« 9月 富山へ伺います!! | トップページ | 嘔吐4回、救急搬送 »

2015年7月28日 (火)

きらきら組 2015年7月 

    ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

Photo_2

わたくしkuririnが富山へ伺います。

クリックで拡大searchできます。

Photo_3

詳細・お申し込みこちらから。

 

Photo

 

7月28日 火曜日

 
 
 
梅雨が明け、祇園祭を終えた京都も夏本番の到来です。
 
 
 
今日の京都は午後からゲリラ豪雨thunderrain
 
 
 
みーちゃんは案の定ダウンdowndown
 
 
 
吐気に見舞われ絶飲食中…こうなるともう、どうにも出来ません(-"-;)が、今は病院で管理頂いているので、急変時における対応が迅速な点は安心しています。
 
 
 
脱水回避のため末梢から点滴中のみーちゃんです。
 
 
 
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 
 
 
介護の日々にあると、この季節の一番の悩みは「食欲が落ちる事」や「水分摂取」の苦労(栄養管理・水分管理)かと思います。
 
 
 
私もこれまで様々に苦労を重ね、工夫を凝らして来たので、その大変さはとても良くわかります。
 
 
 
2009年7月9日に『水分補給で脳梗塞を徹底予防』という記事を掲載しました。コメント欄にはhokehoke先生はじめ多くの役立つコメントが残されていますので、ご参照のうえお役立て頂けたらと思います(^^)
 
 
 
レビー小体型認知症は進行性の脳内変性疾患なので、現代の医学ではまだ根治療法には至りませんが、それでも日常で先々の困ったを回避or軽減できることは沢山あります。
 
 
 
『変性性認知症が急激に悪化したら血管因子を考える』と、かつてDrが講演でお話になっていたことを思い出します。
 
 
 
また、自律神経症状があるレビー小体型認知症の方はこの時期、体温調節が出来ず、熱がこもりやすかったり、何度も着替えを要するくらいビショビショに汗をかいたりしますね。
 
 
水分補給には体の中で「水分」としてきちんと機能するものを選び、利尿作用のある飲み物(珈琲など)は脱水を招くことも覚えておきたいところですね。
 
 
 
そうそうflair
レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会ネットワーク『愛知あいあい組』の代表をされているあねさん(要介護4のお母様と暮らしておられる)が、ブログで簡単経口補水液のつくり方を紹介しておられました(^^)
 
あねさんのブログ⇒こちら
 
 
Photo
 
 
私が発起人をしている『関西きらきら組』には様々なタイプのレビー小体型認知症のご家族をもつ方々が、様々な介護環境のなか毎回時間をやりくりして集って下さいます。
 
 
 
介護を要する方々にとって、私達家族は掛け替えのない頼れる存在であると思います。
 
 
 
しかし、私達が健康を損ねたり、ケガに見舞われる、などなど、不測の事態によってこれまで通りの介護環境が維持できなくなることは、案外身近な問題です。
 
 
 
私自身はこの2月に体調を崩し、目下も養生の日々にあります。
 
 
 
そして、春には、きらきら組の大切な仲間が自転車とぶつかりそうになり転倒。足の甲の小指側を骨折され、入院・手術となり、介護する私達自身の抱える課題をどう担保するかを、改めて考えさせられました。
 
 
 
幸いご本人のご努力もあり術後の経過も良好で、今回のきらきら組には、松葉杖を使いこなしご参加下さいました(^^)
 
 
 
ブログではご自身の経験をもとに様々な問題提起をしておられますが、そのひとつに「傷害保険」の加入に関しての記述がありました。
 
 
 
一般的な疾病やがん保険などは備えていても、ケガやその後の通院は意外に盲点かも…。
 
 
 
介護をしていると、ついつい自分のことは後まわしになりがちですが、一度立ち止まり、気持ちを落ち着けて自分のこともあれこれ備えられるとイイなと思います。
 
 
 
ブログはこちら
 
 
Photo
 
 
 
去る7月25日(土)は『関西きらきら組』の開催日でした。
 
 
 
お暑いなか今回もたくさんの仲間で集いあいました。
(  )内は診断年
 
 
shineお母様がDLB(2010)のインドカレーさんは福岡から(初)
 
shineご主人さまがDLB(2008)のHNさん(初)
 
shineDLBご本人(2014)のダンディさん(初)
 
shineダンディさんの奥様(初)
 
cloverお母様がDLB(2011)のKirarafuuさん
 
cloverお母様がDLB(2014)のアップルさん
 
cloverお母様がDLB(2014)の安寿さん
 
cloverお母様がDLB(2011)のおひささん
 
cloverお父様がDLB(2015)のeumiさん
 
cloverご主人様がDLB(2013)のHiさん
 
cloverお母様がDLB(2012)のやっさん
 
cloverお義母さまがDLB(2012)の卯月かなめさん
 
cloverご主人様がDLB(2011)のケイトさん
 
cloverご主人様がDLB(2009)Mariさん
 
cloverお母様がDLB(2010)のあねさんは愛知から
 
cloverお母様がDLB(2009)のRondineさん
 
cloverご両親様がDLB(2011)のみずきさん
 
cloverお母様がDLB(2009)のなおたまさん
 
cloverお母様がDLB(2007)のシュガーさん
 
clover姑がDLB(2007)の私、kuririn
 
 
①、11時半~のおしゃべりランチ会restaurant
②、13時~のきらきら交流会pencil
 
以上、20名のご参加でした。
 
Photo
 
今回はこれまで以上に、みな様にご案内したい情報が山盛りでした。
 
 
 
また、今回の開催で特筆すべきは、きらきら組開始以来「初」のご本人(77歳・脳幹型)ダンディさんのご参加を頂き時代の流れを感じました。
 
 
 
幻視・幻覚がフェルガード100M開始後3日で消失した、とお話下さいました。
 
 
 
ダ 「私は認知症ではありません(`・_・´)!!!」
 
 
 
私 「はい、存じております(^^)」
 
 
 
そして、あれこれとご質問など頂き、お答えするうちに…
 
 
 
 
ダ 「私ね、こういうことが知りたかったんです」
 
 
 
と、満開の笑顔。
 
 
 
ご納得頂けたご様子です。
 
 
 
そして、こうおっしゃいました。
 
 
 
ダ 「れそにしてもここは、
   ものすごくレベルが高いですね」
 
 
 
 
私 「そうだと思います。
   愚痴やなぐさめだけの会ではありません。
 
   みなさん大変な経験を持ちながらも、
   互いの情報共有に努めて下さっています。
 
   受け身のままでは何も打開できないことは
   私も経験して参りました。
 
   正しい知識を得ながら、
   必要な情報をキャッチして
   それぞれの日々にお役立て頂いています。

   そういうことが非常に大事だと判るから
   みなさんお集まり下さるのだと思います。

   そして、私も共に勉強させて頂いて、
   お支え頂いて参りました。
   有難いことです」
 
 
 
と、胸をはってお答えしました。
 
 
 
 
会場では、明るくかつ熱心に学び取り組む家族の様子を目にされ、ご自身もできることから「ガンバロー♪」と想いを新たに笑顔で会場を後にして下さり、嬉しかったです。
 
 
 
今回は情報が盛りだくさんで、大幅に時間をオーバーsweat01することとなりました。
 
 
 
Photo
 
 
そして、会場を少し移動して
15時~はおしゃべりカフェcafe
 
 
ここに駆け付けて下さったのは… 
 
shineお母様がDLB(2014)のクレールさん(初)
 
cloverお義父さまがDLBだったゆかりんさんとお嬢様
 
 
Photo_3
 
 
ゆかりんさん&クレールさんには、大変お待たせをして申し訳ございませんでしたm(_ _)msweat01
 
 
 
そんなこんなで、今回は総勢23名のご参加で、いつも以上に賑やかで、情報盛りだくさんな『関西きらきら組』でした。
 
 
 
Photo_4次回は10月18日(日)11時半~の開催です。
参加のお申し込みは↓バナーからどうぞ♪

     Banner_004

 
次回は『関西きらきら組』発足以来のshineスペシャル企画shineを準備中です。
 
 
 
う~んと楽しくリフレッシュして、しっかりお勉強もして、介護な日々の活力と健やかな未来への糧として頂けましたら幸いです。
 
 
 
 
どうぞご期待くださいrock
 
 
 
 
 
暑い夏…みな様お体に気を付けて10月元気にお目にかかりたいと思います。
  Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

Photo

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

« 9月 富山へ伺います!! | トップページ | 嘔吐4回、救急搬送 »

レビー家族おしゃべり会」カテゴリの記事