« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月10日 (火)

VR認知症体験会

ご訪問頂きありがとうございます♪

管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo_2 来る2月10日(金)、以下の通り公開講演会にてお話させて頂きます。
 
詳細は前記事に記載いたしております。
 
特に、東京および近郊の介護家族の皆様には、ご担当のケアマネさんはじめご利用の施設関係者、および、主治医等医療者の方々に是非お知らせ願えましたら幸いです。
 
開催周知・拡散にご協力をお願い致します。
以下のPDFをプリント頂きご活用くださいませ。

2017210

 
Photo
 
どうぞよろしくお願い致します。
 
Photo
 
1月10日 火曜日
 
昨日9日は、名古屋で開催の「VR認知症体験会」に参加させて頂きました。貴重な機会に恵まれ心から有難く思います。
 
 
昨年12月26日の朝日新聞に一面で大きく掲載されていたのは記憶に新しいところです。
15732702_694141627422186_8162149558
Asahi_shinbun
15871482_1232819746805038_670054700
 
認知症と診断された方々の日常の一端を「一人称」で体験できる画期的な取組みです。
 
 
Img_20170109_105642_640x480
このようなグラスとヘッドホンを装着し、360°に広がるバーチャルな世界に入り込む感覚で、その世界感はまるで映画館の中にいるような風景からスタートします。
 
 
ただ、これ以上の内容は、これから経験される方のために詳細は割愛いたします。
 
 
昨日は、若年性アルツハイマー病と診断を受けられた仙台の丹野智文さんや、名古屋市の山田真由美さん、レビー小体病ご本人の樋口直美さんともご一緒させて頂きました。
 
 
レビー小体型認知症をはじめとするレビー小体病の方が経験される「幻視」も体験でき、これは、樋口直美さんが企画・脚本・監修をされたと伺っています。
 
 
 
これからVR体験される方は、視覚的な情報に意識を集中しちゃうかもしれませんが、是非、登場人物でなされる会話にも意識してくださいね!!
 
 
パッ!と消えない限り幻視とは思えないリアルな幻視体験は、DLB介護家族である私にとって、みーちゃんの不思議世界の一端を垣間見る想いがしました。
 
2
 
ただ、幻視の見えないレビーの方もおられるので、『レビー』イコール『幻視』という固定概念を持つのではなく、VR体験を通しレビー小体型認知症が広く知られ、ご本人が抱える多彩な困難への理解が更に深まるきっかけとなることを願います。
 
 
同時に、認知症の方の困難や困りごとに対し、単に「問題行動」と片づけるのではなく、見守る側には豊かな想像力が求められることを痛感した次第で、正しく「困った人」ではなく「困っている人」であるという認識と、これを理解できるひとりひとりにどう成長するかが大切であると、思いを新たにした今回でした。
 
 
そして、特に印象的だったのは、体験を終えて述べられた丹野智文さんの感想で、それは「自分自身が日常的に遭遇する事とまるで同じ!」と驚いておられたことでした。
 
 
この感想にはVR認知症プロジェクトの製作者である(株)シルバーウッドの下河原忠道さんは、思わずガッツポーズをされていて・・・、私も思わず心の中で拍手しました!
 
3
 
下河原さんはサ高住「銀木犀」も手掛けておられ、昨日はその取組みもお伺いでき大いに共感すると共に、超高齢化社会に突入したこれからの日本が歩む1つのモデルケースを拝見したように思いました。
 
 
同時に「ひとり」「ひとり」が立ち上がることの大切さをもの凄く感じたひとときでもありました。
 
 
今回、NHKの取材も入っており、近日オンエアされると伺っております。
4
 
更に昨日は、貴重な多くの出会いにも恵まれました。
 
 
その詳細は追っていいかたちでご報告できる時が来ると思っています。
 
 
楽しみにお待ち頂ければと思います。
 
Photo
 

来る、2017年2月26日(日)に開催の『第3回認知症治療研究会』において、300名の一般参加枠が設けられました。

Photo_3

WEBでの参加申込はこちらからエントリーできますok

〆切は2月20日です。

Photo

また、翌2月27日(月)には、認知症治療に造詣の深い木村武実先生のご講演があります。

難しい事も分かりやすく、学術的根拠をお示し頂きつつ、親しみある題材を用いお話下さる木村先生のご講演が私は好きで、みーちゃんを支える日々においても幾度となく貴重なヒントを頂いて参りました。
お薦めです。

Web_02271

詳細はこちら
WEBでの参加申込はこちらからエントリーできますok

〆切は2月22日です。

Photo
 
cat お ま け cat
 
我が家の猫は、よく私の肩に乗ります。そして、窓の外を眺めるのが好きみたいで、興味津々の表情でじーーーーっとしています。
 
Photo
 
体重が3キロを超えずっしり重みを感じるようになりましたが、それが嬉しいこの頃です。ただ、今の季節は温かなマフラー感覚で良いのですが、夏場は無理だな~~sweat01きっとsweat01
 
 
では、また!
kuririn
 
Photo

|

2017年1月 5日 (木)

公開講演会でお話させていただきます

ご訪問頂きありがとうございます♪

管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

1月5日 木曜日

 

歳が明け、まだ「松の内」ではありますがkuririn家では既に平常モード。

 

みーちゃんは今年も病院で年越しさせて頂きましたので、私としても在宅時の事を思うと僅かでものんびりした「お正月」の気分になれたのは有難いことでした。

 

それもこれも、みーちゃんが落ち着いてくれているからで、昨年の元旦よりも今年の元旦の方がみーちゃんは元気です。

Photo_3

これは、腸内環境改善を意識して乳酸菌を用いた取り組みが、免疫の維持向上に貢献すると共に、滋養豊富で抗菌・殺菌作用があるマヌカハニーを口腔ケアの仕上げに活用して来たことも無関係ではないように感じています。

