« デイサービスに復帰したものの… | トップページ | 母のまなざし »

2015年1月 9日 (金)

いろいろな変化

   ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

Photo_2 介護な日々のお役立ちサイトです(^^)/

こちらの記事でご紹介した通り、まずは無料でお試しができます。

Banner_oyalog300_120kuririn_fw

07b0117当ブログ読者さんだけのスペシャル企画07b0117
新規登録時に紹介番号「339582」を入力すると特典があります。尚、詳細なお問い合わせは「おやろぐ」事務局へお願いします。

 

Photo

わたくしkuririnも取材協力させて頂きました。

良書です!

 

Photo

 

来年2015年1月27日(火)

レビーフォーラム2015
『レビーなんてこわくない!』

開催です!!

80

詳しくは↑こちらをクリック

 

レビーのこと…さぁ、一緒に考えましょう。
動きだしましょう。

 

 

今日のお話はここから

 

1月9日 金曜日

 

 

昨日、デイ利用中に嘔吐したみーちゃんは、お蔭様で吐血することなく朝を迎えました。

 

 

ただ、嘔気・嘔吐の負担で、食道や胃に裂創が生じていないとは限らず…現時点ではこれを確認する術がありません。

 

 

今日は胃に負担をかけないよう流動食で見守り、何とか無事に過ごせました。

 

 

(〃´o`)=3 フゥ。。。

 

 

Photo

 

 

今日は午前中にケアマネさん、午後には訪看さんが、それぞれ訪問下さいました。

 

 

ケアマネさんは、みーちゃんのデイサービス利用がはたして本当に適切な判断だったのか…と、昨日の利用を見守って下さっていました。

 

 

時として抑制が利かず、昨日はそれが食事に現れ、結果的に嘔吐を招いてしまったことに少なからず責任を感じておられました。

 

 

私 「5日に担当者会議をもって下さって、
   デイサービス再開が決まって、
   みーちゃんは変わりました。

   気持ちにハリが出て来たと言うか。

   私もその気持ちを支えられるよう
   通所用に新しいズボンも用意して。

   みーちゃんはとても喜んで、ウキウキ
   とした気持ちでここ数日過ごせましたし
   昨日も嬉しそうに出掛けて行きました。

   そういう時間が育めたことに感謝です。
   だから、デイに行かせて頂いて
   良かったのだと思います(^^)」

 

 

ケ 「そう言って頂けると、有難いです」

 

 

私 「本当は私、
   昼食時に様子を見に行こうと
   思っていたのですが、つい
   ほっこりしてしまって・・・」

 

 

ケ 「そらそーです。
   ずっと休みナシで看ておられますし」

 

 

私 「本人は、自業自得だと思っています。

   そして実際、そうした一面があると
   私も思います」

 

 

ケ 「そう言って頂けるのは有難いですが、
   今後の昼食は注意が必要ですね」

 

 

私 「そうですね」

 

 

ケアマネさんが訪問下さった時間に眠っていたみーちゃん。

 

 

先に2人で話をしているうちに目覚めたようで、ケアマネさんをみーちゃんのお部屋へご案内しました。

 

 

 

ケ 「みーちゃん、
   おかげんはいかがですか?」

 

 

み 「はい、どーもナイです」

 

 

 

ケ 「昨日久しぶりのデイでしたね(^^)
   いかがでしたか?

   たくさんおしゃべり出来ましたか?」

 

 

 

み 「あんまりみんな、こちら(ベット)には
   来はらへんから・・・」

 

 

 

私 「ヒラノさんとは
   おしゃべり出来たんだよね?(^^)」

 

 

 

み 「・・・うん・・・まぁ・・・(〃∀〃;)」

 

 

 

ケ 「そうでしたか。
   それはヨカッタですね。

   一日ベットでのご利用ですけれど、
   大丈夫でしたか?」

 

 

 

み 「うつら…うつら…してね…(^^;)
   寝てました」

 

 

 

ケ 「そうですか(^^)
   マイペースでお過ごし下さいね。

   Cデイさんは、

     『みーちゃんが通所したいという
   気持ちをお持ち下さっている限り
   どんな事をしてでも来て頂きます』

   って、おっしゃっていますよ(^^)」

 

 

み 「有難いことやねぇ…(* ’ω ’*)」

 

 

 

ケ 「来週も頑張って行って下さいね(^^)」

 

 

 

み 「おおきに・・・」

 

 

 

ケ 「来週は嘔吐するほど
   食べないようにしましょうね(^^)」

 

 

み  ・・・・(〃∀〃;)たはは・・・

 

 

 

