2017年1月 1日 (日)

謹賀新年 2017

ご訪問頂きありがとうございます♪

管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Illust4171

来る、2017年2月26日(日)に開催の『第3回認知症治療研究会』において、300名の一般参加枠が設けられました。

Photo_3

4o_3

WEBでの参加申込はこちらからエントリーできますok

〆切は2月20日です。

介護家族の1人として思うのは、広く開かれた学びの機会に触れ、日頃の介護生活の突破口となるヒントをそれぞれのアンテナでキャッチしてみては?と言うことです。

『何とかしたい!』と本気で考え、動く人に、結果は付いて来ると、私は思うのです。 

そして、何とかしたい!と歩み続けた「関西きらきら組」の家族の取組みを、今回の研究会において発表させて頂きます。

お1人でも多くの方にお聞き頂けたら・・・、そして、それぞれの暮らしで活かして頂けたら・・・と、願う次第です。

Illust4171

 

1月1日 日曜日

 

2017年になりました。

 

みーちゃんは落ち着いています。

 

おかげでkuririn家は穏やかな年越しを経て、新しい歳を迎えさせて頂きました。

 

嘘みたいな話ですよね。

 

でも、これが真実です。

 

そして、未だみーちゃんとのコミュニケーションに困ることなどありません。

 

昨年は新しい家族を迎えcat、家庭に笑顔と笑い声が増えたことも心から嬉しいと思える歳でした。

 

Photo

 

2017年・・・今年もやれることをやれるだけ・・・歩き続けたいと願っています。

 

そして、皆様にとってもよき歳でありますよう心から祈念いたします。

 

本年もよろしくお願い致しますfuji
kuririn

Illust4171

|

2016年11月14日 (月)

【動画】 うちの子

ご訪問頂きありがとうございます♪

管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo 

11月14日 (月)

 
こんばんは。
 
今夜は68年ぶりのスーパームーンfullmoonなのだとか。
 
京都は雨…もうやんだかな?…
 
残念ながら月を見ることはできません。
 
 
さてさて。
すっかり寒くなりましたね。
 
 
日照時間が減少するこの時期、ビタミンDをサプリメントで補充すると免疫アップを図ることになります。
 

 
特に、抗ヒスタミン薬で眠りこけてしまう可能性のあるレビー小体型認知症の方は、これからの季節「風邪薬」には要注意!!
風邪をひかない先手のケアとしての免疫強化で、たとえ1種類でも内服する薬剤を減らし、副作用による困った症状を無用に招かないようにしたいものですね。
 
 
高齢レビーさんの、これからの発熱は厄介ですよ、ホントに。体温・血圧が乱高下して、何が原因なのかアタフタすることになり兼ねません。みーちゃんも例年この時期は1ヶ月ほどはデイサービスも利用できない状態が続きましたから・・・(遠い目)
 
 
私は検査で、ビタミンDの数値が「80」くらい欲しいところ「24」しかなく、ビタミンDを毎朝4000IU…上記サプリだと4粒相当…を医師に処方頂いています。
 
 
オメガ3は、インカインチオイルをはじめ亜麻仁油やえごま油で毎食摂取を意識すると共に、夕食後には毎日サプリメントでも補充して、抗アレルギー作用の補完としています。
 
 
また、おっとがインフルエンザに罹患して以降、マヌカハニーは「+15」をデイリーケアに用いて、外出前や就寝前に欠かさないようにしています。

 
ちまたではインフルエンザが流行の兆しにあるようですね・・・kuririn家では早々におっとが「B型」に罹患いたしましたが、私は注意しないとrock
 
 
kuririn家も、風邪をひいてしまうとみーちゃんの日々のケアに病院へ行けなくなりますから、非常に注意しているところです。
 
 
怖いのは、ご高齢のレビーさんがインフルエンザに罹患され、これが引き金となり回復が困難になられたケースがある、ということです。
 
 
ご本人も、ご家族も、同じだけご留意くださいね。
 
 
特に、在宅の場合、看る側の家族のコンディションがとても大事ですから。油断は禁物です。
 
 
 
(前記事でお示しした)みーちゃんが復活したポイントはこちらの記事で記録しています。
『抗酸化』と『腸内環境改善』なんですが、腸は腸管粘膜の修復を意識して参りました。が、少々込み入った話なので、今日は割愛しますcoldsweats01
 
 
このあたりのことは、今の「関西きらきら組」では当たり前のお話、となっております。
 
 
Photo
 
 
さて、今日はかたい話はやめて(笑)
「うちの子」を動画でご紹介note
 
5ヶ月頃

 
 
このブログには、介護な日々にお疲れの皆さんも大勢ご訪問のことでしょうから、少しの時間ほっこりして頂けたら・・・と。
 
 
3ヶ月頃…朝ごはんを食べて、満足して、伸びをするのですが「うちの子」はちょっと変わった伸びをします。
 
いかがでしたでしょう?
少しはお疲れが癒えると嬉しいですconfident
 
では、また!
kuririn

Photo

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。

実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

2016年10月22日 (土)

早くもインフルエンザ!




ご訪問頂きありがとうございます♪

  管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

来る2016年11月6日(日)にレビーフォーラム2016が開催されますsign03

レビーフォーラム2016

「レビー小体型認知症の
 ケアと治療を語ろう!」

~本人・家族・現場からの発信~

主催
NPO法人認知症ラボ

後援
日本認知症ケア学会

Photo_7

お申込みはこちら からどうぞ。

会場でお目にかかります(^0^)/

Photo

Photo_6

11月11日。
青森で上記講演が開催です。

是非、知っておきたいテーマで長尾先生がご講演です。

私は参加できませんがcoldsweats01青森近郊の皆様には是非お薦めいたします。

長尾先生・・・難しいテーマも身近な話題に触れつつわかりやすくお話しいただけることでしょう。

参加申込はこちらからどうぞ。

 

Photo

10月22日土曜日

 

みーちゃんはお蔭さまで落ち着いています。

 

一方、おっとはインフルエンザに罹患中。

今年はナニ?

2月にB型、そして今回はA型なんだとか。

 

京都市は10/17からインフルエンザの予防接種がはじまり、ホントなら今日一緒に予防接種を受ける予定をしていましたが、その前に罹ってしまいました。

 

やれやれ。

 

以来おっとは『家庭内隔離』状態で、私とネコはリビングで寝ています。

 

今のところ、私にはうつっていないようです。

 

皆様もどうかお気をつけになってください。

 

Photo

 

さて、2週間後の11月6日に迫ってきた「レビーフォーラム2016」です。

 

目下、連日その準備に追われております。

 

そんな中ニュースが飛び込んで来ました。

 

トークセッションをご一緒するはずだった医師の石本先生が体調を崩され降板されることになったのだとか。

 

そして、その枠にはDLB介護のスペシャリストがご登壇になり講演されるshineと伺いました。

 

と、いうわけで当日のプログラムが以下の内容へ変更になりました。

Photo_8

第二部のパネルディスカッションには、DLBの診断を受けられたご本人2名の登壇も予定されています。

 

が、なに分にもこの季節は一年の中でもコンディション維持の難しいシーズンでもありますから、プログラムおよび登壇者は、一部変更となる可能性もあることは致し方ないと考えます。

 

当日、私の持ち時間は35分です。

 

さてさて・・・お伝えしたいことは山のようにある訳で。

 

そして、ご来場になる方々が求めておられることは、お立場によって多種多様な訳で。

 

すべてをお話するには時間がないものの、みーちゃんと歩み続けた日々を通し、経験したありのままを語りたいと準備を進めているところです。

 

あとは、ご清聴くださる皆様の感度とソフトで、それぞれに活かして頂けたらと願うばかりです。

 

11月6日。
レビーフォーラム2016。
「認知症ケア専門士単位:3単位」認定です。

お申込みは↓こちら。

1_2

会場でお目にかかります。
是非、お出かけくださいsign03

 

・・・インフルエンザ。
体調管理に気をつけなくてはrock

 

皆様もお気をつけてheart02

 

Photo

 

catお・ま・けcat

Photo_4

銀婚式のお祝いに愛らしいアレンジでお花のプレゼントを頂きましたpresentshine…好奇心いっぱいの仔猫です。

では、また♪
kuririn

Photo

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。

実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

2016年8月 3日 (水)

あってはならないこと

ご訪問頂きありがとうございます♪

  管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/87歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

Photo

(以下、「抗認知症薬の適量処方を実現する会」より転載)

一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会では、抗認知症薬の増量(疑いも含む)により惹起された副作用が原因で、服用する前と比べて認知症の症状が悪化された方のご家族、及びそのような患者さんを診察した医師の方々から、その経緯や情報を募っております。
その情報を集計し、厚生労働省より何らかのご指導を出していただくことを目的としております。

Photo_2

患者家族および介護関係者からのご報告も受付中です。お心あたりのある方はどうぞ、将来の我が国の認知症治療がより適切なものとなるよう、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

フォームご入力に際しては、当該サイトの注意事項をよくお読みください。

Photo

27特別セミナーのご案内Photo

20160821

レビー小体型認知症の介護家族のひとりとして「くすり」にはどうしても無関心ではいられません。

“お任せの医療”から“家族も医療チームの一員”としての意識と知識を持つ一歩を踏み出すところから、大切な家族と自分を守るきっかけとして、この機会をお役立てください。

知らなかったでは済まされない現実が、我が国の認知症医療現場にはあります。

貴重なこの機会をお役立て頂き、
是非ご参加ください(^^)/

 

Photo

8月3日 水曜日

 

8月になりました。

猛暑sunsweat01の日々…みな様いかがお過ごしでしょうか。

kuririn家は、お蔭様で相変わらず。

 

みーちゃんは幻視バリバリ!

とは言え、「幻視である」との自覚があり、いちいち騒ぐこともありません。

 

私 「幻視で困ることない?」

 

み 「べつにぃ~(¬ω¬)チラ・・・」

 

私 「困ることがあったら教えてね。
   お薬を検討してもらうから」

 

み 「薬はえぇーわ(←いらないの意)
   (幻視は)悪いことしないから」

 

・・・幻視マスター?なみーちゃんです(^^;)

 

それよりも目下、みーちゃんのお悩みは連日の「頭痛」。

 

もう数年前…10年ほど前?…くらいから、梅雨~夏季にはよく「頭が重い」、「頭がぼーっとする」などと、様々な表現で眉間あたりの頭痛を訴えて来ました。

 

が、症状軽減に有効な「コレ!」という決め手がないまま今に至っているものの、意識や気分が他の何かに集中して(気が紛れて)いる間は、頭痛から来る不快感がいくらか緩和されるようにも感じています。

 

Photo

 

さて、久しぶりに頭に来たannoy話を。

 

以下の画像をご覧ください。 

2015113

20160202

Img_20160803_0003

これは、あるレビー介護家族さんから提供頂いた画像です。

 

経皮吸収のため、本来は皮膚に直接貼付されるべきリバスタッチパッチ(抗認知症薬)がわざと肌着に貼られています。

 

肌着に貼るなど、無意味です。

 

画像ご提供者のお母様は特養でお世話になっておられ、ご家族さんは毎日、食事介助に施設へ通っておられます。

 

お母様の治療とケアが適切であるよう、施設さんとも様々にコミュニケーションを図るべく努力を重ね現在に至っておられるにもかかわらず、施設の看護師さんはどういう訳か、画像のように、大切な薬剤をわざわざ無駄にするような行為を連日行われている、とのことでした。

 

施設の中でも、ある特定の看護師さんが担当された時にのみ、このような事が起きるのだとか。

 

この行為にどんな意図があるのか想像もつきませんが、既に故意であることはわかっているそうです。

 

これは、薬剤を処方された医師の指示にも反する行為だと思うのですが・・・。

 

この画像を拝見しながらお話を伺い、私は強い憤りを覚えると共に、胸がつぶれる思いがいたしました。

 

ご家族がどんな思いでこの薬剤をお母様のために使用され、願いを託されている事か・・・そうしたことに想いを馳せて頂ける医療者であったなら…と、残念で仕方ないのでした。

 

Photo

catおまけcat

我が家の仔猫はすくすく成長中。
体重は1.2kgになりました(^^)

2

Photo


1

4

 

3


Photo_2

私よりもおっとがメロメロlovelyで(←意外!)、明けても暮れても仔猫のご機嫌とりに精を出しております(笑)

 

「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

Photo

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。

実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

お得♪おしゃれエプロンのモニターご案内

  ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/86歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

Photo

(以下、「抗認知症薬の適量処方を実現する会」より転載)

一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会では、抗認知症薬の増量(疑いも含む)により惹起された副作用が原因で、服用する前と比べて認知症の症状が悪化された方のご家族、及びそのような患者さんを診察した医師の方々から、その経緯や情報を募っております。
その情報を集計し、厚生労働省より何らかのご指導を出していただくことを目的としております。

Photo_2

患者家族および介護関係者からのご報告も受付中です。お心あたりのある方はどうぞ、将来の我が国の認知症治療がより適切なものとなるよう、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

フォームご入力に際しては、当該サイトの注意事項をよくお読みください。

Photo

5月9日 月曜日

 

みーちゃんがずっと愛用し、また、これまでもブログでご紹介したことのある、おしゃれな介護エプロンの「笑顔音」さんから素敵なニュースが届きました(^^)/

 

以下、クリックで拡大しますsearch

Photo

(以下、上記内容より抜粋)

taste凛花シリーズ・デビュー記念!
モニタリングSALEsign03

プレタ介護エプロンの笑顔音(えがおん)から待望の新シリーズ、『凛花~りんか~』の新発売(5月下旬発売)されます。

これを記念して、シリーズ4色を各5着に限り、定価3,980円+送料+代引手数料(税別)のところを…

送料込みの3,000円(税込み)で販売です。

Photo_2

従来の価格の3/1~半額以下…というお手頃な価格設定にもかかわらず、おしゃれクオリティーはそのまま…heart04

 

我が家では普段着感覚で日常的に大活躍して来た「笑顔音」さんの介護エプロンは、着る人も着せる人も、どちらも心が和むファッションアイテムだと思います。

Photo_3

Photo_4

ご参考の過去記事

2011年5月8日「母の日にエプロンを」

・2011年5月19日「ポケットがほしい」

など・・・

直近のエプロン姿は・・・

1

昨年の元旦かな?(^^)

とにかくkuririn家では普段着の仕上げとして日常的に羽織り愛用して参りました。
みーちゃんは、おしゃれなエプロンが衣類を汚れから守ってくれる点に大きな安心を得ていましたっけ(^^)
 

当時は今の数倍の価格でしたが…
今回送料込3,000円でモニターできるチャンスです。
是非ご活用になってみてはいかがでしょうか?

 

笑顔音さんの商品はどれも品質は折り紙付sign03
仕立ても縫製も素晴らし~sign03

手にすればクオリティーの高さがすぐわかるはず。

 

【応募手順とお約束】

one笑顔音ホームページの「お問い合わせ」よりご応募

twoアンケートが送られて来る

threeアンケートに回答

four代金を振込にて先払い

five商品がメール便で届く

six使用後のアンケート&着用お写真(お顔を隠しOK)の提出

 

みなさんの率直なご意見をぜひ笑顔音さんへお届けくださいloveletterloveletter

 

【締切り】

今月…5月末までの受付ですが、定員になり次第の締切りだそうです。

ちなみに…
笑顔音さんの社長さんてどんな方sign02って気になる方はこちらの記事をご参照くださいね(^^)

 

それにしても・・・懐かし~~note

Photo_2

 

あ。
みーちゃんは元気です(^^)v
ゴンタも健在sweat01

Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

Photo

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。

実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

歳が明けた途端

    ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/86歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Illust4171

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

Illust4171

(以下、「抗認知症薬の適量処方を実現する会」より転載)

一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会では、抗認知症薬の増量(疑いも含む)により惹起された副作用が原因で、服用する前と比べて認知症の症状が悪化された方のご家族、及びそのような患者さんを診察した医師の方々から、その経緯や情報を募っております。
その情報を集計し、厚生労働省より何らかのご指導を出していただくことを目的としております。

Photo_2

患者家族および介護関係者からのご報告も受付中です。お心あたりのある方はどうぞ、将来の我が国の認知症治療がより適切なものとなるよう、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

フォームご入力に際しては、当該サイトの注意事項をよくお読みください。

Illust4171

書籍のご案内…家族との穏やかな時間を守るために知っておきたいことが書かれています。お薦めです。

Illust4171

1月3日 日曜日

 
 
 
お正月の三ヶ日…皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
 
 
kuririn家では穏やかな年越しをさせて頂き、元旦のお昼には早速みーちゃんに用意しておいた品を手 に病院へ行きました。
 
 
 
 
幸い、覚醒状況も良好で、みーちゃんはとても喜んでくれました。
 
 
 
Photo
 
 
 
包を開けると・・・本当に嬉しそうに言いました。
 
 
 
み 「やっぱりkuririnさんやぁ~ヽ(゜∀゜)ノ」
 
 
 
 
 
みーちゃんは、「お正月用」にと自分で選んだ例のブルゾンはもう着ていませんでした。
 
 
 
 
(アレじゃ寒いに決まってるし(--;) )
 
 
 
 
み 「これの方が温いねん」
 
 
 
 
(そりゃそーだろ┐(´~`)┌)
 
 
 
 
ブルゾンの代りに、ひざ掛け用として事前に届けておいたウールのブランケットを羽織り満足していました。
 
 
 
 
身の回りにあるもので、自分なりに工夫し納得しているので、それでヨシokです。
 
 
 
 
Illust2745
 
 
 
みーちゃんはいつも、ギャラリー(←溺愛次男坊)にもらったマフラーを首に巻いています。
 
 
 
 
 
そして、みーちゃんが溺愛してやまない次男坊のギャラリーはいま、入院中です。
 
 
 
 
12/30にみーちゃんを見舞い…
 
 
 
 
ギ 「正月も仕事で、暫く忙しいから来れない」
 
 
 
 
と、みーちゃんに伝えていました。
 
 
 
 
 
穏やかな年越しののち、元旦の夜はおっととふたりで、ささやかな料理を並べお正月のお祝いをしていました。
 
 
 
お気に入りのシャンパンを開け、ほど良く酔いがまわり、めったに見ることのないテレビを見ながら『The お正月』と言った雰囲気を味わい、心ほぐれるひとときを過ごしていました。
 
 
 
夜11時半を過ぎた頃、そろそろお風呂の用意でも…と思った途端、おっとの携帯が鳴りました。
 
 
 
 
私の全身に緊張が走りました。
 
 
 
 
おっとが携帯で話す声を、身じろぎもせず聞き耳を立てているとそれは、病院からの電話でした。
 
 
 
 
しかし、みーちゃんがお世話になっている病院からではありませんでした。
 
 
 
 
電話を切ったおっとは、全身からため息をひとつして言いました。
 
 
 
 
夫 「ギャラリーが救急搬送された」
 
 
 
 
えーーーーっ。!!(゚ロ゚屮)屮
 
 
 
 
夫 「吐血と下血、らしい。
 
   本人は無事やから、
   ゆっくり来てくれたら良い
 
   と、言われた」
 
 
 
 
 
私 「うん。じゃ、行こう。
 
   どこの病院?」
 
 
 
 
 
夫 「いつも病院」
 
 
 
 
 
…いつも病院はかつて、みーちゃんがお世話になっていたかかりつけの病院でした。
 
 
 
 
 
夫 「kuririnちゃん、珈琲淹れて。
 
   ゆっくり来て下さい、ってことやし
   ちょっと酔いを醒まして行こう」
 
 
 
 
 
冷静なおっとの言葉を聞きながら、濃いめの珈琲を淹れました。
 
 
 
 
でも既に、2人とも酔いなど消えていました。
 
 
 
 
おっとと2歳年下のギャラリーは、シングルを貫いて現在に至っており、私達夫婦以外に対応できる人がいません。
 
 
 
買い置きの男性用パジャマや肌着類、タオルなどを2枚ずつ、とりあえずの準備だけ整え、タクシーを手配して病院の救急に着くと、午前0時を回っていました。
 
 
 
夫 「ここ…
 
   よー来たな…」
 
 
 
そこは見慣れた風景でした。
 
 
 
かつて、何度みーちゃんがここにお世話になったことでしょう…そう遠くもない日々が、随分むかしのように感じられました。
 
 
 
 
1時間たらず待機して、救急の処置室で横たわるギャラリーに会うと、意識はしっかりしており、コミュニケーションもとれ、おっとの全身から安堵感が伝わって来ました。
 
 
 
 
午前1時40分、病棟へ移動。
 
 
 
午前2時30分、緊急で胃カメラと頭部CTが行われ…
 
 
 
夫 「kuririnちゃん、先に帰り。
   明日もあるから」
 
 
 
おっとに促され、私が先に帰宅したのが午前3時。
 
 
 
 
とは言え、何が起きるかわからないので、先に寝る事も出来ず待っていると、おっとは午前4時過ぎに帰宅しました。
 
 
 
 
 
年越しこそ穏やかにできたものの、年が明けた途端、おっとと手分けしてみーちゃんとギャラリーの病院めぐりの年明けとなりました。
 
 
 
 
みーちゃんにギャラリーの件は伝えていません。
 
 
 
 
 
せっかく落ち着いているみーちゃんの精神症状を不安定にしかねず、これは回避しなくてはなりません。
 
 
 
 
 
もともと、そうマメに見舞いにも来ないギャラリーなので、まずバレることもないと思います。
 
 
 
 
2016年のkuririn家の幕開け…意外なところからドタバタの年始となりまして候・・・
(ノω<。)sweat01sweat01
 
 
 
Illust2745
 
 
あ!
 
 
そう言えば・・・
 
 
 
いつの間にか・・・
 
 
 
 
 
 
Photo_2

Photo_2最後までご覧頂き有難うございますPhoto_3
      「読みました」のクリックはココArrow_downね!!

   

Illust4171

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年☆2016

    ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/86歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Illust4171

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

Illust4171

(以下、「抗認知症薬の適量処方を実現する会」より転載)

一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会では、抗認知症薬の増量(疑いも含む)により惹起された副作用が原因で、服用する前と比べて認知症の症状が悪化された方のご家族、及びそのような患者さんを診察した医師の方々から、その経緯や情報を募っております。
その情報を集計し、厚生労働省より何らかのご指導を出していただくことを目的としております。

Photo_2

患者家族および介護関係者からのご報告も受付中です。お心あたりのある方はどうぞ、将来の我が国の認知症治療がより適切なものとなるよう、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

フォームご入力に際しては、当該サイトの注意事項をよくお読みください。

Illust4171

書籍のご案内…家族との穏やかな時間を守るために知っておきたいことが書かれています。お薦めです。

Illust4171

1月1日 金曜日

 

 

2016年になりました。

 

 

kuririn家は、みーちゃんこそ病室での年越しでしたが、3人それぞれに穏やかな新年を迎えさせて頂きました。

Photo

 

\(^▽^\)わーい、わーい(/^▽^)/

 

Illust4171

 

みーちゃんも昨日が大晦日で、今日が元旦であることは勿論わかっています。

 

 

昨日の大晦日。

 

 

昼食の時間にあわせ様子を見に行くと…

 

 

み 「アレ、出して」

 

 

夫 「ん?

 

   なんのことや?」

 

 

み 「羽織るもん。

   そこに」

 

 

2人の会話を聞きながら、私はみーちゃんの言っていることがすぐにピンflairと来ました。

 

Illust4171

 

 

あれは、12月に入ったばかりの頃のこと…

 

 

みーちゃんが口腔ケアに訪れたおっとに言ったそうです。

 

 

み 「茶の服、持って来て(* ̄ー ̄*)」

 

 

理由は「もうすぐお正月だから」なのだそうで、みーちゃんなりに元旦に羽織る服を手元に用意しておきたいようでした。

 

 

夫 「おフクロが“茶の服を持って来い”

   って言うねんけど・・・あるか?」 

 

 

帰宅したおっとが私に言いました。

 

 

ブラウン系の全ての服を出し、翌日おっとはこれらをみーちゃんに届け、その中から一枚お目当ての服を自分で選んだそうです。

 

 

み 「これこれ~~♪(*^m^)」

 

 

それは、室内で着るような服ではなく、いわゆる屋外で着用する「ブルゾン」でした。

 

 

特に厚手という訳ではなく、季節でいうと“初秋”に軽く羽織る程度の、手触りの柔らかな薄い仕立てのブルゾンです。

 

 

恐らく、みーちゃんがひとり暮らしを謳歌していた頃に自分で購入し、散財した一枚なのかもしれません。

 

 

デザインは・・・仮に、私が一緒だったら絶対に選ぶことのない、眼中にさえ入らないようなシロモノで、まず購入することはないと断言できます。

 

 

いつ買った服かも知りませんし、室内で着る服でもなければ、季節にあった服でもありません。

 

 

とは言え、みーちゃんなりに“思い入れ”や“想い出”のある洋服なのかも知れないので、黙ってそのままにしてありました。

 

 

そして、昨日。

 

 

みーちゃんは病室の衣裳箱に仕舞ってあったその服を、出して欲しいとおっとに言い、早速に袖を通したのでした。

 

Illust4171

 

昨年の晩夏、まだまだ夏の名残がある頃、みーちゃんが「寒い、寒い」と言うので、冬場に部屋着にしていたカーディガンを届けたことがありました。

 

 

 

その時、みーちゃんは言いました。

 

 

 

み 「それは(* ̄ω ̄*)
   お正月に着んなんからねぇ」

 

過去記事⇒2015年9月13日

 

 

この時は本当にお正月が迎えられるなどとは思っていなかったので、みーちゃんの意欲と思考に驚きました。

 

 

その時とりあえず持参したカーディガンを着てもらったのですが、みーちゃんの中では「お正月はいつもと違う服」を着たい気持ちが、もうその時からあったのでしょう。

 

 

みーちゃんの「洋服」への執拗なコダワリはトコトンだな…と、改めて驚愕です。

 

 

私としては、お正月用としてみーちゃんに似合うお洋服を羽織ってもらおうと準備していましたが、もうそれは届けませんでした。

 

 

みーちゃんが自分で考えて、自分で選んだ一枚を、心から嬉しいと納得して過ごせることが一番良いのだと思うからです。

 

 

いいんです。

 

 

初秋用のブルゾンでも。

 

 

みーちゃんが納得して、選んだのですから。

 

 

私ももう、この程度のことでイライラなどしなくなりました(笑)

 

 

だから、お陰様でみんな穏やかなお正月です(^^)

 

 

今年はどんな記事を綴ることになるでしょうか・・・今日からはじまる1年も温かく見守って頂けましたら幸いです。

 

 

私は51歳の今になって、なぜ元旦に「おめでとう」と言うのか、はじめてわかった気がします。

 

 

どんな状況であれ、新しい歳を迎えられたことこそが「おめでう」であり、そう言い合える存在そのものが尊いんだ・・・って、しみじみする元旦です。

 

 

だから…みーちゃん、「おめでとう!」。

 

 

お正月が迎えられて良かったね。

 

 

2016年も「今を大切に」日々を繋ぐ他ありません。

 

 

2016年が皆様にとってよき年であるよう心から祈念申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
kuririn

Photo_2最後までご覧頂き有難うございますPhoto_3
      「読みました」のクリックはココArrow_downね!!

   

Illust4171

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

2015年3月 7日 (土)

母、正常

     ご訪問頂きありがとうございます♪

       管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

Photo_2 介護な日々のお役立ちサイトです(^^)/

こちらの記事でご紹介した通り、まずは無料でお試しができます。

Banner_oyalog300_120kuririn_fw

07b0117当ブログ読者さんだけのスペシャル企画07b0117
新規登録時に紹介番号「339582」を入力すると特典presentがあります。尚、詳細なお問い合わせは「おやろぐ」事務局へお願いします。

 

Photo

わたくしkuririnも取材協力させて頂きました。

良書です!

 

 

今日のお話はここから

 

 

3月7日 土曜日

 
 
 
 
今日は土曜日、京都は雨ですrain
 
 
 
 
 
みーちゃんはみーちゃんなりに(?)落ち着いています。
 
 
 
 
 
抑肝散がおっとの精神症状(?)に著効したことも、多少はみーちゃんの落ち着きに影響しているようにも感じておりまして…coldsweats01
 
 
 
 
なんだか、良いような…悪いような…sweat01
 
 
 
 
Photo
 
 
 
 
 
3月5日の夜、みーちゃんのイブニングケアと口腔ケアをおっとに一任し、私は少しだけお出掛けをしました。
 
 
 
 
 
えーupえーupえーup
 
 
 
 
 
靴を履いて(^^)
 
 
 
 
 
元気になりたくてこの日、私は真っ赤なブーティを選びました。
 
 
 
 
 
自宅を離れた解放感に心も軽くなり、どんどん元気を取り戻して行く自分を感じました。
 
 
 
 
「自分のためだけ」にお出掛けしたのはもう、何年ぶりのことでしょう。
 
 
 
 
考えてみれば、そもそも「靴」を履く機会がナイ日常自体が不自然なことなのデスが…。
 
 
 
 
しかし、そうした日常をまるっと受け容れ、そのことに気付かない&気付けない自分だったことに、今更ながらに驚きを覚えます。
w(゚o゚)w
 
 
 
 
靴を履いてお出掛け…誠にイイもんですupup
 
 
 
 
Photo
 
 
 
 
暫しのひとときmoon3
夜景の美しいバーで過ごしました。
1
 
Photo
 
ひとりの時間を満喫。。。bar
 
 
 
 
 
そんな時、おっとからメールが…
 
 
 
 
mail  「母、正常、拒みなし。」
 
 
 
 
前夜までケアを拒否されていたおっとなので、相当嬉しかったのでしょう。
 
 
 
 
おっとの満足そうな顔が目に浮かび、私も心から安心出来た夜なのでしたmoon3
 
Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

  花を贈るなら日比谷花壇

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (2)

2015年3月 6日 (金)

おっとに抑肝散

     ご訪問頂きありがとうございます♪

       管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

Photo_2 介護な日々のお役立ちサイトです(^^)/

こちらの記事でご紹介した通り、まずは無料でお試しができます。

Banner_oyalog300_120kuririn_fw

07b0117当ブログ読者さんだけのスペシャル企画07b0117
新規登録時に紹介番号「339582」を入力すると特典presentがあります。尚、詳細なお問い合わせは「おやろぐ」事務局へお願いします。

 

Photo

わたくしkuririnも取材協力させて頂きました。

良書です!