持病による様々な困難(障害・症状)があるのは変わりませんが、覚醒時はご覧の通りです。

そして、車椅子・下肢下垂も厳禁でご対応頂いているので、未だ下肢末梢も切断せずに過ごせています。

Photo_4

DLBは『右肩下がりで悪くなる』というのは、正しい説明ではありませんね。

 

そうはならないケースがある、ということに他ならないのだとは思いますが、そこには大きな希望があるように感じています。

 

少なくとも、みーちゃんが診断を受けた2007年当時に、そんな情報は一切ありませんでした。

 

診断下さった医師からお聞きした内容は絶望そのもので、そのことは過去記事で詳細に記録しております。

 

以来、まるっ!と10年が経過した2017年のいま『レビー小体型認知症』は決して絶望する病気ではないと、私は思います。

 

しかし、決して侮れない病気であることも痛感しています。

 

だからこそ、「知って欲しい」と強く思う昨今です。

 

Photo

 

来る、2月10日(金)みーちゃんと歩んだ日々を背景に、東京医療保健大学 老年・在宅看護学領域公開講座において、お話する機会を頂きました。

 

私のような者にご依頼を下さった教授が「介護家族から学ぶレビー小体型認知症のケア」との公開講座のテーマをお決め下さって、これを目にした時、やっとこういう時代になったのか…と感慨深く大変嬉しく感じました。

 

私は、「レビー小体型認知症の義母と歩んだ10年でわかったこと」との演題で90分お話させて頂く予定で、今回は質疑応答も設けられます。

 

治療はタイムリーにsign01
ケアは先手でsign03

 

これがどういうことなのか、具体的なエピソードを交え、経験したまま、感じたまま、真実を語りたいと準備中です。

 

目先の現実についつい振り回されてしまう家族を、いかにサポート頂きたいか・・・という点にも、多くのヒントをキャッチ頂けるのではと思いますし、レビー小体型認知症をとりまく現実と問題、そして、課題をご一緒にお考え頂ける機会になれば…と、願う次第です。

 

そして、最終的にDLBのご本人とご家族が「症状があっても困らない」毎日をお過ごし頂ける事に繋がればと、願わずにはいられません。

 

尚、レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会ネットワーク「東京ゆるゆる組」のbossさんに、昨年3月の富山県小矢部市での講演に引き続きご加勢頂けることになり、ご参加の皆様にはより広くDLBの現実を見聞頂ける機会になるのでは…と、思います。

bossさん、有難うございます!!

 

詳細は以下のご案内をご覧頂ければと思います。

特に、東京および近郊の介護家族の皆様には、ご担当のケアマネさんはじめご利用の施設関係者、および、主治医等医療者の方々に、是非共お知らせ頂ければと思います。

 

以下のPDFをプリント頂きご活用くださいませ。

2017210

 
Photo
 
どうぞよろしくお願い致します。
 
Photo
 

来る、2017年2月26日(日)に開催の『第3回認知症治療研究会』において、300名の一般参加枠が設けられました。

Photo_3

4o_3

WEBでの参加申込はこちらからエントリーできますok

〆切は2月20日です。

介護家族の1人として思うのは、広く開かれた学びの機会に触れ、日頃の介護生活の突破口となるヒントをそれぞれのアンテナでキャッチしてみては?と言うことです。

『何とかしたい!』と本気で考え、動く人に、結果は付いて来ると、私は思うのです。 

そして、何とかしたい!と歩み続けた「関西きらきら組」の家族の取組みを、今回の研究会において発表させて頂きます。

お1人でも多くの方にお聞き頂けたら・・・、そして、それぞれの暮らしで活かして頂けたら・・・と、願う次第です。

Photo
catお・ま・けcat
 
Photo_2
 
冬毛みっちり二重アゴ~(^^)
そこそこの貫録ですが、まだ8ヶ月ですcat
 
では、また!
kuririn
 

Photo

|

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年 2017

ご訪問頂きありがとうございます♪

管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Illust4171

来る、2017年2月26日(日)に開催の『第3回認知症治療研究会』において、300名の一般参加枠が設けられました。

Photo_3

4o_3

WEBでの参加申込はこちらからエントリーできますok

〆切は2月20日です。

介護家族の1人として思うのは、広く開かれた学びの機会に触れ、日頃の介護生活の突破口となるヒントをそれぞれのアンテナでキャッチしてみては?と言うことです。

『何とかしたい!』と本気で考え、動く人に、結果は付いて来ると、私は思うのです。 

そして、何とかしたい!と歩み続けた「関西きらきら組」の家族の取組みを、今回の研究会において発表させて頂きます。

お1人でも多くの方にお聞き頂けたら・・・、そして、それぞれの暮らしで活かして頂けたら・・・と、願う次第です。

Illust4171

 

1月1日 日曜日

 

2017年になりました。

 

みーちゃんは落ち着いています。

 

おかげでkuririn家は穏やかな年越しを経て、新しい歳を迎えさせて頂きました。

 

嘘みたいな話ですよね。

 

でも、これが真実です。

 

そして、未だみーちゃんとのコミュニケーションに困ることなどありません。

 

昨年は新しい家族を迎えcat、家庭に笑顔と笑い声が増えたことも心から嬉しいと思える歳でした。

 

Photo

 

2017年・・・今年もやれることをやれるだけ・・・歩き続けたいと願っています。

 

そして、皆様にとってもよき歳でありますよう心から祈念いたします。

 

本年もよろしくお願い致しますfuji
kuririn

Illust4171

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »