのですね。
私も行きたいな…と思いましたが、定員が20名とお聞きし、わざわざ京都から貴重な一席を埋めるのも…と気が引けておりました
長男さんのブログは読者が多いので、あっという間に定員が埋まるのではナイでしょうか。
成功を祈りたいと思います。

>コウノメソッドの有効性は間違いありません。

先月発刊の新書「重度認知症をハーブエキスで治す」にも先生のコメントが掲載されていましたね。
先生の益々のご活躍を心より祈念申上げます。
kuririn

投稿: ★hokehoke先生へ | 2010年6月 1日 (火) 23:22

昨日5月31日は、京都セミナーのことばかり頭をよぎっていました。8時に特養へ食事介助に行き、母が興奮していないのを確認して駅まで大急ぎ。10時の新幹線に乗って……、もう昨日のように思い出します。
kuririnさん、京都セミナーを企画して頂いたこと本当に感謝しています。

hokehoke先生、まろナースさん、フェルガードAの情報を教えて頂きありがとうございました。

投稿: mizuho | 2010年6月 1日 (火) 23:36

★mizuhoさんへ
こんばんは(^^) コメント有難うございます♪

昨日はmizuhoさんも京都セミナーを思い返して下さっていたのですね・・・なんて有難いことでしょう。
とても嬉しいです(T^T)じ~ん。

私も忘れません。
途中の休憩時間、次の準備に椅子を移動させていた私に駆け寄りお声を掛けて下さったのがmizuhoさんでした。ご遠方のところ色々と段取りやご都合をつけて頂いてのご参加でした。
こちらこそ、本当に有難うございましたm(_ _)m

昨年ご参加下さった方々のご家族が、どうかお健やかでいらっしゃいます様に・・・そう願わずにはいられません。

今年は肌寒いまま梅雨を迎えるのでしょうか・・・mizuhoさんもお体はくれぐれもお大切にされて下さい。
またお会い出来るとイイですね(^^)
いつも温かく見守って頂き有難うございます♪
kuririn

投稿: ★mizuhoさんへ | 2010年6月 1日 (火) 23:53

減税について。
あくまで、参考になさってください。

ある介護者さんからの報告です。
サプリのフェルガード類が年間ですと、かなり高額になります。
ネットでフェルガード類の資料を取り寄せて、領収証を他の医療費控除と一緒に申請したそうです。
そこの税務署はサプリでも効果があるので控除の対象にしてくれたそうです。

但し、ネットで他の商品と同時に購入し、領収証が交ざってしまうと難しいかもしれないのでご注意なさった方が良いかもしれないです。
一年間分の控除もチリも積もれば山となる!
税務署にご確認くださいね。
ご参考までm(__)m

投稿: まろナース | 2010年6月 3日 (木) 00:05

★まろナースさんへ
こんばんは(^^) コメント有難うございます♪

驚きました
そんなコトが可能なら・・・スゴイですね
確認された方は、エライですねぇ~。
私は頭からダメだと思っていましたから、その様なことを思いつきもしませんでした。
私も地元の税務署に問合せてみます。
場合によっては、修正申告をしなくては

貴重な情報を有難うございました。
kuririn

投稿: ★まろナースさんへ | 2010年6月 3日 (木) 00:25

この記事へのコメントは終了しました。

« 薬は薬なんだケド | トップページ | 好きな番組と母親スイッチ »