« 「ペンの手」報告10 | トップページ | 折り鶴で親子の時間 »

2013年1月12日 (土)

一日遅れの鏡開き、なんですが…

  ご訪問頂きありがとうございます♪
       管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/83歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?
Photo_2
お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

 

Photoフェルガードお買い得情報

信頼の正規一次代理店Arrow_downで待望のキャンペーン

Photo

 

 

07b0117 .。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117

 

今日はデイサービスのない土曜日です。

みーちゃんはコンディションも良く、お部屋でまったり好きなことをしながら過ごしています。

 

さて、昨日1/11は鏡開きでした。

kuririn家でも正月を祝う鏡餅をぜんざいにして、一年の無病息災を願い頂きます。

しかし昨日、みーちゃんはデイサービス、おっとは新年会と、家族揃ってこれを祝うことができなかったので、一日遅れではありますが、今日のお昼にみんなでぜんざいを頂きました。

 

ところがここで問題がひとつあります。

 

みーちゃんにとってお餅は嚥下面で厳しい食材です。

なので、今年もみーちゃん用に「なんちゃって餅」を作りました。

上新粉を使い簡単に作れます。

見た目はお餅にそっくりですが、キレがよく粘りがないので口の中で溶けやすく、安全にお餅の雰囲気を楽しめます。

レシピや作り方は昨年も記事にしているので、ご関心のある方はご参照頂ければと思います(^^)

 

最初は、右の大きさのもの(A)を4個作りました。

Photo

昨年はAサイズで3つ食べられたからです。

 

出来上がった“なんちゃって餅”をみーちゃんに見せに行きました。

 

私 「みーちゃん♪ 一日遅れですけど…
   お昼は鏡開きのおぜんざいにさせてもらい
   ますね。

   今年もみーちゃん用のお餅を作りました」

 

 

み 「うわぁ~~♪」  

 

 

みーちゃんは一瞬、とても嬉しそうな表情を浮かべました。

 

 

私 「何個食べられそう?」

 

 

み ゥ─σ(・´ω・`*)─ン

 

 

私 「3つくらい食べられる? 去年と同じで・・・」

 

 

み 「・・・ちょっと大きいみたい(。・_・。)」

 

 

私 「そう? 

   じゃあ、2つにする?」

 

 

み ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

 

 

どうやら、2つでも食べられる自信はなさそうです。

 

 

私 「じゃあ

   1個を半分に小さくして、3つにしようか?」

 

 

み 「それがエエ(* ̄ω ̄)」

 

 

と、言う訳で、Aサイズを更に半分にしたBサイズを作りました。

Photo_2

 

みーちゃん専用の小ぶりな汁椀に“なんちゃって餅”を盛り付けます。

Dsc00490

丹波大納言のあん(←既製品)をはり出来上がりです。

Dsc00491

量としては昨年の半分ですが、みーちゃんはこれを完食してくれました。 

 

ただ、去年はとても喜んでくれたのですが、今年は少し反応が異なっており・・・

 

 

み 「ホンマもんの餅が食べたいねー(´~`)」

 

と。

 

・・・・・・(ё_ё;)うぐっ・・・・

 

 

辛いなぁ。
それが出来れば、私もどんなに嬉しいか(ノω<。)

 

 

私 「そっか・・・・。みーちゃん、ごめんねぇ。

   おウチではお餅は出してあげられナイわ。
   やっぱり、万一ってことがあるから・・・」

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

ずっと以前・・まだレビーと診断される前、1人暮らしだった頃・・・みーちゃんはお餅で喉を詰まらせたらしく、以来10年以上お餅もうどんも苦手な食材として定着し、食べる気がしなかったそうです。

しかし、2007年にレビーと診断され治療を開始後、2009年の後半あたりからお餅を「食べられそうな気がする」と言い、実際に施設で提供されたお餅をひと口ずつ食べられるようになり、現在に至ります。

 

 

前回のショートステイで年越しをしたみーちゃんは、元旦に施設でお雑煮を頂いたそうです。

 

提供に際しては勿論、事前に施設さんから相談がありました。

私は餅が「要注意食材」ではあるものの、他の利用者さんと違う内容で提供されるとみーちゃんがまた手がつけられない程に怒り出し、別の面でご迷惑をおかけする可能性があるので(施設さんにはお手数をおかけするものの)条件付きでこれを了解しました。
(元旦のおせちにも注文をつける程なので・・・)

 

・餅は要注意食材であること。
・ひと口は極めて小さくすること。
・職員さんの見守りをお願いしたいこと。

 

当日は丸小餅(Aサイズ程度)が2個で提供されたそうですが、みーちゃんは職員さん見守りのもと、箸で小さく小さく切って1個だけ食べられたそうです。

 

しかし万一のことを思うと私は自宅で、どうしてもお餅を食べてもらう気にはなれません(ノω<。)

 

だからこそ、せめて雰囲気だけでも…と、工夫を凝らしたつもりなのですが、今年のみーちゃんには物足りなかったらしく、それが今年は裏目に出たかも知れません。

 

あまり喜んでもらえなくて、ちょっと残念。

昨年はとても喜んでくれたので、私もそれが嬉しくて。

でも、みーちゃんは昨年のことなど覚えていませんでした。。。ま。仕方ありませがね。

 

考えみれば、私が治療とケアの両輪で必死に支え守っている「みーちゃんの嚥下機能」なので、これを維持しながら今を過ごせていることに感謝して、私も気持ちを切り替えませんとね。

 

でも、来年はどうしようかな・・・(。。;)

 

ま。これもねー、来年考えますかε-(´。`*)

 

そんなことより今夜の夕飯の方が問題ですし(笑)大事だったりしますので。

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54
ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
  

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

   140を超える医療機関で採用!認知症介護食品「Newフェルガード」
ご購入は信頼出来る↑正規一次代理店で
   
京のすっぴんさん↓絹肌べっぴん国産BBクリーム
   「京のすっぴんさん」無添加60秒メイク
   透明肌!無添加フェイスパウダー「京のすっぴんさん」

|

« 「ペンの手」報告10 | トップページ | 折り鶴で親子の時間 »

お義母さんのお世話」カテゴリの記事

コメント

はじめて、コメントさせていただきます。
福岡のゆ~みん と申します。書籍を送っていただき、ありがとうございました。改めて、お礼申し上げます。
嚥下に不安のある方のお餅対策ですが、こういうのはいかがでしょうか?
うるち米1合(150g)水(360cc)やまいも100g(7~8㎜厚さの薄切り)を、炊飯器でたいて、塩小さじ1/3を加えてすりこぎでつぶして、一口大にまるめる。
”家庭でできる 高齢者ソフト食レシピ”に載っていました。
我が家では、塩はいれませんでしたが。
母のために何度か作ったことがあります。お餅の感触は それなりに楽しめたようです。

投稿: ゆ | 2013年1月12日 (土) 23:28

★ゆ~みんさんへ
こんばんは。初コメント有難うございます。

そして、素敵なアドバイスを有難うございます!!
山芋や長芋は我が家でも多用していて、冷蔵庫のレギュラー選手です。が、このような使い方もあったのですね。大変勉強になりました。
お教え頂いて有難うございます!!
是非、作ってみたいと思います。

書籍についてお受取り頂きありがとうございます。
ゆ~みんさんのお役にたちましたら幸いです。
今後共よろしくお願い致します。
kuririn

投稿: ★ゆ~みんさんへ | 2013年1月12日 (土) 23:48

この記事へのコメントは終了しました。

« 「ペンの手」報告10 | トップページ | 折り鶴で親子の時間 »