2009年9月 1日 (火)

投票帰りのお楽しみ

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/80歳)はレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・☆.。.:*・shineお願いshine.。.:*・☆.。.:*・☆

皆様にお願いです。

9/22東京セミナーの開催周知にご協力を頂けないでしょうか。日頃、利用されているデイセンターさんや介護施設さんにパンフレットをお渡し頂き、お取引のある事業所やケアマネさんに周知頂ける様お願いして頂けないでしょうか。

(京都セミナーの経験から)指1本のファックスで、お取引先へ一斉に送信して頂けるのでは?と、思います。

また、他のご利用者のご家族様への有用情報としてもご活用頂ける様、お願いをして頂けるとなお有難いです。

案内パンフレットは、東京セミナーWEBページよりダウンロードいただけます。また、メールを頂ければ、必要枚数郵送でお送りします。

東京セミナーは、その内容・構成とも大変優れたセミナーになると思っています。また、レビー小体型認知症について広く知って頂くための絶好の機会でもあります。皆様の温かなご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

9.22 認知症を学ぶ会・東京セミナー
申込受付中~~note
詳しくはこちら⇒
Tokyo_090922

Poster_on ポスター制作:レビー小体型認知症介護家族 東京おしゃべり会

周囲の方々へのご参加を呼び掛けて下さいm(_ _)m

ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m

☆.。.:*・☆.。.:*・shineご案内oneshine.。.:*・☆.。.:*・☆

2009.5.31皆様の温かな応援のお蔭で無事に開催出来た京都セミナー

この記事でお話させて頂いた通り、当日会場で実施したアンケートの集計結果を皆様に期間限定で公開させて頂きます。

集計に際しご尽力を頂きましたcabinetさん。
WEB上での公開にご尽力を頂いたyesdlbさん。
本当に有難うござましたm(_ _)m

当日、セミナーにご参加下さった皆様やDVDをご覧下さった皆様をはじめ、応援下さった全ての皆様に京都セミナーの反響をご覧頂けましたら幸いです。

shineご訪問は以下のバナーをクリックshine

24bit04

私は、今回頂戴した皆様のお声を力にして、今後も地元・京都及び関西でのセミナー開催や、何よりもレビー小体型認知症の正しい理解や見分け方・気付き方、また、レビー小体型認知症の方が、誤診や不適切な医療によって貴重な人生の時間が奪われない様、私なりに社会に訴えて行けたらと思っております。

今後共、皆様の温かな応援をお願い申し上げます。
m(_ _)m  kuririn

 

☆.。.:*・☆.。.:*・shineご案内twoshine.。.:*・☆.。.:*・☆

 noteレビー介護家族おしゃべり会note
関西キラキラ組にいらっしゃいませんか?レビーの家族同士だからこそ分かり合えることがあります。
少人数で和気あいあいheart04
ハッキリ申し上げてhappy01メチャ楽しいです。

日時 9/20(日) 11:30~15:30

(ご都合の良いお時間内で合流OK!!)
場所 大阪・梅田界隈

参加ご希望の方はメール送信からご連絡下さい。
追って詳細をお返事致します。

今回は、福岡からRumiさんのご参加ですhappy01
初めての方も是非お気軽にご参加下さい♪

これまでのおしゃべり会の様子はshineこちらshine
 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

日曜のお話。

午後。
kuririn家も無事投票を済ませ、その帰り道。

私の前を歩く、おっととみーちゃん。
2人は黙っていますが、それぞれの背中からは、それぞれの想いが伝わって参ります(笑)

24bit06 

私のこのカンflairにまず狂いはナイです。
2人共、自分達の希望通りになる様、私が声を掛けてくれると踏んで、待っているのです。
…こう言うところも似ています、この親子gawk

仕方がないので、私はマンマとそれに乗ってあげることにしました。

 

まずはみーちゃんに声を掛けます。

 

 

私 「どぅ?このままお洋服でも見に行く?」

 

み  (。-∀-)ニタ♪

 

 

シメシメと言わんばかりにウレシそうです(笑)
でも、素直にそう言わないのが本来のみーちゃんです。

 

だから、私は言いました。 

 

 

私 「疲れてたら無理しなくてイイよ(^^)」

 

 

 

 

って(笑)。
ちょっとイジワルsign02

すると、、、、。

 

 

 

 

み 「・・・そうやねぇ・・・(-""-;) やっぱりぃ、、

   行っとかんとアカンねぇ~smile

 

 

 

ははは~。
何が行っとかんとアカンのかワカリマセンが(笑)、思った通りの返事が返って来ました(^^;)
  

 

 

私 「じゃあ、そうしよう♪」

 

 

 

続いておっとへも、おっとが期待しているであろう言葉を掛けました。

 

 

 

私 「このまま2人で出掛けるから、
   あなたはあなたで好きにしてて♪」 

 

 

 

と伝えると、

 

 

 

夫 「一緒に行くわ・・・悪いしcoldsweats01

 

 

 

などと申しますので、ならばと、

 

 

 

私 「そう??。

   じゃあ、みーちゃんflair
   おっと君に連れてもらう??happy01

 

 

 

と、言ってみたら、

 

 

 

み 「アカーーーンsign03pout 

 

夫 「俺もアカンsign03shock

 

 

 

2人同時に音声多重でお返事がdash

 

 

どーなんsign02

 

2人して手の掛かる人達だこと(-_-メ)

 

 

かくして私は1組の親子を連れ、そのまま出掛ける事になり、最初に喉が渇いたのでチョット休憩する事にしました。

 

 

 

私 「喉渇いたね。ナンか飲もうか?(^^)」

 

 

み 「うんヽ(゜∀゜)ノ」

 

 

 

待ってましたと言わんばかりの反応です。
みーちゃんにはトロミのあるシェイクを。お味を尋ねると何でも良いと言うので、バニラをチョイスflair

2009830_002

親子で寄り添いご賞味中。

 

 

み 「あ~~penguinpenguinpenguin美味しい~~happy02

 

 

ご満悦なみーちゃんを挟み、おしゃべりしながら30分程休憩したでしょうか。元気が回復したところで、いざ、いつものみーちゃん'S銀座bagへ出発です。

 

商品の半分以上が秋物になっている店内を、色々と物色しながら見て回りました。

 

みーちゃんはとても楽しそうです。そして、見る物eye、見る物eye、何でも欲しいみーちゃんです。

 

いつものことながら、みーちゃんはダイナマイトbombな洋服を選んでは私に却下されていました。

 

 

黒の、どう考えても似合わないデザインのジャケットを手にして、、、

 

 

み 「これなんかどうかなぁ~lovely

 

私 「コレのどこが良いの?」

 

み 「ポケットついてるからhappy01

 

私 「サイズが大きいと思うよ」

 

み 「ゆったり着れて良いのとチガウ?」

 

私 「それはゆったりとは言いません。
    ダブダブですからgawk

 

み 「こう言うのが着たいなぁ・・・・lovely

 

私 「大きいと思うよ。もっと体に合うのにすれば?」

 

み 「裾を切れば良いのとチガウ??」

 

 

 

どうしてこう言うところは頭が回るのでしょう。
妙なコダワリを出し始めました。

 

 

 

私 「誰が直すの?」

 

み 「自分でやるよ(。・_・。)」

 

 

 

ウソですbomb
残念ながらみーちゃんにはそんなコトは出来ません。

 

 

 

私 「ほらflairほらflair 考えてみて~。
   みーちゃんデイに行ってて忙しいから~♪
     直す時間、なかなかナイでしょ~??

   体に合ったのを買った方が良くない?」

 

み 「ん~~~(-""-;)

   それもそうやねupワタシ忙しいからhappy01scissors

 

 

 

 

やれやれ┐(´~`)┌sweat01
ようやく一軒目のお店を出ました。

 

おっとはと言うと、店の前で腕を組んでコチラを眺めています(笑)。dog番犬かsign02

 

こうしたコトをいつも行く店々で繰返し、結局この日はコレ!!と言う商品には出会う事もなく、何も買わずに終わりましたcoldsweats01sweat01

 

最後に伊勢丹B2で食品を買って帰ったのですが、この時みーちゃんは、自分が何処にいるのか一瞬分からなくなった様で、

 

 

み 「ここは・・・・????(?。?)ハテ」

 

み 「出口がナイ?」

 

 

と、言い立ち止まりました。

 

私はすぐに少しかがんで、みーちゃんに目線を合わせて言いました。

 

 

 

私 「ここにいるよ(^^) 
   ココまっすぐ歩いて行こflairさぁ、帰ろう♪」

  

 

みーちゃんは、ハッflairと我に返った様にまた歩き出してくれ、特に大きな混乱もなく、みーちゃんの楽しい1日が終りました。

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

 

この日、選挙の投票所内でも方向が分からなかったのですが、慣れない場所だから仕方ないな…と思っていましたが、夕方には慣れているはずの場所で見当識が不安定な状態になりました。

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

 

夜、おっとと話し合いました。

 

おっとは主に週末のみーちゃんしか知らないので、土曜の朝の出来事といい、この日の事といい、その瞬間を目の当たりにして、私の普段の話がより実感出来た様子でした。

 

そして見当識については、自分が何処にいるのか分からなくなったら、どんなに焦りや恐怖を感じるだろう…って話合い、みーちゃんは1日の色々な場面で、またチラチラとこうした状態になる回数が増えては来ましたが、そんな時こそみーちゃんの不安を大きくしない様、私達が落ち着かなきゃねと言いながらも、その時々の状況でこちら側に余裕が無いとそれもなかなか難しいね…などと話しながら、せいぜい努力しようと確認し合った日曜でした。

appleブログランキングに参加していますapple
 人気ブログランキングへ 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (6)

2009年8月23日 (日)

東京セミナーまであとひと月

       ♪ご訪問ありがとうございます♪
             管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/80歳)はレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・☆.。.:*・shineご案内oneshine.。.:*・☆.。.:*・☆

9.22 認知症を学ぶ会・東京セミナー
参加申込受付中~~
note
詳しくはこちら⇒
Tokyo_090922

上記サイトでは、パンフレットやポスターがダウンロード出来ます。
周囲の方々へのご参加を呼び掛けて下さいm(_ _)m
ご協力を宜しくお願い致しますm(_ _)m

Poster_on ポスター制作:レビー小体型認知症介護家族・東京おしゃべり会

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

9/22に東京・有楽町で開催されるセミナーまで、あとひと月となりました。

5/31に京都セミナーを開催させて頂いた時、ひと月前は申込者数が定員の半分程度で、まだまだ当日のことなど考えられない状態で、ひたすら周知に歩く日々でした。

あの時は新型インフルエンザで風評被害が蔓延していた最中で、当日の一週間前になっても開催と中止の両方を視野に入れながらの準備で、非常に苦しい想いを致しました。

結果、皆様の大きな力にお支え頂き、お蔭で無事終えさせて頂いた訳ですが、その京都セミナーで実施し7割強の回収が出来たアンケートの集計が、この度出来上がりました。

作業に際しては、cabinetさんには多大なご尽力を頂きました。本当に有難うございましたm(_ _)m

また、自由記載項目については、たかさんやゆるりさんにもご協力を頂き、本当に有難うございましたm(_ _)m

ありのままの京都セミナーを反映したアンケートは、DVDとセットにして、セミナー開催周知にご理解とご協力を下さった介護保険事業所、各NPO法人等、各種団体へお届けに伺う予定をしており、一部では既にお届けを致しまして、DVDは職員の皆様の研修や貸出し用としてご活用頂いておりますcd

このブログでも、アンケートの内容を順次掲載し、皆様にご報告を申し上げて参りたいと思いますが、何分にも全27ページにも及ぶ内容で、どんな風にご報告をしたものか…と、想いを巡らしているところでございます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

9/22・東京セミナー。
京都セミナー同様、新型インフルエンザが心配ではありますが、認知症について広く学んで頂けると共に、レビー小体型認知症についてもご理解頂ける貴重な機会でもあります。是非、多くの方にご参加頂きたく、周囲の方々への呼びかけ等のご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

appleブログランキングに参加していますapple
 人気ブログランキングへ 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (4)

2009年7月11日 (土)

DVD受付終了しました

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/80歳)はレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・☆.。.:*・shineご案内oneshine.。.:*・☆.。.:*・☆

9.22 認知症を学ぶ会・東京セミナー
申込受付中~~note
詳しくはこちら⇒
Tokyo_090922
≪ブログ等をお持ちの皆様にお願いです≫
上記バナーの設置をご協力頂けないでしょうか。
どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

☆.。.:*・☆.。.:*・shineご案内twoshine.。.:*・☆.。.:*・☆

7/4(土)以来ご案内して参りました
cd京都セミナーDVDcdの申込受付は、
昨日7/10(金)23時59分を持ちまして、
終了させて頂きました。

予想以上の大勢の方々からご連絡mailtoを頂きました。
また、同時に温かな励ましのお言葉も沢山頂戴し、どれ程の励みを頂いたかわかりません。
皆様本当に有難うございますm(_ _)m

そして、申し訳ない事に、お申込を頂いた皆様には

「申込を受付けました」との主旨のメールを、今回はお送り出来ていませんが(資料発送の時は25名先着でしたので、何とかお返事出来たのですが…)どうかご容赦下さいませ。
m(_ _)m

発送presentはブログでお知らせ致します。
皆々様のお役に立てることを願い、一生懸命準備を致しますので、暫くお時間を頂きますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

一昨日の記事で、hokehoke先生より

「夏場の水分補給」について

コメント欄に大変貴重なアドバイスを頂戴致しました。

多くの方がご覧になられたとは思いますが、夏本番を前に、今一度こちらに掲載させて頂きます。

元コメントはこちらです。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

夏場の水分補給について

体の中の水分は、細胞内の水分と細胞外(血液など)の水分とに分けられます。あと高齢者だと体内にありながら利用されないデッドスペース(浮腫や胸水など)も加わってきます。

脳梗塞は基本的に細胞外の水分の減少が問題になりますのでOS1などのナトリウムが多い飲み物で補充してもよいのですが、ナトリウムを取りすぎると、デッドスペースに溜まる水が増えることになったり、細胞内の脱水を起こして別の問題が起こる恐れがあります。もっともデッドスペースにある水分は、極端な細胞外の水分不足の場合体の中に戻り細胞外の水分の増加を起こすことから、全く無駄とは言えませんが・・・・。

夏場は汗として水分以外にナトリウムやカリウムが外に出てしまいます。このためカリウムの補充が十分でないと、だるくなったり食欲がなくなったりします。これがいわゆる夏バテです。

あと尿量の問題になりますが、ナトリウムが多い場合は、体内に水分が溜まってきますので、急に尿量が増えることは少ないのです。カリウムの豊富な水分を多量に取ると尿量が増えます。このためポカリ・イオンウォーターを多量に飲むとカリウムの補充には良いですが、尿量が摂取したカリウムの増加に応じて増えます。

あとナトリウムやカリウムがある程度含まれている飲み物は、飲んだあと急速に吸収されると言うメリットもあります。ですから夏場で急に暑くなって汗をかいたり、入浴などの汗として急速に体の中の水分を失った場合などの水分補給には適しています。
細胞外の水分の補充には、ナトリウムが多めの方が効果的です。
細胞内の水分が不足する場合は、カリウムの摂取を増やすことが必要です。
こういったことを考えてバランスの良い水分摂取の方法を考える必要があります。

カリウムは夏場は果物や夏野菜の摂取で、増やすことが出来ますのでポカリ類は、入浴の前後や午後の外出の後など急速に水分とカリウムの補充が必要な場合に限ると言う使い方が高齢者には良いと思います。

若い方の場合、夏場の汗を多量に描いたあとの水分補給には、ポカリスエットイオンウォーターでの水分補充で疲れがずいぶん緩和されます。一時的に尿量が増えてもかまわない時や、下痢でカリウムが急速に失われるときはもイオンウォーターでの補充がお勧めです。

投稿: hokehoke | 2009年7月 9日 (木) 21:51

hokehoke先生、有難うございましたm(_ _)m

介護する人もされる人も、共に気をつけたいですねnote

cloverブログランキングに参加していますclover
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

京都セミナーDVD

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/80歳)はレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・☆.。.:*・shineご案内oneshine.。.:*・☆.。.:*・☆

9.22 認知症を学ぶ会・東京セミナー
申込受付中~~note
詳しくはこちら⇒
Tokyo_090922
≪ブログ等をお持ちの皆様にお願いです≫
上記バナーの設置をご協力頂けないでしょうか。
どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

京都セミナー終了後、無事の開催を見守って下さった全ての皆様へのshinekuririn♪感謝のスペシャル企画shineとして、ご希望の方々へ「京都セミナー資料」のお届けをこちらの記事で受付けました。

で、今回は、さらにその第二弾scissorsと致しまして

shine京都セミナーが収録されたshine

DVDcdをお送りしたいと思いますpresenthappy01

(資料とDVDのセットは予定数を終了致しました。ご応募有難うございました。pencil2009.7.6(Mon)4:00pm追記)

本当は、資料ご希望時に一緒にお送りしたかったのですが、なかなかそう上手くは行きませんで、この度の第二弾となりましたcoldsweats01

資料をお送りした皆様も、ご面倒ですが、改めてご応募下さいませ。

ご希望の方は右サイドバーの「メール送信」より以下の内容をご連絡下さい。(dangerコメント欄ではありません!danger)

one郵便番号
twoご住所
threeお名前
fourハンドルネーム
five電話番号
six応募動機。その他連絡事項があればどうぞ。

(尚、個人情報は厳守いたしますpaper)

dangerお願いdanger≫よくお読み下さい
oneご希望者全員にお送り致します。
two申込期限は7/10(金)23:59〆切です。
three上記事項に記載漏れのある方にはお送り出来ない場合がございますのでご注意願います。
fourメールタイトルは必ず【京都セミナーDVD希望】としてお送り下さい。
(上記以外のタイトルだと、見逃してしまうかもしれないので、ご協力くれぐれもお願い致します。)
fiveお申込はお1人様1枚に限らせて頂きます。
six発送は当ブログでご案内致します。
(ダビング準備の為、暫くお時間を頂きますがご了承下さい)

日頃ブログをご覧下さり応援下さっている皆様に心からの感謝と、日々頑張っておられる皆様に心からのエールを込め、お送り申し上げますpresent

Drのご講演DVDを皆様がご覧になられた後は、どうぞ、日頃お付き合いのある、ケアマネさんやデイセンターさん、ヘルパーさん、GH、施設職員の方々等専門職の皆様や、訪問看護師さん等の医療関係者の皆様へ貸し出され、是非ご覧頂いて、更には研修等に用いて頂ければこんなに嬉しい事はありません。

認知症の早期発見や改善、介護者の介護負担軽減へのひとつのアプローチとして、それぞれのお立場で、お役に立てて頂ける内容が満載かと存じます。
確かな知識を得ることで、きっと、ご自身の引き出しを増やして頂けるのではないかと思います。

そして、Drの講演をライブでご聴講をご希望の際は、
9/22に東京・有楽町で『東京セミナー』が大規模に開催されますので、是非、教えて差し上げて下さい♪

『東京セミナー』は、当ブログ上部と右サイドバー設置のバナーからリンクが張ってあります。パンフレットのプリントも添えて開催周知をお願いして頂けると大変嬉しいですshine

皆様♪有楽町で会いましょう~upupnotehappy01

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

みーちゃんは今朝も元気にデイサービスへ出掛けました。コロコロ通所については、自身の気持ちの中で折り合いを付けている様子で、私は黙って見守るのみとなりましたok

さて、皆様にご案内している京都セミナーDVDですが、みーちゃんはひと足お先にお勉強させて頂きましたflair

オープニング。kuririn登場にみーちゃんから拍手が(笑)02

Drの講演をじっくり聞き入るみーちゃん。
“ふんふん”と頷いています(笑)20090629_001

録画が長時間ですので、みーちゃんは前半と後半、2日間に渡っての鑑賞となりました(^^)

通算8回のDr’Sセミナーを受講している私ですが、セミナー当日は色々な段取りが頭を駆け巡り、落ち着いて聴講出来なかったところがあるのですが、こうして改めて見直してみると、本当に良いセミナーだったなぁ~と思います20090702_003shine

セミナーに参加された方、参加が叶わなかった方、どうぞご応募下さいませ。

皆様のお役に立つ事をひたすらに願いconfidentshine
お送り申し上げますpresent
kuririn

cloverブログランキングに参加していますclover
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (12)

2009年6月11日 (木)

【長文】私の2009.5.31

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/79歳)は、初期のレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・☆.。.:*・shineご案内shine.。.:*・☆.。.:*・☆

6/27土曜日17時~Drのセミナーがあります。

翌週にクリニックオープンhospitalを控えられたDrが、今般は実践医対象にご講演です。

ところがっsign01

定員まで少し余裕があると言う事で、嬉しい事に介護家族の参加が可となりましたsign03shine

テーマは『ピック病と認知症専門クリニックの未来』

ピック病のご家族をお持ちの皆様は必見だと思います。
何とかご都合をおつけになり、是非共全国から駆付け聴講されるだけの値打ちがあると思います。

実践医対象と言う事で、内容が「一般の介護家族に解るかしら~wobbly」とご心配のアナタ!!

私が感じますに、きっと大丈夫です!!rock

対象の医師よりも「そうだ!! そうだ!!」と実感を持ってご聴講頂けるのでは?と、私は思います。
勝手に予想coldsweats01したりしてぇ~sweat01

とにもかくにも、家族が勉強しませんと、患者を守れない事もございますので、参加のご検討をお願い致します。

ただし、会費がmoneybag\1,000-必要です。
千円を握り締めご来場下さいませflair

受付では「こてつさん作のスタンド」がお迎え予定heart042009523_001

申込要領は⇒こちらをクリック~bell
(詳細と申込書がダウンロード出来ますhappy01)

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

あのぉ…すごく今更ですがぁ・・・σ(^◇^;)

pencil京都セミナーレポpencil
『kuririnの1日』を記録として綴っておきたいと思います。

当日のざっくりしたことは、こちらこちらでご報告して参りました。

がっ!!
ようやく、心を落ち着けて書ける日が来たかな…って感じなので、行ってみたいと思いますconfident

danger以下、主観に満ちた長文です。ご注意下さいdanger

 

さて、当日。

まずは、Drのお迎えからスタートです。
Drはセミナー前日、福山でご講演でした。
ですので、名古屋からではなく、広島方面からのご到着でした。

お迎えは地元実践医のT先生。
学ぶ会・東京事務局のM氏。
あ~んど、ワタシクの3人。

Drの京都ご到着は10:04分の新幹線。
11番線の10号車・11号車の間の扉から下車されるとの情報を得て、その前で3人集合となり、1日のタイムスケジュールを簡単に打合せ。

・・・・よしrock バッチリだワ!!shine

Drが乗車された新幹線がホームに入って参りましたbullettrain

目的の扉が見えるとDrは中から手をフリフリpaper(笑)

およそ、予想外の登場に3人爆笑。

更には“マスク姿”な出で立ちに3人絶賛!!

 

「サスガっ!!センセ~~!!」とM氏。

 

インフルエンザな京都へ、おいでやす~♪fuji

 

Dr、新幹線から下車。

 

私 「おはようございます。
   今日は1日よろしくお願い致しますm(_ _)m」

Dr 「はぁ???dash なにぃーーー???dash

 

ホームの騒音で聞こえなかったらしいdown
気を取り直し再度チャレンジ。

Drの耳元目掛け・・・・

 

私 「おはようございますっ!!

   今日はよろしくお願い致しますっ!!」

 

騒音に負けない声で、活舌ヨロシク言ってみた。

ら、

 

 

Drひとこと

 

 

 

Dr 「わかってるgawk

 

私 (・・・・・左様でございますか・・・)

 

Drには講演までの僅かの時間ですが、京都散策とご昼食でお過ごし頂いたのち、会場入りして頂く予定。

ご案内は、地元実践医のT先生。
駅に手配済のタクシーの待つ場所へと移動開始。

私はM氏から預かった、セミナーで使用するPC、配布追加の資料、手荷物ETC…で、計4つの荷物をヨッコラショと持ち、皆様と共に歩きだす。

男性3名、私の前を歩いていらっさるfoot
こう見えてもLADYな私の大荷物を、誰一人「お持ちします」と言わないのが、THE日本男児。

態度はデカメですが身体はコンパクトな私は、意地で荷物を持ちながら、身軽にタクシーに乗り込まれた3名の皆様をにこやかにお見送りしたpapersweat01

 

私 「行ってらっさいませcoldsweats01paper

 

そんないっぱいの手荷物を、ヘルプして下さる皆様をお迎えに、私は再び新幹線ホームへ舞い戻った。

たかさんとどぅさんが、それぞれ時間差で無事ご到着下さいました。
重い荷物はたかさんとどぅさんが半分持って下さり、持つべき物は「友」だと身に浸みたりして~smile

さて、3人で軽めに昼食を。

新幹線コンコースには、京都・名代のにしんそばの店「松葉」さんがある。市内だと南座の隣にあったりするのだけど、ここのお蕎麦は美味しい。

少し慌しいものの、昼食を済ませて3人で会場入り。

到着すると、受付チームのリーダー♪ユーリイカさんが既にいらっしゃってて、受付スタッフの皆様に配布される“完璧な手順書”のセット作業をされていました。

京都セミナー記事では何度もご登場下さっているユーリイカさんですので、たかさんとどぅさんに、

私 「こちら、あのユーリイカさんですヽ(゜∀゜)ノ」

と、ご紹介♪
スタッフ集合時刻の12:30まで暫し待機を頂く事となりました。

ユーリイカさんの隣に座ると、

ユ 「はい、これkuririnさんの分です」

と、手順書を頂いた。

チラッeyeと拝見するも、前日の打合せで詰めたことが全て反映・網羅されているのがわかる。

Σ(・◇・ノ)ノ!!!!! なにこれ。スゴ過ぎるぅ~upup

設営リーダーさんのclubさんも程なく到着され、カバンからタオルと軍手を出され、タオルは首に。温厚なお人柄のclubさんからはやる気~upupが伝わって来る。

12:15 チームリーダーさんと最終打合せ

clubさんとユーリイカさんと私の3人で、最終的な打合せと伝達事項を確認し合いました。

そうこうしているうちにも、お願いしていた皆様方が、お1人の漏れもなく、気合十分に続々と集合して下さっている。

ナント頼もしい光景shineshineshine
そして、なんちゅ~素晴らしい皆様がお集まりになっていらっしゃる事か…。

ひとり感動。

間違いナイ。
きっと成功するrock。させてみせる。

私も一層気合が入る。

12:30 スタッフミーティング

設営チーム。受付チーム。それぞれにリーダーさんから当日の段取りの説明を真剣にお聞き下さっている。

ひとりになった私は、会場の利用申請と備品使用に際しての精算や、休憩中に控室へお届け頂く飲み物cafeの手配など、細かな段取りをつけながら、事前に手配をしておいた案内板3台にそれぞれ作成した案内用紙を貼り付けて、1階玄関と2階・3階のエレベーター前に設置するなどの作業を開始していた。

12:50 会場の鍵を受取る

倉庫前には、設営チームの皆様が「今か、今か」とその開錠をお待ち下さっていた。

会場、倉庫、控え室、その他・・・。

次々と必要な場所の開錠をして行き、一斉に椅子の設置が始まった。

なんちゅ~チームプレーヽ(゜∀゜)ノ

ロビー受付の方には、受付チームの皆さんがそのセッティングに頑張って下さっている。

13:00 設営

受付開始と開場は30分後。
会場の設営も、受付の準備も、それぞれ急ピッチで作業が進められている。

受付前には、既に参加者の皆様がお見えになっている。

私は私で、PC接続・音響・進行リハーサルを、音響技術担当さんと一緒に行う。

何もかもが同時進行で展開。

音響を担当して下さったのは、会場であるひとまち交流館に勤務されているTさん。

 

T 「kuririnさん…凄いですね、皆様」

私 「そうになんです。
      本当に凄い方々なんですヽ(゜∀゜)ノ」

 

Tさんも圧倒されていらっしゃる。

心配された設営も開場前にはすっかり整い、20090531_001

設営の皆様は、今度は誘導のポジションに着いて下さっている。

・・・もぉ、もぉ、なんちゅ~素晴らしさcryingshine

12:20 Dr会場ご到着。

 

私をご覧になるなり

 

Dr 「・・・・なに泣いてんの(。・_・。)??」

 

私は泣いてなどいない。
ただ、汗だくでメイクがボロボロになっただけ。

 

私 「泣いてません(`・ω・´)!!」

Dr 「あそ(。・_・。)」

 

Drは、私のメイクなどドーデモよい。

速攻でPC前に着席され、画像チェック。20090531_002  

 

12:30 開場。

ディズニーナンバーのオルゴールBGMが場内に心地よく響く。

開場と同時に参加者の皆様が続々と入場される。

誘導係りの皆様により、手指のアルコール消毒と、マスクの配布が行われている。

私は、セミナーの進行と、各所のナレーションに神経を集中させ、奥まったスペースで1人リハーサル。

ひと息ついて、Drと進行打合せとポイント確認を行う。

いつも思うのだけど、Drはもの凄く理解が早い。

『このポイントではこうです』と説明すると、本番ではいつも一発でその通りに動きやコメントが決まる。

私はこれまでの経験から、この手の人は少ないことを知っている。なので、MCからするとDrの様な方はとても楽だし助かる。

とは言うものの、今回の京都セミナーではノリノリだったので、大幅に時間がオーバーした事は冷や汗物だったsweat01sweat01

17時には、全て撤収して、鍵を返却しなくてはならないのに、撤収作業開始できたのは16時50分だったもの。

ヾ(0д0;ノ)ノ ひぇぇぇ~!!って感じ。

14:00

講演スタート。
当初予定していた「質疑応答」がなくなった旨説明申し上げ、お詫びする。

講師であるDrを、大きな拍手が出迎える。

いつも通り、活舌良く、独特イントネーションを含みながらセミナーが始まる。

テーマは認知症。
しかし、会場からは随所に笑いが起きる。

場内の空気の熱気を背中に感じる。

私は「今、本当にやっているのね…」と、その空気を全身に感じていた。

講演内容は前半、早期発見の重要性と共に、そのポイントとして「時計描画」の活用とその有効性について、相当な時間を掛けて解説があった。

過去に聞いた中でも、一番丁寧に且つ解りやすく説明がなされていた。

一見すると「普通の高齢者」で、とてもしっかりしている風に見えていても、時計描画をして頂くと10時10分の時計が描けないと言う、ウソみたいな事実。

認知症の患者を早期に発見し社会で見守る為には大変有効であると力説されていたし、今後、一定の年齢以上の方には運転免許試験場での免許更新時に、この時計描画が採用されるお話もお聞きした。

二大認知症として「アルツハイマー型」「脳血管性」の違いについて、アルツハイマーの方はその1つとして「昼の徘徊」を挙げられていた。

福祉村病院で当直を担当されたDrは、昼間、6人部屋に9人の患者さんの姿を目の当たりにされ、その激しい院内徘徊振りに絶句されたと、当時を振り返りお話になった。

 

Dr 「なんで9人もいるんだい!」

   場内爆笑

 

また、「脳血管性」の方は、深夜のせん妄の激しさをお話になりつつ、夜の病院は、昼間のアルツハイマーの方から、夜の脳血管性の方へオフェンスが選手交替すると表現されていた。

なる程・・・大変だ・・・^^;

そうした方々に穏やかになって頂かないと、到底在宅では介護できないし、在宅では介護者が倒れてしまう。

この状況に「適切な医療」はどう向き合うのか。

Dr 「介護者を救わなくてならない」
Dr 「介護者が倒れたら、患者を守れないし、
   患者の人生が立ち行かなくなるんです」

 

場内から大きな共感の息吹を感じる。

ここからがDrの真骨頂。

ワンポイントアドバイスとして、

口から食べる事の大切さ。
脳梗塞の予防の重要性。

等、お話になりながら、家族が勉強しないと患者を守れないと、最高に熱の入った講演が続く。

私は進行の責任があるので、時間がとても気になった。

既に15分オーバーして予定の休憩に入る。

控え室でDrにはアイスコーヒーでご休憩を頂きながら、後半の打合せ。

後半開始は、16時。

 

私 「後半は20分でお願いします」

Dr 「大丈夫」

 

私は17時には会場の全てを撤収し、施錠して鍵の返却をしなくてはならない。なので、16時30分には絶対に閉会したいし、冒頭のアナウンスでも「閉会予定は16時30分」と皆様にご案内した。

結果、全然大丈夫じゃなかった_| ̄|●

後半もDrは絶好調。
私は、全身から汗が噴出してきたsweat01
もう時計しか見えない。

閉会予定の16時30分。
Drはまだ喋っておられる_| ̄|●
そして、プログラムはまだ残っている。

どーするsign02

私の心情とは裏腹に、講演は大変な盛り上がりで素晴らしい雰囲気に包まれている。これは本当に有難いことだし、私が一般参加者なら、スタオベするかも的講演だった。

何か、私は自分が悪者の様な気さえして来る。

程なくDrの講演が終り、続きで、「適切な医療」が介護者の心身を救うと言うその声を、用意していた原稿でご紹介する。

回収したアンケートでは、この話の紹介に「感動した」との声と共に、この体験をご自分に引き寄せお聞き下さり「希望を得た」と回答されたものがあった。

途中、スライドを用いてDrの解説を頂く。

またしても、解説が止まらないsweat01
いや…前方席にご着席の医師の方々は、非常に熱心に聞き入っておられる。本当に凄い講演だった。

が、時間は既にオーバーしている。

私の隣の、会場に勤務しておられるTさんにメモを書いた。

 

pencil「10分オーバー、大丈夫ですか?」

 

Tさんは無情にも、両腕で私に向けて×印でお返事。

もう、突き落とされた気分だった。

 

私 「・・・・・ですよね・・・・sad」_| ̄|●

 

と、答えた瞬間、耳打ちが。

 

T 「10分オーバーで収めて下さい(^^)」

私 「Σ(・◇・ノ)ノ!!!!! わっかりましたshine

 

目指すは17時10分の鍵返却。
やれる!!
突如やる気が噴出し、落ち着きも取り戻せた。

予定していたプログラムを端折ることなく、テンポ良く(?!)展開させ、閉会宣言したのは16時45分。

後方扉口では、受付スタッフの方が手筈通り、2箇所のドアを開けて下さっているのが見えた。

 

私 「今一度、先生に大きな拍手をお贈り頂きながら
   閉会とさせて頂きます。

   本日は誠に有難うございましたm(_ _)m」

Dr 「有難うございました m(_ _)m 」

 

Drもマイクを持ってお礼の言葉を述べられた。

場内では暫く拍手が鳴り止まなかった。

何、これ??。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。

身震いする程、ご参加下さった皆様のお心を感じた瞬間だった。

が、この後、ほぼ満席の参加者にはお怪我の無い様ご退席を頂かなくてはならない。

いつまでも包まれて居たいと思う拍手の中、退場アナウンスを入れる。

clubさんはじめ、誘導係りの方々が「足元注意」の声掛けをして下さりながら、スムーズに退場が続く。

16:50を過ぎた頃。

大撤収開始!!

 

私 「皆さん、大撤収お願いしまーすsign03

 

大体の参加者が退場された所で、全員一丸となって、撤収作業が行われた。

みんな真剣。

テキパキとその作業は進められた。

私は私で、またまた汗だくsweat01sweat01

17:10。

各所の施錠確認を行い、おっとに、会館受付へ鍵の返却に走ってもらう。

もう、腰が抜けそうな程ホッとしたsweat01sweat01

バタバタなんてモンじゃあない。

受付スペースに行くと、大きなダンボール2箱に、資料の残りや備品、そしてゴミがキレイに収められていた。

旅行用の台車にまとめて積んで、おっとに託す。

 

お手伝いを下さった皆様には、あまりちゃんとしたご挨拶も出来ないまま、お1人ずつ簡単にお礼を申し上げることしか出来なかった。

最後に集合して、1本締めと記念撮影でもすべきだったと、反省。

皆様には本当に大変なお世話になりながら、申し訳ない事だった。

この時点で私は、次会場の懇談会へ向かわなくてはならず、遠方からお越しの方々とタクシーで京都駅に向かった。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

さて、懇談会会場では、私が夢にまでみた顔ぶれが揃っていました。

コーヒーcafeとケーキcakeで、和やかな中にも真剣な眼差しの医師の皆様方だった。

認知症の具体的な症状や症例に対する、処方技術やアプローチの話が展開されていた。

また、介護者を救う為にどうやって理解者の医師を増やすかと言ったお話もあった。

関西では大阪を何とかしたいものの、なかなか現実は厳しいので、大阪中心部を見据えつつ、その周辺から展開して行こうと言った話もあった。これには、大阪の女性医師の方が本当に熱心にDrにアプローチされており、私は感動した。

とは言え、来月にクリニックをオープンされるDrは勤務医ではなくなるので、これまでの様に週末毎の講演活動はやはり無理だとおっしゃっており、連休などを活用しながらの精一杯の講演活動を頑張るとお話になっていた。

これまでの、毎週の様な講演活動がいかにハードであったかと、想いを馳せると共に、そこまでしても何とかしたいと考え動いておられる「並ではない姿」に、言葉にならない想いが込上げる。

思い返せば、私が「京都で!」と一番最初にお願いした時もDrは、「大阪だ!」とおっしゃった。

「学ぶ会」のDrの講演は手作りなので、地元で周知活動の出来る人が絶対に必要になると言う事が、今回の経験を通して良く解った。

ぞれぞれの地域で人さえ集めることができれば、Drは全国何処へでも行くお心を持っておられると感じましたし、そうした事を本気でサポートしているのが「学ぶ会」のスピリッツだと知りました。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

本当に何もかも皆様のお蔭で、1人のケガ人も無く、大きな事故も無く、無事にこの1日を乗り越えられました。

お世話になった皆様、見守って下さった皆様、
本当に、本当に、有難うございましたm(_ _)m

長文・駄文を最後までご覧頂き有難うございました。

cloverブログランキングに参加していますclover
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (10)

2009年6月 6日 (土)

夫の目と私の目と芽

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/79歳)は、初期のレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

☆.。.:*☆.。.:*☆diamond感 激diamond☆.。.:*☆.。.:*・☆

ここ数日、大勢の皆様からはコメント欄に温かな書き込みを頂き誠にありがとうございますm(_ _)m。

そして、初コメントpencilの皆様…はじめまして♪
コメント欄へようこそお越し下さいましたm(_ _)m

ribbon長男さん・・・お世話になりました。
ribbon 6/3の名無しさん…ご報告pencil感謝申し上げます。
ribbonチュー子さん…ご参加有難うございました!!
ribbonユーリイカさん…きゃ~♪ようこそですヽ(゜∀゜)ノ
ribbonメゴさん…ご参加有難うございました!!
ribbonくまんまさん…デイデビューおめでとうございます!!

せっかくコメントを頂戴しておきながら、何のご挨拶もせず心苦しく思っておりました。
申し訳ございませんm(_ _)m
とても、とても嬉しく拝見しておりますヽ(゜∀゜)ノ
コレに懲りず、今後ともコメント欄にてお待ち申し上げております。

そして、お久しぶりの皆様…
お元気でいらっしゃいましたか?(^^)
お名前を拝見出来、本当に嬉しかったです。

ribbonこぱさん…お蔭様で勉強会集中出来ました!!
ribbonmaruさん…会場でお会い出来嬉しかったです♪
ribbonhoteiさま…お蔭様でhotei様の祈りが通じました!!
ribbonまこさん…お父様デイデビューですかっΣ(・◇・ノ)ノ!
ribbonハイジさん…お身体ご自愛下さいます様に♪

また、お待ちしております。有難うございます。

そして、そして。
いつもお世話になっております皆様…。

ribbon中嶋@認知症アドバイザーさん…
  今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
ribbonぷいぷいさん…お世話になりました♪
ribbonyesdlbさん…WEBページ最高!!有難うございました!!
ribboncabinetさん…電報、感激しました(T^T)
ribbonp-tanさん…素敵なコメント有難うございます!!
ribbonゆるりさん…大きな励ましを有難うございます!!
ribbonこてつさん…スタンド大好評でしたヽ(゜∀゜)ノ
ribbonまろナースさん…私の安定剤はまろナースさん♪
ribbonみなみさん…いつも本当に有難うございます♪
ribbonmizuhoさん…速報&アンケートご回答♪感謝です!!
ribbonSariさん…(@^▽^@)ノ☆頑張りました!!
ribbonどぅさん…本当に励まし&助けて頂きました!!
ribbonまろっちさん…お世話になりましたm(_ _)m
ribbonharuさん…言霊パワー!!最高です!!
ribbonカモミールさん…温かな応援、感謝致します!!
ribbonちゃわさん…私も今回の講演は一番だな、とrock
ribbonygraciaさん…いつも本当に有難うございますm(_ _)m
ribbonたかさん…色々とお世話になりました。感謝スミダ~!!
ribbonクックさん…cuteちゃん、元気です(^^)v

皆様、本当に有難うございますm(_ _)m

また、昨日はbirthdayバースデーメッセージも沢山頂戴し、心から嬉しく拝読し励まされておりましたweepshine

落ち着き次第、徐々に通常通りに戻して行けると思いますので、今暫くご容赦下さいませ。今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。

☆.。.:*☆.。.:*☆diamondご案内diamond☆.。.:*☆.。.:*・☆

昨日の記事でご案内致しました・・・

   shinekuririn感謝のスペシャル企画shine

京都セミナー資料のお届けについて、11名の方からご希望のメールを頂戴致しました。
【京都セミナー資料希望】とメールloveletterを下さった皆様、全員の方にお送り致しますのでご安心下さいませ。
発送致しましたらブログ上でご案内申し上げます(^^)v
到着まで今暫くお待ち下さいませpresent

また、もし、昨日の記事を昨日のうちにご覧になっておられない方がおられましたら、若干の余裕がありますので、別途お問合せ下さい。

お問合せ要領は昨日の記事を参照下さいませ。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

さて、私は今何に時間を割いているかと申しますと、190名もの皆様からお寄せ頂いたアンケートの集計作業をしております。

皆様のお声をDrにお届けしたいですし、そのお声を今後(ペースダウンはするものの)各所で開催されるであろうセミナーに活かして頂きたいですし、更には、またいつの日か関西圏で開催できれば…と願いつつ、そんな夢の芽も育ちつつあったりしてぇ~(・´艸`・) ししし。

そんな私を横目で見るのはおっと。

 

夫 「 (¬д¬。) ジーーーッ
         なんで・・・・・?? 」

私 「は?(。・_・。)??」

夫 「・・・あなたと言う人は・・・なんで??
   そんなシンドイ事ばかりやりたがる?」

私 「あかん(。・_・。)???」

夫 「・・・いや・・・あかんて言うてナイ。

   僕はあんたが心配なんや(-""-;)…ったく」

私 「はい。はい。」

 

おっとも賛成のようです(* ̄ω ̄*)v

ホンマ、ええ人です。

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

あΣ(・◇・ノ)ノ!!!!! そう♪そう♪

昨日の私の誕生日プレゼントpresentですけどー。

今日みーちゃんがデイで留守中に、一緒に買いに行くことになってます♪

ずーーーーっと以前からの懸案事項だった…eyeglass

 

 お手元めがね、私用。

 

 

    はい!! ソコ!!

ローガンキョー?とか言わない!!

よろしいこと??

 お手元めがね

 

ざます☆

     以上。

 

・・・・・めっきり手元が見辛いし、字も書き辛い。

とは言え、こうした必需品が誕生日プレゼントになるって言うのは、私的にはどーかと思ふ。

はぁ~dashさびしぃ~bearingdash

BUTsign03おっと曰く。

おっとには京都セミナーの事で色々としわ寄せがあったらしい(←私に自覚ナシ)

私の目には、彼が進んで巻き込まれてくれていた様に見えていたのだけど・・・。

む~ん(-""-;)…やっぱ、目が…?

ま、ここはおっとの言う事を聞いておこう(-。-)

またいつお世話になるかも分かりませんしね。
~(・´艸`・)シシシ~

そんなこんなで、本日お手元めがねデビュー。
ちょっとビミョ~な気分ですcoldsweats01sweat01

cloverブログランキングに参加していますclover
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (12)

2009年6月 5日 (金)

ささやかですが感謝を込めて

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/79歳)は、初期のレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

☆.。.:*☆.。.:*☆diamond感 謝diamond☆.。.:*☆.。.:*・☆

ここ数日、大勢の皆様からはコメント欄に温かな書き込みを頂き誠にありがとうございますm(_ _)m。
心から嬉しく拝読し励まされておりましたweepshine

ひとつひとつお返事をさせて頂くべきところではございますが、落ち着き次第、徐々に通常通りに戻して行けると思いますので、今暫くご容赦下さいませ。
今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆様、本当に有難うございますm(_ _)m

☆.。.:*☆.。.:*☆diamondご案内diamond☆.。.:*☆.。.:*・☆

京都セミナーに諸々のご事情で参加が叶わなかった皆様へ、何かお役に立てはしないか…と考えました。

     flairflairflairflairflairそこでflairflairflairflairflair

   shinekuririn感謝のスペシャル企画shine

postoffice京都セミナー資料をご希望の方にお送りしますpostoffice
表紙はkuririn特製♪愛情いっぱいの表紙です(^^)/

中身はDrがご講演で用いられたスライドが収められており、大変勉強になるかと思います。

ご希望の方は右サイドバーの「メール送信」より以下の内容をご連絡下さい。(dangerコメント欄ではありません!danger)

one郵便番号
twoご住所
threeお名前
fourハンドルネーム
five電話番号
six備考等、その他連絡事項があればどうぞ。

   ≪dangerお願いdanger
one先着25名様に限らせて頂きます。
two申込締切は本日6/5(金)23:59〆切です。
(勝手乍25名になり次第締め切らせて頂きます)
three上記事項に記載漏れのある方にはお送り出来ない場合がございますのでご注意願います。
fourメールタイトルは【京都セミナー資料希望】としてお送り下さい。
fiveお申込はお1人様1部に限らせて頂きます。
six発送は当ブログでご案内致します。

セミナー成功を見守って下さった皆様への感謝の気持ちです。どしどしご応募下さいませm(_ _)m

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

本日ワタクシお誕生日birthday(・´艸`・)
でも、フツーの平凡な1日。
・・・それが一番有難いですshine

cloverブログランキングに参加していますclover
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (26)

2009年6月 3日 (水)

みーちゃんも頑張った

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/79歳)は、初期のレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

☆.。.:*☆.。.:*☆diamond 感 謝 diamond☆.。.:*☆.。.:*・☆

ここ数日、大勢の皆様からはコメント欄に温かな書き込みを頂き誠にありがとうございますm(_ _)m。
心から嬉しく拝読し励まされておりましたweepshine

ひとつひとつお返事をさせて頂くべきところではございますが、どうかご容赦下さいませ。
今後共どうか宜しくお願い申し上げます。

今後は徐々に通常通りに戻して行けると思いますので、今暫くご容赦下さいませ。

皆様、本当に有難うございますm(_ _)m

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
 

京都セミナー開催に際しては、本当に沢山の方々にお力をお借りし、また、お支え頂いて参りました。

中でも、私の命綱はやはり「みーちゃん」。

みーちゃんの調子を維持させない事には、私の全ては足元から崩れ去る可能性がありました。
そして、その事はみーちゃん自身もしっかり感じていました。

 

み 「私がしっかりしなくては(`・ω・´)!!」

 

ある時は、資料の折りたたみを手伝ってくれたり、案内状の発送を手伝ってくれたり、出先で酷い事を言われて帰宅したら、慰めてもくれました。

みーちゃんは、みーちゃんなりにちゃ~んと分かっていました。

こんなにシッカリするのなら、仕事をkaraoke少しづつ再開しようかしら…などと考えてしまいますbleahが、やはりそこまでは私がもたないから無理かなcoldsweats01sweat01

 

み 「みんな、私みたいに元気になって欲しい」

み 「私、明るくなったモン♪」

 

そう自分で言って、セミナー開催の主旨をちゃんと分かってくれており、私の側でずっと応援をしてくれていたのです。

みーちゃん♪アッパレですfuji

準備中、困難な事が次々と起こりました。
一番どうにも出来ないと思ったのは新型インフルエンザ。お蔭でバタバタ度は急上昇upup

セミナー前日は、目が真っ赤になりました。
自覚は無かったのですが、指摘を受け鏡を見て絶句。
あまりの酷さに眼科へ駆け込んだところ、充血ではなく毛細血管破裂による出血だったと判りました。が、特に視力に影響はなく、コンタクトの装着もOKで心配ないとの事。
当日の朝は赤みも随分ひいていましたokscissors

みーちゃんは私に何か困った事が起こると、自分の事以上に心配し気に病むので気をつけなくてはイケマセンrock

さて、セミナー参加を誰よりも楽しみにしていたのはみーちゃんでした。

随分前から、当日着て行く洋服を気にしており、その用意を整えるとホッとした表情を見せていました。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

当日の朝。

前夜の激しいthunder雷雨はすっかりおさまっていました。それでも重そうな曇り空を眺める私にみーちゃんは

 

み 「今日は晴れるsunってテレビが言った(^^)」
 

 

みーちゃんは私を励ましたかったのでしょう。

 

 

私 「うん♪ きっとそうなるね(^^)」

み 「うんヽ(゜∀゜)ノ」

私 「じゃ、先行くわ。向こうで会おうね(^^)」

み 「行ってらっしゃい♪」

 

私はみーちゃんをおっとに託し、ひと足先に家を出ました。見上げると雲の切れ間から青空が見え、陽射しが降り注ごうとしていました。

すっかり雨に洗われた京都の街。
吹く風も心地よく、珍しい程に清らかで爽やかな空気が満ち満ちています。

当日のスタッフ集合時刻12時30分より少し前。

みーちゃんはおっとに伴われ会場に到着。
コロコロさんと一緒に歩いて来たみーちゃんがほっこり腰を掛けた所がベンチではなくテーブルだったので、慌てて・・・

 

私 「こ、ここねぇ、座るところじゃないから…coldsweats01sweat01

み 「え???σ(^◇^;)」

 

笑いながら立ち上がり、みーちゃんはコロコロさんを押しながら、館内の展示物を眺めに行きました。

 

歩く生みーちゃんをご覧になった皆さんから

 

「みーちゃん♪大股~」と声が聞こえます。

そうなんです(^^)
みーちゃんはコロコロさんと一緒だと大股になります。足の運びも以前より滑らかでスムーズになりました。これが杖などを用いた自立歩行となるとまた様子が違います。

生みーちゃんをご覧になった方々から「驚いた!」「希望をもらった!」「しっかりしている」とメールを頂きました。

超・手前味噌ですが、今のみーちゃんは普通の高齢者に見えるのでは?と、私は思っています。

とは言うものの、みーちゃんは立派なレビーさん。色んなタイプがありますから、こう言う人も居るって事で。

 

さて、セミナー中。

みーちゃんの隣にはおっとが着席し見守り態勢を整え、みーちゃんは静かに聴講する事が出来ました。本当にずーっと大人しく座っていられました。ずっと以前に、診察室で医師の眼前で舟を漕いで眠った人とは到底思えない(笑)

開講前にトイレ誘導が出来たか心配でしたが、休憩中声を掛けると大丈夫そうでした(^^)

セミナー終了後、みーちゃんは撤収が済むまで会場で待っていました。

が、私は続きで懇談会会場へ向かう予定があります。

京都駅近くの会場へは、遠方から手伝いに来て下さった皆さんと一緒にタクシーで移動しようと、せミナー会場の前でタクシーを止め乗り込みましたcar

助手席から私が手を振るとみーちゃんが一生懸命手paperを振り返してくれました。

みーちゃんが手を振り続けるので、私も手を振り続けていました。

なかなかタクシーが発車しません。

 

私 「ん???」

 

と、思いながらも手をフリフリ♪paper

 

運転手 「・・・bomb で? どちらまでgawk

 

はっΣ(・◇・ノ)ノ!!!!! 
そ~言えば行き先を言ってマセンでしたっけねぇ。

 

私 「京都駅sign01京都駅sign03キョート駅ですねんdash  

 

どうやら、運転手さんが「どちらまで?」と尋ねて下さっていたのに、みーちゃんに気持ちが集中していた私は、その言葉を無視していた様ですcoldsweats01

何でタクシーが発車しないのか不思議だったのですが、ツマリはアレね。私が行き先を告げなかったからなのね。乗ったら自動的に京都駅に連れてってくれるような錯覚をしていました(笑)

ハハハ。すんませんsweat01sweat01 

 

翌朝sunみーちゃんはとても普通でした。

セミナーの感想としてこんなコトを話していました。

 

み 「私は元気で居んとアカンねrock
   でないと、kuririnさんがウソツキになるから」
 

 

鼻がツーン(T^T)。でも、

 

私 「そぉ~だよぉ~happy01。頼んだよぉ~sign03 

 

と、一層元気な返事をすると、 

 

み 「ダイジョーブやん (* ̄ω ̄*)v」

 

と、自信と油断に満ちた返答が。 

 

この後、いつも通り元気にデイセンターさんへ出掛けて行きましたbusok

何はともあれ、いくつもの心配事を無事乗り越えたと感じた瞬間でした。

cloverブログランキングに参加していますclover
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (3)

2009年6月 2日 (火)

御 礼

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/79歳)は、初期のレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

2009年5月31日。

皆様の大きな大きなお力にお支え頂き、京都セミナーの1日は無事に幕を下ろしました。

ご参加下さった皆様、そして、お手伝い下さった皆様、また、長い間ブログやHPにバナーを設置頂き周知にご協力下さった皆様、本当にお世話になり有難うございましたm(_ _)m

今回の京都セミナーは、認知症改善には様々なアプローチがある中で、その1つとして「医療」に求められることやその責任について考えてみましょう、と言う事で、

one認知症は「適切な医療」で改善し得る病気で、それにより家族の介護負担を軽減し救うことも医療の果たすべき責任である、と言うことをDrからご講演。

そして、

two「適切な医療」がどれほど介護家族の心身を救うか、と言う事を、コウノメソッドにより重度の認知症による周辺症状から穏やかさを取り戻されたご体験をお持ちの、ある介護家族の方から改善報告を頂きました(司会朗読)

ケアの日々に「適切な医療」が加わる事で、患者様が穏やかになられ、介護者の負担が軽減する可能性がある。先生の講演を聴講頂きまずはその事を知って頂き、その上で、それがどれだけ家族の心身を救うか…と、言う事を、実際の声としてご家族の体験を通しお聞き頂いた訳です。

間違った診断、間違った投薬によって、どれだけの人が大変な思いをされているか。しかも、国の基準に縛られて、間違っていることすら気付かず、諦めの治療が漫然と継続された結果、そのしわ寄せが全て介護者に来ていると言うまぎれもない事実と共に、『適切な医療』の大切さを参加されたそれぞれのお立場の皆様に、幾重にもご理解頂きたいとの想いで、こうした構成とさせて頂きました。

開場時、休憩時、閉会時は、オルゴールのディズニーコレクションをBGMに用意しました。この音源は「α波オルゴール」と言い、美しい響きの中に“音のゆらぎ”があるそうで、それが聴く人の心と身体をリラックスさせる効果があるとされているものです。

日頃、心身共に疲労の多い環境に身を置いておられる皆様に、少しでも柔らかな時間をお過ごし頂けたら…と、思いました。

さて、当日の参加者は、やはり新型インフルエンザの影響からか、ご連絡のないままキャンセルされた方があり、総参加者数は242名でした。

南は鹿児島~、北は北海道まで。
本当に熱意をお持ちになられた皆様がお集まり下さいました。それは、アンケートの回収率からもわかります。なんと、約8割の190枚の回収です。

pencil書いたけど提出するのを忘れた…と、おっしゃる方もおられ、よろしければ、この記事のコメント欄をご活用下さいませ。

そして、会場では沢山の方に『kuririnさんですか?』とお声を掛けて頂きました。皆様にお会い出来、光栄でございました。

☆.。.:*・°☆突然ですが私信.:*・°☆.。.:*・°☆

北海道のH様。溶けていませんでした~heart04
ありがとうございました!!!ヽ(゜∀゜)ノ

☆.。.:*・°☆以上、私信でした.。.:*・°☆.。.:*・°☆

当日のスタッフは、私を含めて総勢16名が勢揃い。
そのほとんどが初対面の方々ばかりなのに、テキパキと業務を進めて下さり、お蔭で大きな混乱や問題を回避出来、滞りなく運営出来たのだと思います。

お世話になった皆様。
本当に本当に有難うございましたm(_ _)m
素晴らしいチームワークで、セミナーをお支え下さり、私は感動の連続です。セミナー終了時にはプロ集団になっておられました。

shine素晴らし過ぎる~cryingshine

で、飛び入りで撤収のお手伝いを下さった方もおられた様で、キチンとお礼も申し上げられず・・・申し訳ございませんsweat01

いずれにしても、レビーやその他認知症のご家族がおられる中、また遠い中、貴重なお時間を割いて駆け付けて下さった皆様です。
本当に有難うございましたm(_ _)m

で、私。
必死過ぎて全員で記念撮影するのcamera

忘れちゃったよぉsweat01sweat01

カメラ班を作っとけば良かった~と反省coldsweats01

さて、肝心の京都セミナーの報告をお待ちになっている皆様、詳細は後日ゆっくりアップする?できる?・・・わかりませんが、出来れば、参加された皆様より京都セミナー報告をこの記事のコメント欄にお願い出来ると嬉しいです。

どーも、私は客観的に見られなくなっていますsweat01

・・・って、言うか。

昨日、月曜。

みーちゃんはいつも通りに元気にデイへ出掛けて行きました。
その後、私は京都セミナーをお世話になった皆様に、お礼のメールやら、可能な方には電話やらで、1日を過ごしました。

全てが終わった時には、もう、今日になっていました。それでも、まだまだ漏れている方がおられたかも知れませんsweat01

改めて、どれ程多くの方々にお支え頂いていたことだろう・・・と、胸がいっぱいになるのでございます。

。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。

てな訳で、手首も目も、そろそろ限界。

またしても参加された皆様にお助け頂こうと言う、何処までも甘えた主催で申し訳ございませんm(_ _)msweat01

最後になりましたが、私の準備不足で皆様にご迷惑やご不便をお掛けしたことも多々あった事と存じますが、どうかお許し下さい。

皆様、本当に有難うございましたm(_ _)m

(京都セミナー実況はこちらこちらにご掲載頂いてます!!)

長男さんnote、まろっちさんnote
本当に有難うございましたm(_ _)m

cloverブログランキングに参加していますclover
Photo_3 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (9)

2009年5月31日 (日)

精一杯準備しました

    ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/79歳)は、初期のレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

と、言う訳で、、、
 new今日のお話しは↓↓ココからnew

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 京都セミナーは

      いよいよ

shineshine本日開催ですshineshine
(右サイドバーに専用バナーを常設しました。ご利用下さい)

☆.。.:*・☆.。.:diamond 御 礼 diamond*・☆.。.:*・°☆

昨日は沢山の応援コメントを本当に有難うございました。

。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。

本来でしたら、おひとりづつにお返事をしたいところではありますが、ご容赦下さいませ。

また、今日、スタッフとしてお手伝い下さる皆様には、おひとりづつお願いのご挨拶等メールをお送りしたかったのですが、その時間すら見つけることが出来ませんでした。お世話になりますがどうかどうか宜しくお願い致しますm(_ _)m

そして、ご来場の皆様には、どうかお気を付けてお越し願いますよう心からお待ち申し上げておりますhappy01shine

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

昨日は準備の最終日。

ユーリイカさんにお世話になりながら、皆様にお渡しする資料等のチェックと備品チェック、受付、誘導手順等、確認させて頂きました。

ユーリイカさんnote本当に有難うございます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

今日のこの日を、首を長~くして待っていたのは、勿論みーちゃん。

着て行くお洋服も決まりご機嫌ですhappy01

我が家で一番準備万端なのは、みーちゃんかも知れません(笑)

まったく、羨ましい限りですsweat01

京都セミナー&懇談会。
最後までひとつひとつ丁寧に踏ん張りますrock

皆様、本当に有難うございます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

  祈sign01無事故開催&大成功sign03
crown5/31Drコウノ認知症セミナー in 京都crown

cloverブログランキングに参加していますclover
踏ん張れ私 rock↓応援クリックはココwinkポチッ♪とよろしく
shinePhoto_3 

 

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (6)