2015年12月30日 (水)

年越し…奇跡のよう

    ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/86歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

Photo

(以下、「抗認知症薬の適量処方を実現する会」より転載)

一般社団法人 抗認知症薬の適量処方を実現する会では、抗認知症薬の増量(疑いも含む)により惹起された副作用が原因で、服用する前と比べて認知症の症状が悪化された方のご家族、及びそのような患者さんを診察した医師の方々から、その経緯や情報を募っております。
その情報を集計し、厚生労働省より何らかのご指導を出していただくことを目的としております。

Photo_2

患者家族および介護関係者からのご報告も受付中です。お心あたりのある方はどうぞ、将来の我が国の認知症治療がより適切なものとなるよう、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

フォームご入力に際しては、当該サイトの注意事項をよくお読みください。

Photo

書籍のご案内…家族との穏やかな時間を守るために知っておきたいことが書かれています。お薦めです。

Photo

12月30日 水曜日

 
 
 
冷え込みの厳しい京都です。
 
 
 
おっとは今日から年末年始の休暇がはじまりました。
 
 
 
お昼にはみーちゃんの昼食にあわせ、おっとが見守りに病院へ出向いてくれました。
 
 
 
昨年の12/30は、みーちゃんが退院して24時間の在宅介護が再開した日でした。(⇒過去記事ご参照)
 
 
 
 
あれから一年が経ち、お蔭様でみーちゃんは低空飛行&エコモードながらも、マイペースで落ち着いた日々を過ごしております。
 
 
 
なので、私達もそれなりに穏やかな生活を営んでいるものの、生活の中心はやはりみーちゃんであることに変わりない2015年でした。
 
 
 
2月下旬、みーちゃんを病院へお願いして以降、いつ何があってもおかしくない…という緊張感に包まれながら、精一杯の毎日を繋ぎ…明日は大晦日を迎えます。
 
 
 
Photo
 
 
 
おっとと2人、歳の瀬の買い物へ出掛けました。
 
 
 
今年は病院で年越しになるみーちゃんですが、何か喜んでくれるものはないだろうか…と思っていたら、良いものを見つけました。
 
 
1
 
初春らしい朱色の二段重です。
 
 
一の重は、小さな小さな金平糖で彩られ…
 
 
 
二の重は、縁起物のお干菓子が詰められています。
 
 
 
お口の中でほろほろと溶けるので、もう、多くの食べ物は受け付けないみーちゃんでもお腹の負担にならず、お口も、見た目も、楽しんでもらえたらと思いました。
 
 
 
実はこの二段重…とても小さいです(^^)
 
 
2
 
ほらね(^^;)
(あ…私は未だガラケーユーザーですcoldsweats01)
 
 
 
 
このお重を、とびきり小さな風呂敷で包み、届けようと思いますpresent 
 
 
 
Photo
 
 
明日は大晦日。
 
 
 
28日には玄関のお飾りを済ませました。
Photo
 
 
 
みーちゃんは病院だけど、今年も3人で年越し予定のkuririn家です。
 
 
 
 
ささやかながらもお正月の準備が出来る今を、奇跡のように感じています。
 
 
 
ホントに嘘みたいですconfidentshine
 
 
 
今年2015年は、まばらなブログの更新でしたが、それでもご訪問頂きkuririn家を見守り続けて下さっている多くの皆様に心から御礼を申し上げ、今年最後の更新とさせて頂きます。
 
 
 
2016年もどうぞよろしくお願い致します。
 
 
 
 
皆様、よいお年をお迎えください。
                       2015.12.30 kuririn
  Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

Photo

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。

実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

|

2015年6月29日 (月)

金沢へ

 

     ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

Photo_2 介護な日々のお役立ちサイトです(^^)/

こちらの記事でご紹介した通り、まずは無料でお試しができます。

Banner_oyalog300_120kuririn_fw

07b0117当ブログ読者さんだけのスペシャル企画07b0117
新規登録時に紹介番号「339582」を入力すると特典presentがあります。尚、詳細なお問い合わせは「おやろぐ」事務局へお願いします。

 

Photo

わたくしkuririnも取材協力させて頂きました。

良書です!

 

今日のお話はここから

 

6月29日 月曜日

 

 

昨日28日、私は金沢へ参りました。

Photo_2

前回こちらを訪れたのは、おしゃべり会「きときと組」に参加させて頂いた時で、奇遇にも、その時も6月下旬のことでした。

 

 

小雨の金沢はひんやりとして肌寒く、念のために持参したジャケットが役立ちました。

 

 

金沢駅は北陸新幹線の開通で、以前訪れた時よりも人が多く活気に溢れていました。

 

Photo_3

ははは~~(^0^)。
ステキなキャッチです。

 

Photo

 

 

みーちゃんは本日も低空飛行中airplane

 

 

スゴイもんです。

 

 

この10年、レビー小体型認知症のみーちゃんと共に暮らし、その日々を支える中で私が大事だと肌で感じて来たことが2つあります。

 

 

ひとつは、抗酸化。

そしてもうひとつは、腸内環境。

 

 

(具体的なケアに関しては、過去記事として日々の記録がありますので、よろしければご参照ください。。。但し、情報量は膨大です^^;)

 

 

腸は『第二の脳』と呼ばれ、多くの神経伝達物質を作り出しているそうです。

 

 

そして、その原料は『食べ物』です。

 

 

だけれども、食べ物が上手く吸収されず栄養が活用出来ない状態の『腸』だったとしたらどうでしょう。

 

 

DLBケアとして、また、DLB予防の観点から色んなコトが頭ン中をぐるぐるtyphoonした一日でした。

 

 

Photo  

Photo

 

 

この日の講師は、これまでからご著書などを拝読しつつ、一度じかに聴講してみたいと願っていたDrでした。

 

 

体の中で大切でない臓器などナイのですが、腸は、体内でも大きな臓器の1つで、その機能は想像以上に重要だったと再認識。

 

 

ホントに「知らない」ことだらけで、「知らない」ことの怖さを感じました。

 

 

以前、きらきら組でみずきさんから「リーキガット症候群」のご報告を伺い、ずっと気になっていたのですが、今回の講演で、これも決して無視できる問題ではないことを再認識した次第です。

 

 

これまでの10年は姑・みーちゃんとみーちゃんのレビーに向き合い続けた時間でした。

 

 

多くの束縛を余儀なくされ、仕事をはじめ多くの自由も失った10年ではありましたが、そのお蔭で気付き・学んだことは、私達がこれから生きる中でしっかり活かしませんと、ね。

 

 

特に、姑・みーちゃんの長男であるおっとに関してはDLB予備軍が否定できないと感じており、私は『発症させない』ことをこれまで以上に意識しながら今を暮らしています。

 

 

病気になりたくてなる人などイナイワケですが、それでも、原因がなくて起きる事象などないワケで・・・。

 

 

だったら、自分のアンテナでキャッチしたことを、自分のアタマで考えて、ワカラナイことはワカル方にお教え頂きながら、日々の生活の中でやれるところから見直し、その先に「健康な毎日」があるとイイな…と願い、いまを過ごしています。

 

 

ドダイ加齢は防げないものの、病気になって困るより、予防できることは意識してコツコツ暮らすことの方が良いですから、ね。

 

Photo

 

 

講演内容はブログに掲載OKと、先生からお伺いしておりますので、ぼちぼちと更新し、発信して行けたらと思います。

 

 

・・・はぁ・・・sweat01

 

 

・・・にしても、です。

 

 

数年前はこうした報告は割と得意で一気に書き上げられたのですが、今はそれが出来ません。
(-"-;)

 

 

私自身が更年期であることも関係しているでしょうけれど、自身のパフォーマンスの悪化・劣化を実感する昨今。

 

 

ま、これも私の人生に必要な時期と受けとめています。

 

 

で、まぁ・・・♪
今日もネコさん動画に癒されたりして(^^)…ネコと暮らしたいなぁ…

あまりにも可愛いので貼付。

あはは♪

 

 

皆様もどうか、くれぐれもお身体大切に。

Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

Photo

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (4)

2015年6月19日 (金)

いま優先されること

 

     ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

Photo_2 介護な日々のお役立ちサイトです(^^)/

こちらの記事でご紹介した通り、まずは無料でお試しができます。

Banner_oyalog300_120kuririn_fw

07b0117当ブログ読者さんだけのスペシャル企画07b0117
新規登録時に紹介番号「339582」を入力すると特典presentがあります。尚、詳細なお問い合わせは「おやろぐ」事務局へお願いします。

 

Photo

わたくしkuririnも取材協力させて頂きました。

良書です!

 

今日のお話はここから

 
 

6月19日 金曜日

 
 
 
 
この頃よく昨年のことを回想します。
 
 
 
 
昨年の今ごろは何してたかな・・・って。
 
 
 
 
そして、ブログを遡り自分の過去を覗いてみると、一瞬で当時の心情がぶぁ~~~っと噴き出して来ます。
 
 
 
 
昨年の今日、みーちゃんのポート埋め込みが決まったと過去記事に記録があります。
 
 
 
 
 
みーちゃんが『要介護5』に認定されたのが昨年の6月で、それまで概ね毎日更新して来たブログでしたが、それを維持するのが不可能になって来たのもこの頃からでした。
 
 
 
 
中心静脈栄養を決めたことで、昨年の夏を無事に乗り切り、体重も増え、体力も免疫力も回復し、10月には家族で温泉旅行に出掛けられたのでした。
 
 
 
 
 
おっととギャラリーの2人の息子に囲まれて、みーちゃんは至福の時を過ごしたのですが、それは息子2人にとっても掛け替えのない想い出になったことでしょう。
 
 
 
 
 
この時間を持てただけでも、あのタイミングで中心静脈栄養を選択した甲斐があった、というものです。
 
 
 
 
Photo
 
 
 
 
みーちゃんは今日も低空飛行中。
 
 
 
 
病院の体重測定では、入所以来1.7kgの体重減少だそうで・・・。
 
 
 
 
 
毎日のペースト食を高カロリーのものにシフトするとおっしゃっていましたが、この梅雨時期に消化に負担のかかる内容にするのは、逆流を助長しないだろうか・・・と、若干の懸念を抱いています。
 
 
 
 
 
とはいえ、様々な難問を抱え、それらが全てシビアなステージにある今のみーちゃんを、在宅でトータルに看られる程の医学的知識が私にはない。
 
 
 
 
 
無表情なみーちゃんを見ると、時折、連れ帰りたい衝動に駆られてしまう。
 
 
 
 
 
お家で、くま先生や訪看さんや訪問入浴さんに囲まれ、ワイワイと賑やかにして頂いて、楽しそうにニッコリ笑うみーちゃんが思い出されてならない。
 
 
 
 
 
それは本当に大変な毎日なのだけど。
 
 
 
 
Photo
 
 
 
 
おっとにそんな話をした。
 
 
 
 
 
私 「私、少し元気になって来たからかな。
 
   時折みーちゃんを連れて帰りたくなる」
 
 
 
 
 
夫 「無理やて。
 
   気持ちは有難いけど、止めとこう。
 
   またkuririnちゃんが倒れるのは
   目に見えてる」
 
 
 
 
私 「・・・・かもね(^^;)」
 
 
 
 
 
夫 「幸い今おフクロは落ち着いてる。けど、
   いつ急変してもおかしくない状況に
   変わりはナイし、全身状態も厳しい。
 
   kuririnちゃんが
   いくらか落ち着いてくれる所まで
   おフクロも頑張った、言うことや」
 
 
 
 
私 「あなたも、ね。」
 
 
 
 
 
夫 「このまま急変なく
   老衰が進んでいよいよ、となった時、
   最期は家で看取れたら…と思てる。
 
   その時こそ、またkuririnちゃんに無理を
   頼まんなん時が来るかも知れん。
 
   そやから、その時までゆっくりと
   身体を休めておいてほしいねん」
 
 
 
 
私 「そうだね」
 
 
 
 
 
夫 「悪い、思てる・・・。
 
   kuririnちゃんの10年を
   こんな形で過ごさせてしまって。
 
   身体も壊してしまったし・・・。
   ホンマに申し訳ない・・・。
 
   長年の疲れを回復させるのに
   まだまだ時間もかかるやろうしなぁ…」
 
 
 
 
 
私 「私達もどんどん歳をとるね。
 
   ヤバいね(^^;)」
 
 
 
 
 
 
夫 「ん?
 
   ホンマやなぁ(^0^)」
 
 
 
 
 
Photo
 
 
 
 
私はこれまで、『なぜそこまで出来るのですか?』とみーちゃんのお世話に関して、大勢の方から質問を受けて来た。
 
 
 
 
答えは明解で、「おっとがそれを望むから」。
 
 
 
 
けれど今のおっとの願いは「私が心身の健康を取り戻すこと」。
 
 
 
 
だから今は、養生に専念したいと思います。。。避けることのできない来るべき日に備えて。
 
 
 
 
 
・・・にしても…(¬_¬)おっとには・・・
 
 
 
 
 
もう少し早く気づいて欲しかった・・・sweat01sweat01
Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

Photo

 花を贈るなら日比谷花壇

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (6)

2015年4月 2日 (木)

「みーちゃんと桜」な歳月を振り返る

     ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/85歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され2014年6月から要介護5になりました。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

Photo_2 介護な日々のお役立ちサイトです(^^)/

こちらの記事でご紹介した通り、まずは無料でお試しができます。

Banner_oyalog300_120kuririn_fw

07b0117当ブログ読者さんだけのスペシャル企画07b0117
新規登録時に紹介番号「339582」を入力すると特典presentがあります。尚、詳細なお問い合わせは「おやろぐ」事務局へお願いします。

 

Photo

わたくしkuririnも取材協力させて頂きました。

良書です!

 

今日のお話はここから

 

4月2日 木曜日 

 
 
 
今日は快晴sun
 
 
 
 
京都市内はどこも大変な人盛り。
 
 
 
 
 
今、桜が満開です。
 
 
 
 
毎年みーちゃんと一緒に愛でて来た桜が、今年も美しく咲きましたcherryblossom
Photo
 
Dsc02618
 
みーちゃんが入院する病院の近くにも京都有数の観光名所があり、そちらの桜も美しいのですが、病院からは見えません。
 
 
 
 
更に、みーちゃんのベットはナースステーションに近い廊下側なので、殺風景なものです。
 
 
 
 
せめて、見慣れた景色を画像で見せてあげようと思いましたが、今日は覚醒がイマイチで(^^;)、みーちゃんはレビーらしさが満開でしたsweat01
 
Photo
 
 
毎年、みーちゃんと歩いて来た桜のトンネル。
 
2014年4月2日
Dsc02611
(画像↑/2014.04.02撮影)
 
 
色とりどりの桜に大喜びのみーちゃんでした。
 
 
2013年4月1日
Dsc00846
(画像↑/2013.04.01撮影)
 
 
2011年4月7日
24bit02
(画像↑/2011.04.06撮影)
 
 
2009年4月11日
200948_046
(画像↑/2009.04.08撮影)
 
2008年4月11日
1
(画像↑/2008.04.08撮影)
 
 
 
2007年4月9日
20070408_002
 
 
みーちゃんのお世話に奮闘した10年の歳月。
 
 
 
 
膨大な数の記録画像。
 
 
 
 
振り返るのはまだ早いけれど(^^;)、自分なりに精一杯頑張って来て良かったな、と思いながら、いま私は自分の心と身体のメンテナンスを最優先しながら養生の日々を過ごしております。
 
 
 
Photo
 
 
今年も見事な桜が咲きました。
Photo
 
みーちゃんに桜を見せてあげようと、ひと枝頂きたいところですが、桜に申し訳なくて枝を折ることが出来ずにいます。
 
 
 
 
レビーさん特有の日内変動の威力(?!)を発揮(?!)して、明日はみーちゃんに桜の画像を楽しんでもらえるとイイな、と思います。

Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

  花を贈るなら日比谷花壇

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

Mo54最後までご覧頂き有難うございましたMo54

 「読みました」のクリックArrow_downはここネwink

   

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

  花を贈るなら日比谷花壇

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

GSHは加齢やストレスで減少するグルタチオンを体内で生成するサプリです。毎日の摂取で不足分を補うのに役立ち、グルタチオンを「身体に溜める」という考え方で作られており、安心・安全の国内産で医療機関向けです。認知症のご本人のみならず、介護する私達自身の疲労緩和を考えるのも非常に大事ですね(^^)。
実は…( -ノェ-)コッソリ
関節リウマチのkuririn愛飲中♪高い抗酸化力と解毒作用に助けられています。
         
衣類に貼る黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。内服しなくて良いので安心ですね。

| | コメント (2)

2014年4月14日 (月)

少し変れるかも

  ご訪問頂きありがとうございます♪
     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/84歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

 

今日のお話はここから

 

4月14日 月曜日 はれsun

 

快晴の朝です。

 

 

ただ今みーちゃん♪今月第2弾のショート中。

 

 

今日は私のひとりごとです。

 

 

みーちゃんはショート前に「二コリン&グルタチオン」を静注で投与してから出発したので、ショート利用中はしっかり覚醒して程よく落ち着き楽しく過ごしてくれるだろうと推測しております。

 

 

・・・と、申しますか、私自身が安心して心身を休めたい…と言う希望的観測の裏返しでもあるワケですが。
σ(^◇^;)

 

 

12日の土曜日にみーちゃんと一緒にグルタチオンの投与(2回目)を受けた私は、お陰様で全身の凝りや疲れが随分と楽になり今を過ごせており、心の凝りまで溶けつつあるような気分です。

 

 

昨秋以来ショート中はみーちゃんを送り出した段階で「ほっこり」してしまい、電池が切れたかのようにパタン!!と倒れ込み身体が求めるまま睡眠を貪り過ごさないことには、どうにも動けない時もあり、QOLはまったく酷いモノでした。(ノω<。)

 

 

けれど、今日はこれまでと確実に違うと実感しています。

 

 

 

片付けたい事柄に対し、キチンと心と身体とアタマがついて来ます。

 

 

嬉しいです。

 

 

疲れていると、気持ちはあっても身体が付いて来なくて、みーちゃんの用事だけは最優先で片付けられるのですが、気付くと自分のことは何でも後回しで結局何も出来ず仕舞い。

 

 

そして、やりたいことややらねばならない事がどんどん山積して行くにもかからわらず、少しでも時間が空いたら、眠る・・・という日々がありました。

 

 

でも、少し変れそうです。

 

 

やはり身体が元気でないと、心も元気でいられないし、アタマも十分には働かず、何もはじめられないのだと痛感する今日です。

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54

ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
    

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。
      
アロマパッチ↑は、レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

消費税、増税の前に。

  ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/84歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

Photo

 

 

 

今日のお話はここから

 

 

3月18日 火曜日

 

 

ただ今、午前1時を過ぎました。

 

 

みーちゃんの今月第2弾のショートステイも本日まで。

 

 

お陰様で週末のおしゃべり会「関西きらきら組」に無事参加出来ました。

 

 

そして、今日の夕刻にはみーちゃんが帰宅します。

 

 

さぁ。。。どんな様子で帰宅するでしょうね。

 

 

Photo

 

 

みーちゃんがショート中とはいえ、私はやることがいっぱいで、なかなかブログまで手がまわりませんでした。

 

 

この頃は、疲れもなかなか取れないし・・・

 

 

・・・・(〃´o`)=3 はぁ。

 

 

さて。

 

 

今日は四方山話です。

 

 

kuririn家はただ今、和室が倉庫と化しております。  

Dsc02463   

全てみーちゃんの必需品ばかり(^^;)  

Dsc02467

メイバ〇ンス・ソフトゼリーはイチゴ味がお気に入りのみーちゃんです。

 

 

ただ、こういう賞味期限のあるものはストックするにも消費とのバランスがあるので難しく1箱が限界です。

 

 

みーちゃんの褥創予防対策に欠かせないペムノンとジューシオは3ケ月分のストック済。

 

 

排泄関連およびオムツの箱タワーを見ながらおっとと会話。

 

 

私 「災害とか不測の事態や非常時を考えると
   私達はナンとでもなるけど、みーちゃんは
   食事から排泄まで厳しい事だらけだね?」

 

 

 

夫 「ふーーーむ(-"-;)」

 

 

 

私 「もう少し買っとく(。・_・。)?」

 

 

 

夫 「置く場所、もうナイ(--;)」

 

 

・・・・確かに(-"-;)。

 

 

夫 「大きな地震来たら、倒れるで。
   このタワー。」  

 

 

・・・確かに(-"-;)

 

 

ただ今kuririn家では大型の買い物を予定しておりますが、コレも増税前に何とかしなくては。

 

 

が、まだ商品を選べていません(ノω<。)sweat01

 

 

早くしなきゃw(゚o゚)w、だわ。

 

 

 

たいへーんmoneybagsweat01

 

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54

ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
    

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。
      
アロマパッチ↑は、レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

ストレスに負けない自分づくり

  ご訪問頂きありがとうございます♪

     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/84歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

Photo

Photo_3 タブレット3兄弟が新登場shine
(ご参考⇒過去記事)
フェルガードとの併用で各成分の微調整がカンタン&らくらくに可能sign03happy01

 

shine1粒でガーデンアンゼリカ50mgが美味しいラムネに。やめられないマンゴー味。ガーデンアンゼリカタブレット登場!

 

shine1粒でフェルラ酸約100mgのラムネタイプ。爽やかな柚子風味!美味しいフェルラ酸タブレット登場!

 

shine1粒で約50mgのギャバが美味しいラムネタイプに。優しいローズな味わいがクセになるのギャバタブレット登場!

3兄弟とも、とにかく美味しくて、水にもすぅ~っと溶ける使いやすさですokokok

 

( -ノェ-)コッソリ・・・
気持ちを落ち着けるギャバはみーちゃんだけではなく、私自身も日常的にポリポリ食べております(^^;)
特に、イライラ時はフェルラ酸タブレットと共にちょっと多目に食べるのがコツかな?smilescissors

 

右サイドバーにバナーを常設。
どうぞご利用くださいヽ(゜∀゜)ノ。

今日のお話はここから

 

2月25日 火曜日

 

 

今日は昨日までとは打って変わってsunポカポカ。

 

 

花粉がドッサリ飛散する気配を感じます。

 

 

本日夕刻には、今月第3弾のショートからみーちゃんが帰宅します。

 

 

ショートに送り出した時のみーちゃんのコンディションは、心身ともに近年では『最も良い状態』と言っても過言ではない印象で、日々の薬剤調整とあわせ直前に受けた「ニコリン1000mg&グルタチオン800mgの静脈注射」の効果がこれに貢献したと考えております。

 

 

そんなワケで、おかげで今回のショート中は施設さんから一度も連絡がなく、私は心穏やかに自身のリフレッシュができました。

 

 

ただ、みーちゃんは、出発前に1人勝手な(?)判断で特養入所の申込をしたことで、2人の息子達=おっと&ギャラリーから総スカンを浴びたままショートに突入。

 

 

どんな心地でここ数日を過ごしたことでしょうね。

 

 

おっとの方は、今日夕刻帰宅するみーちゃんに対し「いつも通りに接する」と言い残し出勤して行きましたが・・・。

 

 

・・・どうなりますやら(^^;)

 

 

Photo

 

 

みーちゃんを今回のショートへ送り出す前夜の私の睡眠時間は2時間程でした。

 

 

みーちゃんを送り出したあと、どうしようもなく肩と腰が重く首の可動域も小さいので、リンパドレナージュに行きました。

 

 

135分の施術ではもの足らず、45分のオイルフットを追加。

 

 

帰宅後はコントレックス1500mlを飲み、読書しながら半身浴でたっぷり汗をかいてデトックスに励み(?)心地よい疲労感のまま早寝sleepy

 

 

翌朝は5時頃スッキリ目覚めeye、深夜型になりつつあった体内時計も見事にリセットされ、今回のショート中は眠剤を服用しなくても自然に眠れて自然に目覚められた、何とも嬉しい毎日で、ストレスに負けない自分づくりの大切さを改めて意識した次第です。

 

 

ま、そんな生活も今朝までなのですが(^^;)、こうした気持ちで過ごせるのも、良いコンディションでみーちゃんをショートへ送り出せたからだと思います。

 

 

次回もみーちゃんが可能な限り良い状態で無事にショートが利用できるよう、今夜からの在宅期間中はまたみーちゃんのコンディション維持・回復に努めましょうか。。。

 

 

とりあえず、私の方も準備万端。
さぁ、どっかでもかかってらっしゃい!(笑)

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54

   ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
      

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。
       
アロマパッチ↑は、レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

フラワーエッセンス

  ご訪問頂きありがとうございます♪
     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/84歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

 

 

今日のお話はここから

 

2月4日 火曜日  曇り時々晴れ?

 

 

ナント!ほぼ1週間ぶりの更新ですpencil

 

 

 

トンでもなくバタバタしていたら、いつの間にか2月になり、今日は早や4日。

 

 

 

ただ今みーちゃん♪ショート中。

 

 

 

明日の夕刻帰宅します。

 

 

 

今回のショートは左足の浮腫みがとれないまま送り出しました。

 

 

 

出発する日の朝には、皮膚に触れるだけで痛みを感じるらしく・・・嫌な予感(--;)

 

 

 

ただ、歩行時には痛みを感じないそう。。。不思議やわぁ。

 

 

 

とりあえず、明日帰宅した時点で、左足の様子をみて、対応を考えたいと思います。

 

 

 

そんな訳で、ただ今わたしく気持を切り替え、ようやくのんびり&まったり過ごしております。

 

 

Photo

 

 

先日友人からフラワーエッセンスをプレゼントpresentして頂き、飲み始めました。

 

 

ダンディライオンのシングル。

Dsc02341   

コレを用いるのはこんな時なのだそう・・・

 

・完璧主義、優等生タイプ  

・力み過ぎて筋肉が緊張してしまう

・常に活動的で多忙

・先々まで計画し計画通りに実行することにこだわる

・人にも自分にも厳しく禁欲的

 

 

 

あはは;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。私だ!私。
笑っちゃうくらい、最近のわたし。

 

 

エッセンスからのギフトとして・・・

 

・心からリラックスして楽しめるように促す

・滞ったエネルギーの解放を促す

・自他に対する厳しさを和らげるのを助ける

・家族の重要性を再認識するように促す

 

 

のだとか。。。有難いですね。

 

 

 

まずは、カップ1杯のミネラルウォーターに2滴から開始。

 

 

ぐびぐびと飲み干し程なく、全身から力みが抜けほっこりした感覚に包まれました。

 

 

今日はみーちゃんが不在なので、そのせいもあるのでしょうけれど、おっとと2人でしばらく続けてみたいと思います。

 

更には、ただ今ローズの香りにも包まれております。

 

つい先日、「空気洗浄機」なるものを購入。

Dsc02345

みーちゃんのお部屋のニオイを緩和しようと購入したのですが、ただ今は私の側で爽やかな空気を放ちつつ活躍中です。

 

 

そんなこんなで、癒されながら過ごしております。

 

 

 

でね♪

 

今日は先週1/25開催のレビー小体型認知症介護家族おしゃべり会ネットワーク「関西きらきら組」の報告記事をアップするつもりでしたが、やめました~。

 

 

早速フラワーエッセンスの効果がsign02

 

 

 

(*´艸`*)ごめんなさいね~heart02
近日中にアップしますので、ね♪

 

 

 

明日の夕刻みーちゃんが帰宅するまで、しばしまったり過ごさせて頂きますね。

 

 

心配をかけていた友人と友人ファミリーに感謝shine

 

 

ではでは皆様paperごきげんよう。
kuririn

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54
ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
    

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。
      
アロマパッチ↑は、レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。

| | コメント (4)

2014年1月29日 (水)

診断は大事。でも、治療はもっと大事。

  ご訪問頂きありがとうございます♪
     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/84歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

  

 

  

今日のお話はここから

  

レビー小体型認知症の画像診断技術が、我が国でまたひとつ増えます。

  

以下にリンクを貼らせて頂きます。

  

  

Photo

   

【以下、転載開始】 

 

日本メジフィジックス レビー小体型認知症を診断薬発売

公開日時 2014/01/28 03:52

日本メジフィジックスは1月27日、3大認知症の一つのレビー小体型認知症とパーンキンソン症候群の診断薬ダットスキャン静注(イオフルパン ヨウ素123)を発売したと発表した。

  

  

両疾患は運動機能に関与するドパミン神経の変性、脱落を特徴としており、ドパミンを再取り込みし貯蔵する役割を持つドパミントランスポーター(DAT)が少なくなる。

  

  

同剤はDATの分布を画像化して診断する(シンチグラフィ)薬剤で、既存の診断情報と組み合わせることで、診断精度を向上させることが期待されるという。

  

  

レビー小体型認知症は、半数を占めるアルツハイマー型に次いで多いといわれ、脳血管性認知症と同程度の2割程度を占めるとされ、近年注目されている。

  

  

エーザイは昨年の13年10月、アルツハイマー型認知症治療薬アリセプト(一般名:ドネペジル塩酸塩)の適応に、レビー小体型認知症を追加する承認申請を行っている。

  

  

ダットスキャンによる診断は欧米では標準的診断法として位置づけられており、海外34の国・地域で承認を取得している。

  

  

厚労省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」で開発の必要性が指摘され、同省から開発要請されていた。

 

  

薬価は5万6162円(1筒167MBq)。1バイアル(111~185MBq)を静脈内投与し、投与後3~6時間に頭部のシンチグラムを得る。

 

【以上、転載ここまで】

   

Photo

  

この話題は、昨秋・新横浜で開催のレビー小体型認知症研究会で発表があり、知ってはいました。

  

  

早期診断で早期治療が叶い、予後が健常な方と変わらず過ごせるようになった時、『レビー小体型認知症は克服できる』と言えるようになるのでしょうね。

  

 

病型の鑑別・診断は大事。

  

  

けれど、その先の治療が適切に行われないと…ね。

  

  

アリセプトは素晴らしい薬なんだろうけど、用量が問題。

  

 

どんな高額な検査をして鑑別したとしても、その後、適切な治療に結びつかないと意味がない。

  

  

レビー小体型認知症は海馬の委縮が軽い場合も多く、CTやMRIなどの形態画像検査での特定は困難な場合も少なく無い。

  

  

みーちゃんはアルツハイマー病との鑑別のために、

・脳血流シンチで後頭葉の血流低下を確認
・MIBG心筋シンチにおける集積低下の確認

を受け、診断に至った。

  

これが2007年10月のことだから、今から思うと当時にしては進歩的な検査で診断を受けたことがよくわかる。

  

  

そして今般、欧米では「ダットスキャン」の名称で用いられてきた検査が日本でも承認される運びとなった。

  

  

ドパミントランスポター(DAT)の再取込低下は、パーキンソン病・レビー小体型認知症・進行性核上性麻痺・多系統委縮症などでもみられるため、これらの鑑別には使えないものの、誤診されやすいアルツハイマー病との鑑別には有用と言われている。

  

  

・・・と、言うか(--;)。

  

  

高額を支払いレビー小体型認知症と診断できても、高用量のアリセプトを処方されたんじゃあ・・・元も子もないような気がするのだけど。

  

  

ま、それで効果のある方にとっては有益なワケだけど。

   

  

ちまたでは、まだまだ「認知症=アルツハイマー病=アリセプト処方」と考える医療者が多いので、レビー小体型認知症の人達の薬害による悲劇が一向に減らない現実を見聞きするたびに、強い憤りを感じてしまう。

  

  

くれぐれもレビーの方の場合「アリセプト+リスパダール」という処方には注意しましょう。取り返しのつかない事態になりかねませんので、ね。

  

  

しつこいようだけど、アリセプトがレビー小体型認知症に適応となったとしても、用量には最大の注意を払いたい。  

  

  

その人にあった「適量」が、医師の裁量で認められるといいのだけど。

  

Photo

  

 

現在進行形のレビー小体型認知症の介護家族の1人として、少なくともみーちゃんのように早期発見・早期治療で、レビーを患いながらも家族と共に人生を謳歌できるケースもあるのだから、最初から諦めていては勿体ないことをこのブログから感じて頂けると嬉しいのだけど。

  

  

そして未来には、私が経験したわずかな苦労さえ必要のなくなる時代=「レビーが克服できる」時代が到来することを、心から祈りたい。

  

  

だって、我が家にはレビー予備軍のおっとがいるんですもの(^^;)

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54
ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
    

(コメント欄はオープンにしておりますがお返事出来ない場合はご容赦ねがいますm(_ _)m )

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。
      
アロマパッチ↑は、レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。

| | コメント (8)

2013年11月28日 (木)

ショートステイに救われる。

   ご訪問頂きありがとうございます♪
     管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/84歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?

Photo

画像提供のご協力をよろしくお願い致します。

お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

Photo

 

今日のお話はここから

11月28日 木曜日

 

昨日からみーちゃんは6泊7日のショートステイへ出発致しました。

 

 

もしも、今回のショートをキャンセルするような事にでもなれば、私はまたしても完全にダウンしていたと思います。

 

が、気力を振り絞りギリギリところで持ちこたえ無事に送り出せ、今回のショートステイには本当に助けられた思いが致します。

 

 

併せて、今週はおっとが休暇(夏休み?)だったことにも救われました。

 

 

本来なら2人で紅葉と温泉を堪能する旅へ…と目論んでいましたが、みーちゃんを送り出した瞬間より夫婦でバテ果て、とても×とてもそれどころではありませんでした。

ギリギリまで予約しなくてヨカッタですσ(^◇^;)。

 

 

おっとにしてみれば、仕事をしていた方が楽な今週だったことでしょうね(^^;)

 

 

今日は、飲まず食わずでベットから出たら17時前。

 

 

既にあたりは暗く、一体今日がどんな天気だったのかもワカリマセンsweat01
σ(^◇^;)テヘヘ。

おかげで幾分スッキリと身体が軽くなりましたup
疲れた時は寝るに限りますね(^^;)。

存分に寝たので、もう大丈夫rock

 

 

お昼前にケアマネさんから電話があったらしく・・・

 

 

ケ 「奥様はいらっしゃいますか?」

 

 

夫 「寝ています。
   疲れているので起こさずにいます」

 

 

ケ 「やっぱりねぇ・・・(--;)」

 

 

と、納得をしておられたそうです(笑)。

 

 

Photo

 

 

みーちゃんはこれまで通所していたデイケアを嫌がるようになり(理由は不明)、過日(11/19)ケアマネさんの訪問日にこれを自分で直訴していました。

 

 

この時、既に私はギリギリの状態でしたので、異論を唱えるエネルギーすらなく、ただ黙って聞いていました。

 

 

結局のところ、これまでデイケアには火曜と木曜の週2回通所させて頂いていましたが、これを従来から通所させて頂いているCデイさんとDデイさんに振り分け通所の増回が出来ないかお願いするに至りました。

 

 

そして今日、コレが何とかなりそうだという連絡を頂きました。

 

 

各事業所さんのおかげで、

・Cデイさん、週1日⇒週2日(木曜、日曜)
・Dデイさん、週2日⇒週3日(月曜、火曜、金曜)

という、週5日のデイサービス利用のリズムを崩すことなく、みーちゃんのワガママを乗り切れる目処がたちました。

 

有難や~~。人( ̄。 ̄;)

 

 

また、みーちゃんの入浴拒否をクリアできたばかりのCデイさんにおいては、私の中の懸案事項だった通所増回で、早速に『夕食持ち帰りサービス』を週2日に出来たのも重ねて有難いことでしたok

 

 

私がバテている間にもケアマネさんは、みーちゃん本人の希望と家族のレスパイトを両立させる迅速なお仕事ぶり。

 

 

こちらも誠に有難いです。人( ̄。 ̄*)

 

 

10月頃『ひとり暮らし』を訴えたみーちゃんに対しケアマネさんは、みーちゃん本人の希望と家族の負担軽減のため、一時的に有料老人ホームなどの利用を私達にお薦め下さっていました。

 

 

が、このところみーちゃんはパッタリと『ひとり暮らし』を口にしなくなりました。

 

 

なので現状では、週5日のデイサービスと月15日のショートステイを基軸に、当面は在宅維持を考えている私達です。

 

 

今回のショートからみーちゃんは12/3に帰宅します。

 

 

それまでマイペースで静養したいと思います。

kuririn

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54
ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
    

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

黒こしょうのアロマパッチは嚥下の廃用予防に有効とされています。
      
アロマパッチ↑は、レビー小体型認知症介護家族のあいだで「覚醒するね」「反応するね」と評判です!詳しくはこちらの記事とコメント欄でご確認下さい。

 

|

より以前の記事一覧