 

 

今日のお話はここから

 

3月6日 金曜日
 
 
 
 
 
みーちゃんの内服効果はやはりイマイチな模様。
 
 
 
 
軽度のせん妄状態にあり、見当識障害や、幻視・妄想などもみられるようですが、今のところ病院からのクレームはなく、看護師の方々も『特別なこと』と感じておられないので、余計な薬剤が投与されずに済んでいます。
 
 
 
 
しかし、ただ1人納得できずにいるのが、おっとです。
 
 
 
 
 
おっとはみーちゃんの自宅での状態と比較して…
 
 
 
 
 
夫  「様子がオカシイことに
    病院スタッフが気付かないことが
    大問題だsign03
 
 
 
 
 
と、憤慨します。
 
 
 
 
 
病院の方々は、在宅時のみーちゃんをご存知ナイから、他の患者さん達と比較しても、特段問題を感じずにおられるのも当然のことと、私は考えています。
 
 
 
 
 
また、今回の入院は『治療』や『薬剤調整』のためではなく、主目的が「レスパイト」なのだから、多少の精神症状や問題行動があっても既に歩けないので、病院側としても対応困難なワケでもなく、身体の抑制も受けてイナイし、薬剤で過鎮静にさせられているワケでもナイので、私としてはそれで良いのでは?と何度も話しているのですが、それでも納得できずにいるおっとです。
 
 
 
 
 
・・・ナンなんだ、この強いコダワリは。
そっくりな親子だわネ(-"-;)。。sweat01
 
 
 
 
 
こうなったら、今のみーちゃんを受け容れられずに居るおっとの方にも原因があるんじゃナイかと思えて参ります。
 
 
 
 
 
おっとは毎日、一旦会社から帰宅して、それから病院へみーちゃんのイブニングケアと口腔ケアに出掛けてくれます。
 
 
 
 
 
けれど昨日は、出掛ける前に抑肝散の内服を薦めました。
 
 
 
 
私 「ねぇ、これ飲んでみて」
 
 
 
 
 
夫 「なにコレ」
 
 
 
 
 
私 「漢方。抑肝散加陳皮半夏。
   気持ちが落ち着くから(。・_・。)」
 
 
 
 
 
夫 「なんでボクが。Σ(・▽・;)」
 
 
 
 
 
 
私 「意識障害系の興奮に効くの。
 
   ちょっと落ち着こう? 
   いいんだよ、コレ(。・_・。)
   さぁ!」
 
 
 
 
 
夫 「えーーー!!(゚ロ゚屮)屮
 
   ボク…sweat01マズい?!」
 
 
 
 
 
私 「たぶん(。・_・。)」
 
 
 
 
おっとは『試しに…』とばかり、飲んでくれました。
 
 
 
 
病院ではみーちゃんがマイ・ワールド全開で過ごしていたようでした。
 
 
 
 
けれど、帰宅したおっとが言いました。
 
 
 
 
 
夫 「今日はイライラ
   しなかった(。・_・。)」
 
 
 
 
 
私 「誰が?」
 
 
 
 
 
夫 「ボク(。・_・。)」
 
 
 
 
 
・・・むーん(-"-;)sweat01
・・・やっぱり効いたか(ノω<。)sweat01
Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

  花を贈るなら日比谷花壇

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (1)

2015年3月 5日 (木)

『昼の香り』と『夜の香り』

    ご訪問頂きありがとうございます♪

       管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

Photo_2 介護な日々のお役立ちサイトです(^^)/

こちらの記事でご紹介した通り、まずは無料でお試しができます。

Banner_oyalog300_120kuririn_fw

07b0117当ブログ読者さんだけのスペシャル企画07b0117
新規登録時に紹介番号「339582」を入力すると特典presentがあります。尚、詳細なお問い合わせは「おやろぐ」事務局へお願いします。

 

Photo

わたくしkuririnも取材協力させて頂きました。

良書です!

 

 

今日のお話はここから

 

 

3月5日 木曜日

 
 
 
ただ今みーちゃんはレスパイトで入院中。
 
 
 
 
完全にストップしていた内服が一部のみ再会されたものの、みーちゃんのイライラは終息しません。
 
 
 
 
そして昨日は遂に、おっとが担当してくれていた夜の口腔ケアをみーちゃんが拒否しました。
 
 
 
 
しょげるdowndownおっとdown
 
 
 
 
夫 「これまでアンなこと、
   なかったのに…(。。)ゥゥゥ…sweat02
 
 
 
 
はぁ・・・┐(´~`)┌やれやれ。
 
 
 
 
軽度のせん妄状態にあるみーちゃんの日内変動に、気の毒なほど見事に振り回されているおっとです。
 
 
 
 
おっとには『症状』について、何度も説明しているのになぁ(?。?)
 
 
 
 
これまで自宅では、まずまず穏やかな状態をコントロールして来れたので、息子としては実母であるみーちゃんの今の様子は受け容れ難いものなのかも知れません。
 
 
 
 
ただ私としては、病院からは一切の薬剤が出ていない点で安心していますし、退院後には在宅を維持できる程度の穏やかさには戻せるかな?という目処(チャレンジ精神?)を持っていますので、『ちょっと待っててね』と言った感じです。
 
 
 
 
とはいえ、いつ何があってもおかしくないみーちゃんですので、ま…それが間に合えばの話…と言うことにはなります。
 
 
 
Photo
 
 
 
 
既にご覧になった方も多いかも知れませんし、既にご存知であった方も大勢おられることでしょう…朝日新聞の医療サイト『アサヒアピタル』で昨日3/4、興味深い記事が掲載されていました。
 
 
 
ご関心のある方はリンク先サイトを熟読頂ければと思います。
 
 
 
 
みーちゃんもそうですが(参考記事)、DLBの方の中には発症よりも早い段階(前駆症状)で嗅覚障害を認められる方がおられます。
 
 
 
 
とはいえ、嗅覚刺激は直接脳に伝わるためアロマセラピーも治療やケアに役立つ場合も少なくないようで、それは私自身もみーちゃんを通し経験済みです。
 
 
 
 
(併せて、こちらの過去記事をご参照頂ければ理解の助けになるかも知れません)
 
 
 
 
さて、3/4のアサヒアピタルの記事で特に私が注目したのは以下の記載です。
 
 
【転載ここから】
 

浦上克哉教授は著書において、「アロマオイルの組み合わせとしては、昼用がレモンとローズマリーの配合、夜用が真正ラベンダーとスイートオレンジの配合が最も効果的であることを見出しました(商品名:リ・ブレイン,株式会社ハイパーブレイン社製)。昼用で脳を活性化し、夜用で疲れた脳を癒すという効果を期待しています。夜用は、癒し効果のためにさらに睡眠を改善することも期待されます。」(浦上克哉:これでわかる認知症診療─かかりつけ医と研修医のために・改訂第2版 南江堂, 東京, 2012, p102)と述べています。

 ちなみに、「ローズマリーに含有されているカンファーは、中枢神経系興奮作用により交感神経を活性化させ、ラベンダーに含まれる酢酸リナリルやリナロールは、中枢神経系抑制作用により副交感神経を活性化する」(中原淑恵、浦上克哉:アロマセラピーの現状と課題. 認知症の最新医療 Vol.2 191-196 2012)という機能特性があるそうです。また浦上克哉教授は、アロマセラピーで用いる精油は、100%植物から抽出した本物でないと目的の効果は期待できないため、確かな精油を選ぶことが重要であると指摘しています。

 浦上克哉教授が代表理事を務める日本認知症予防学会では、国民の「認知症予防」への期待に応じるべく、学術的にデータを蓄積して認知症予防に関する科学的エビデンスを提示していけるようにと取り組みが続けられています。

 このようにラベンダーによるアロマセラピーでは、精神的に安定化させる作用が期待され、認知症患者さんでもその効果が報告されています(木村武実:BPSD─症例から学ぶ治療戦略 フジメディカル出版, 大阪, 2012, pp90-93)。

 

【転載おわり】
 
上記記事を読んで私は(前回の、おしゃべり会「関西きらきら組」にご参加の皆様には既にご案内済みのことですが・・・)即刻試せる商品があるじゃナイのsign03と、思いつきました。
 
 
 
【昼用】脳を活性化させる(覚醒へ誘導する)
 
【夜用】疲れた脳を癒し、睡眠の改善に
 
ご覧の通りのアロマパッチです。
以前のこちらでご紹介して大きな反響のあった『黒こしょうのアロマパッチ』と使い方は同じです。
 
昼間にボーッとしやすい人は【昼用パッチ】を。
昼間に興奮する人は、終日【夜用パッチ】を。
夜に眠らない人は夕方から【夜用パッチ】を。
 
 
などなど・・・工夫次第で活用法は色々あるように思います。
 
 
 
アロマパッチの良いところは『副作用がない』ことです。
 
 
 
 
また、皮膚に直接貼付しないので、カユミやカブレなどの皮膚症状に困ることも少ないと考えられます。
 
 
 
 
アロマパッチを使用する際のポイントは、不織布を皮膚に密着させて状態で使用することです。
 
 
 
 
また、効果は用量に依存することもわかっているので、一枚で効果が感じられナイ場合は2枚以上試してみるのもアリ◎です。
 
 
 
 
そして、空気の乾燥する時期は、パッチを肌着などの裏側に貼付する前に一度水にくぐらせると(霧吹きで湿らせてもOK!)、体温で温まった蒸気と共に芳香が一層よくなり効果的であることもわかっています。
 
 
 
 
こうしたエビデンスを背景に、自然界に存在する身体に優しい香りで、「ご本人の困った」と「家族の困った」が少しでも軽減されるとイイなと思います。
 
 
 
 
ちなみに、【夜用パッチ】は目下わたくし自身が愛用中でございまして(^^;)、フラワーエッセンスと共に癒されております。
 
 
 
 
【夜用パッチ】は、介護に疲れた私達にもぴったりかも知れませんyonote
Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

  花を贈るなら日比谷花壇

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