毎日が精一杯過ぎるのか、来週が随分遠い未来のことのように感じてしまうのが、とても不思議な今日でした。

 

 

Photo

 

 

午後は訪看さんがお越しでした。

 

 

真っ先にみーちゃんの様子をご心配下さっていました。

 

 

看 「緊急のお電話がナイので
   大丈夫だろうとは思っていましたが、
   みーちゃんの顔を見て安心しました」

 

 

み 「おおきに・・・…(* ’ω ’*)」

 

 

看 「昨日はデイ、楽しかったですか?」

 

 

み 「楽しかったけどねー、
   失敗しちゃった・・・(ノω<。)」

 

 

看 「嘔吐はしんどかったデスよね・・・」

 

 

み 「しんどかった…(;ω;)」

 

 

看 「たくさん食べちゃった?」

 

 

み 「ちぃーとも食べてナイ。

   栄養のプリンと
   おかずは味見程度で」

 

 

看 「プリンはどれだけ食べました?」

 

 

み 「プリンはエエかなぁ~と思ってね。

   ・・・・全部(。・_・。)」

 

 

(・・・・(=w=)あちゃー!!!!!!)

 

 

看 「昨日はおかず、何でした?」

 

 

み 「山芋のねぇ・・・美味しかった」

 

 

 

看 「そうでしたか、ヨカッタですね。
   どのくらい召し上がりました?」

 

 

み  「全部(。・_・。)」

 

 

(…ソレ、味見とは言わナイだろ!!…(-"-;) )

 

 

看 「さぞや胃は、
   ビックリしたことでしょうね(^^;)」

 

 

み 「どーもナイと思うけど(。・_・。)」

 

 

看 「どーもあったと思いますよ。

   だって、しんどかっんでしょ?」

 

 

み 「しんどかったー(=w=)」

 

 

看 「デイさんにお昼ごはんの量を
   減らしてもらうよう、kuririnさんから
   お電話してもらいましょうか」

 

 

み 「お昼ごはん、出さなくてイイです」

 

 

看 「そっかー」

 

 

み 「職員さんが横で見てはるのに。
   食べんワケには…
   イカンやろ?(* ̄ω ̄*)」

 

 

それ解釈逆だし
食べ過ぎないよう見守って頂いてるんだし

制止の声掛けを聞かないの、誰?

 

 

看 「なる程。
   ナシの方が良いですか?

   余計な気を遣わなくてイイし、
   その方が気が楽かも知れませんね。

   じゃあ来週から昼食ナシでイイですか?」

 

 

み 「そうします」

 

 

看 「そうですね(^^)


   お昼、食べなくても大丈夫ですよ(^^)

   今ね、みーちゃんのお身体は
   省エネモードですから。

   お腹もあまりすかないでしょ?」

 

 

み 「そーやね」

 

 

私 「みーちゃん♪スゴイねヽ(゜∀゜)ノ
   いま流行りのecoモードだねぇ。

   エコだよ、エコ♪」

 

み 「ふふ~~~ん。。。(* ̄ω ̄*)v」

 

 

看 「だったら無理して食べなくてイイです。

   朝夕の食事はkuririnさんが、
   みーちゃんの体調にあわせてちゃんと
   ご用意下さいますからネ♪」

 

 

み 「はーーい(* ̄ω ̄*)」

 

 

Photo

 

 

みーちゃんの最終排便は12/31でした。

 

 

前回の訪看訪問日に敵便を試みて頂きましたが、便がまったく下りて来ていなかったので今日リベンジ頂くことになっていました。

 

 

スゴ腕訪看さんの手で、みーちゃんは10日ぶりに無事排便させて頂きました。

 

 

それは「親指の先」ほどのコロコロしたのが、3つだけでした。

 

 

訪看さんを玄関でお見送りする時、これからだんだんに排便も排尿も更に少なくなって行くだろうとお聞きしました。

 

 

それは、少しずつ少しずつ…みーちゃんの身体がお別れの準備をしてるのだと、すぐにわかりました。

 

 

また、昨日の嘔吐で誤嚥していた場合、明日からの連休中に肺炎の症状が現れるかも知れないので、注意して見守るようアドバイスを頂きました。

 

 

今日は排尿が1回でした。

 

 

全身の皮膚の色調は、少しずつ暗色に変化して来ました。

 

 

私は今日、自分の中のギアポジションを1ランクグイッとチェンジしました。

 

 

意外にも、私自身不思議と心は穏やかです。

Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54
 「読みました」のクリックArrow_downはここネ

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

     花を贈るなら日比谷花壇

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

« デイサービスに復帰したものの… | トップページ | 母のまなざし »

お義母さんのお世話」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。