« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月22日 (土)

早くもインフルエンザ!




ご訪問頂きありがとうございます♪

  管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

来る2016年11月6日(日)にレビーフォーラム2016が開催されますsign03

レビーフォーラム2016

「レビー小体型認知症の
 ケアと治療を語ろう!」

~本人・家族・現場からの発信~

主催
NPO法人認知症ラボ

後援
日本認知症ケア学会

Photo_7

お申込みはこちら からどうぞ。

会場でお目にかかります(^0^)/

Photo

Photo_6

11月11日。
青森で上記講演が開催です。

是非、知っておきたいテーマで長尾先生がご講演です。

私は参加できませんがcoldsweats01青森近郊の皆様には是非お薦めいたします。

長尾先生・・・難しいテーマも身近な話題に触れつつわかりやすくお話しいただけることでしょう。

参加申込はこちらからどうぞ。

 

Photo

10月22日土曜日

 

みーちゃんはお蔭さまで落ち着いています。

 

一方、おっとはインフルエンザに罹患中。

今年はナニ?

2月にB型、そして今回はA型なんだとか。

 

京都市は10/17からインフルエンザの予防接種がはじまり、ホントなら今日一緒に予防接種を受ける予定をしていましたが、その前に罹ってしまいました。

 

やれやれ。

 

以来おっとは『家庭内隔離』状態で、私とネコはリビングで寝ています。

 

今のところ、私にはうつっていないようです。

 

皆様もどうかお気をつけになってください。

 

Photo

 

さて、2週間後の11月6日に迫ってきた「レビーフォーラム2016」です。

 

目下、連日その準備に追われております。

 

そんな中ニュースが飛び込んで来ました。

 

トークセッションをご一緒するはずだった医師の石本先生が体調を崩され降板されることになったのだとか。

 

そして、その枠にはDLB介護のスペシャリストがご登壇になり講演されるshineと伺いました。

 

と、いうわけで当日のプログラムが以下の内容へ変更になりました。

Photo_8

第二部のパネルディスカッションには、DLBの診断を受けられたご本人2名の登壇も予定されています。

 

が、なに分にもこの季節は一年の中でもコンディション維持の難しいシーズンでもありますから、プログラムおよび登壇者は、一部変更となる可能性もあることは致し方ないと考えます。

 

当日、私の持ち時間は35分です。

 

さてさて・・・お伝えしたいことは山のようにある訳で。

 

そして、ご来場になる方々が求めておられることは、お立場によって多種多様な訳で。

 

すべてをお話するには時間がないものの、みーちゃんと歩み続けた日々を通し、経験したありのままを語りたいと準備を進めているところです。

 

あとは、ご清聴くださる皆様の感度とソフトで、それぞれに活かして頂けたらと願うばかりです。

 

11月6日。
レビーフォーラム2016。
「認知症ケア専門士単位:3単位」認定です。

お申込みは↓こちら。

1_2

会場でお目にかかります。
是非、お出かけくださいsign03

 

・・・インフルエンザ。
体調管理に気をつけなくてはrock

 

皆様もお気をつけてheart02

 

Photo

 

catお・ま・けcat

Photo_4

銀婚式のお祝いに愛らしいアレンジでお花のプレゼントを頂きましたpresentshine…好奇心いっぱいの仔猫です。

では、また♪
kuririn

Photo

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。

実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

2016年10月10日 (月)

足利市へお伺いいたしました

ご訪問頂きありがとうございます♪

  管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

来る2016年11月6日(日)にレビーフォーラム2016が開催されますsign03

レビーフォーラム2016

「レビー小体型認知症の
 ケアと治療を語ろう!」

~本人・家族・現場からの発信~

主催
NPO法人認知症ラボ

後援
日本認知症ケア学会

Photo

Photo_2

お申込みは以下↓バナーからどうぞ。

1_2

会場でお目にかかります(^0^)/

Photo

20161015

20161015_2

個人的に、超おススメの先生がダブルでご登壇になる、非常に魅力的な機会だと、自信をもってお薦め&ご案内させて頂きます。

お申込みはこちらからどうぞ(^O^)/

Photo

10月10日 月曜日

 

みーちゃんは幾多の台風でコンディションは乱高下いたしましたが、今は戻り、お蔭さまで落ち着いております。

 

アルブミン値は1.8。
栄養状態は悪いものの、摂取できる食事量も限られているので、ある程度仕方のない事と考えています。

 

老衰期でもあるみーちゃんに必要な栄養は、みーちゃん自身のお体が決めること…と、考え、体に負担のないことを最優先している昨今で、そんな中にあり、みーちゃんは『復活』しております。

 

この点についての考察は追って記事にまとめたいと考えております。

 

栄養状態が悪くても、いまの療養型では褥瘡ができることもなくケア頂いており、家族としても肌が乾燥しないよう日々ケアに努めており、無用な苦痛を招かないよう「先手のケア」が本人と家族の安楽な時間を育む昨今です。

 

Photo 

 

去る10月8日(土)に、あしかが介護支援専門員連絡会さま主催の「特別講演」にお伺いいたしました。
Photo

朝7時に自宅を出発。
足利市に着いたのは11時半でした。

Photo_4

 

今回は、昨年の富山大学公開講座に続き第二弾として「チームK&H」が再集結。

 

Photo_3
 

レビー小体型認知症について、医師、専門職、本人、家族、それぞれの立場からレビー小体型認知症の真実と希望が語られた、他に類をみない画期的かつハイレベルな内容だったと思います。

 

会場は満員御礼。
この日のために、主催の皆様がどれ程に大変なご準備に奔走くださったことか…と、感謝でいっぱいです。

 

私は、第二部DLBセッションの3番目に登壇。

Photo_2

チームメンバーからの貴重なアドバイスを受け、出番ギリギリまでスライドの手直しを行い、万全の準備をいたしました。

 

大荷物になりましたが、パソコン持参で行って本当に良かったと思いました。

 

私の持ち時間は22分。
しかし、結果的に3分オーバーの25分間使ってしまい、大反省中でございますsweat01

 

原因はわかっています。

 

私は、DLBへのご理解を深めて頂こうと、みーちゃんとの様々なエピソードをご紹介したら、なんと、意外な場面で会場から何度も大きな笑いがおきまして…sweat01sweat01

 

私としては静寂な中で淡々と話を展開するつもりだったのですが、あんなに笑って頂くとサービス精神がムクムク(?)致しまして、予定外のエピソードまで盛り込んだのが時間オーバーの原因で、最終ご登壇者にご迷惑をお掛けしてしまいました。
申し訳ございませんsweat01sweat01

 

私は、自分で言うのもナンですが、そこそこ真面目でツマラナイ人間だと思っていますのに、このまま行くとチームK&Hのお笑い担当になってしまいそうです?

 

DLBセッションでは、それぞれが講演したあと小阪先生からのコメントがあり、それによってご参加の皆様の理解が一層深まる構成で、私の講演内容について先生からは、

 

「これまで3回ご一緒したけれど、今日が一番良かった(笑)。大変勉強になった。自分は医師だけれどもここまで見る目はもっていないと思う。わたしがボケたら看てほしいなぁ…」とのコメントを頂きました。

 

16時半に閉会後、17時半の特急で足利をあとにして、22時には帰宅いたしました。

特急に乗車するまでの僅かな時間、駅でおっとにお土産を買いました。

Photo_6  

6個で100円(笑)

今度、足利市にお伺いできる機会があれば、あの有名な足利学校やフラワーパークなども訪ねられるくらい時間的余裕を作りたいと思いました。

Photo_7

今般、お世話になりました「あしかが介護支援専門員連絡会」の皆様、また、ご参加下さった皆様、本当に有難うございました。

 

また、ブログをご覧になり会場へ駆けつけてくださったレビー介護家族の方もおられ、どんなにか大変な思いで足を運んで頂いたことかと思います。

 

これから寒い季節なり、ヒートショック等々で難しい時期に差し掛かりますが、ご自分のお体を大切にされながらどうか踏ん張ってくださいね!!

ご丁寧にお声をかけて頂き有難うございましたheart02

 

Photo

 

catお・ま・けcat

 

気づけば・・・flair

明日は私達夫婦の銀婚式。

結婚して25年目に突入。夫婦の節目にやって来た仔猫は、私達に笑いと癒しを毎日与えてくれる、とても大切な存在です。

Photo_9

では、また♪
kuririn

Photo

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。

実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »