« 映画「話す犬を、放す」アフタートークショー | トップページ | きらきら組 2017年3月&5月 »

2017年3月27日 (月)

アフタートークショー終わりました

ご訪問頂きありがとうございます♪

管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

3月27日 月曜日

 
 
昨日3/26、大阪・テアトル梅田にて映画「話す犬を、放す」アフタートークショーに、ゲストとしてお伺いいたしました。
 
 
13時35分上映回のあと『15時~15時20分の予定』のトークショーでした。
 
 
13時30分に劇場に着くと、ロビーは開場を待つお客様で溢れ返っていました。
 
 
そして、いつもおしゃべり会「関西きらきら組」にご参加下さる方々のお顔もあり、とても嬉しかったです。
 
 
劇場では、映画監督の熊谷まどかさんと、会場スタッフの方々、そして、医師で日本認知症学会専門医・指導医でいらっしゃる笠間睦先生がご厚意で加勢下さり、駈け付けてくださいまして、共に打合せがありました。
 
 
打合せのため控室へご案内頂きますと、劇場スタッフのみな様の温かな手作りメッセージにお迎え頂き感激いたしました。 
Photo
ものすごく良く出来ていてheart02
記念に頂いて参りましたhappy01
 
劇場は満員御礼・立ち見が出ていました。
 
 
今回は「講演」ではなく、あくまでも映画鑑賞にお越しになった「お客様」が対象のトークなので、講演調の内容というよりも・・・
 
1、映画の余韻を大切にする。
 
2、レビー小体病をもっと知りたいという、興味・知識欲を感じて頂けるものにする。
 
3、認知症は絶望ではない、という新たな認識。
 
 
を、お土産としてお持ち帰り頂ける内容にしたい、との監督からのリクエスト・ご指導を受けながら準備して参りました。
 
 
14時59分。
時間通りに上映が終わりいよいよ出番です。
 
 
15時03分
トークショーが開始。
Photo_4
 
 
作品をご鑑賞になったばかりの皆様は、一様にさまざま想いを抱いていらっしゃるご様子です。
 
 
劇場では次作品の上映時刻が決まっているので、15時20分終了厳守のなか、作品の余韻を大切にしながら監督のご挨拶からトークショーが始まりました。
 
 
監督のご挨拶が終わった段階で既に15時05分。
 
 
残り15分と言う中で、引き続き、自己紹介や映画の感想などをご挨拶代りにお話をスタートさせました。
 
以下、トークショーの様子です。
レビー小体型認知症のこと、映画裏話いろいろの16分25秒の動画です。
 
満席の場内、後方には立ち見のみな様が熱心に耳を傾けて下さいました。
 
 
そして、15時20分ジャストにトークショーを終えました。
 
Photo
 
 
もともとこの映画は、認知症啓蒙のために作成された映画ではありません。
 
 
この点について冒頭、監督ご自身から「いわゆる認知症の映画」として注目されることに、最初、抵抗や違和感がなかったわけではありません、と語っておられます。
 
 
そうだろうな・・・と、思います。
しかし、そうした様々な葛藤を越え、今回このようなトークショーの機会を設けて下さった監督には、敬意の念が込上げて参ります。
 
 
そして、ご専門のお立場から、トークショーを強力にサポート下さった笠間先生は、レビー小体型認知症がより理解しやすいようにと、手作りのフリップをご用意下さっており、動画も撮影くださり、ただただ感謝しかありません。心より御礼を申し上げます。
 
Photo
 
映画「話す犬を、放す」は、主人公の娘の母がレビー小体型認知症と診断を受け、これを機に母と娘の関係が再構築されて行きます。
 
 
それは、それぞれの運命を受け止め、受け容れ、「生きる」ということ。
 
 
劇中の娘は、母を自分とは違う生き方をして来た人、という母への距離感を越えて、母と自分との繋がりを素直に感じるようになります。
 
 
「関係の再構築」・・・実はこれ、とても大切なことだと個人的には感じており、静かに心揺さぶられる作品だと思います。
 
 
そして、レビー小体型認知症と診断された母が登場するだけあって、個人的にはそのあたりの描写に自然と注視してしまう訳ですが、大変丁寧に表現されており、レビー小体型認知症を理解するのにとても良い映画であると感じています。
 
 
ただ今、関西ではテアトル梅田で絶賛公開中。
3/27(月)~3/31(金) 13:40/19:15
 
以下、順次全国公開。
4/15(土)~
・シネマ5(大分)
・シネマテークたかさき
4/22(土)
・名古屋シネマテーク
その他、自分の地元で上映して欲しいsign03とのご希望があれば、公式facebookや公式Twitterにその旨リクエストの書き込みを、是非sign03
 
皆様のご発信、応援をよろしくお願い致します。
Photo_2
 
Photo
 
 cat お・ま・け cat
 
 
本日11ヶ月と15日のニャンです。
昨今はウィンドウ・ベッドで日向ぼっこが日課です。
Photo_3
 
では、また!!
kuririn
Photo

|

« 映画「話す犬を、放す」アフタートークショー | トップページ | きらきら組 2017年3月&5月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事