2013年2月24日 (日)

仕事の話

        ご訪問頂きありがとうございます♪
       管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/83歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?
Photo_2
お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

 

07b0117 .。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117

 

2013年4月4日(木)

13時45分~16時30分

20130404in

≪以下、チラシから抜粋≫

アルツハイマー型に次いで多く、約2割を占めるレビー小体型認知症。「第二の認知症」といわれ、いまもっとも注目されている病気です。

ただ、市民はもちろん、医師やケア職にもまだ知られていないのが現状……。

そのため、在宅や医療現場、介護施設などにおいては、さまざまなことが問題になっています。

私たちがいま望むのは、多くの人に「知ってもらうこと」、そして「関心をもってもらうこと」です。

 

by 主催:レビーフォーラム実行委員会

 

320

  

ご訪問頂いている全ての皆様にお願いです。

上記フォーラムの周知にご協力をお願い致します。

特に、ブロガーさんは上記画像をコピー頂きお持ち帰りもOKですので、何らかの形で開催のその日までご掲載のご協力をお願い致します。

開催周知の輪を広げて頂きたく、どうかよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

Photo

 

今日は、私の仕事のお話です。

 

先週2/17(日)、私はとても大切な仕事がありました。

 

前日16日(土)はリハーサルなので、この日からみーちゃんには今月第二弾のショートステイへ出発してもらいました。

 

が、直前の金曜にトラブル勃発dangerdangerのみーちゃん。

 

こうした事があると仕事にならない。

しかし今回は、前日の金曜日なのでまだ助かった方。

これが当日だったらと考えるとゾッとします。

 

金曜は本来なら翌日に控えたリハーサルの準備に、みーちゃんをデイに送り出してから集中して取り組む段取りでした。

 

が、デイをまさかのキャンセル。

 

急転直下の予定変更に、もうsweat01もうsweat01ドッタバッタの金曜日でした。

 

 

睡眠時間を削りながら、みーちゃんに関しても、仕事に関しても万全の準備を整え臨んだ先の週末でした。

 

Photo

 

2/16(土)・・・何とかみーちゃんを予定通りにショートへ送り出し、急ぎ準備をして私もリハーサル会場へ向かいました。

 

いくつかの課題を明確にしたのち、帰宅。

夜半まで入念な準備を重ね翌朝を迎えました。

みーちゃんが不在なので、仕事に気持ちを集中されられたのは本当に有難いことでした。

 

 

2/17(日)当日・・・とても寒い朝でした。

 

朝7時40分に普段お世話になっているサロンへ髪のセットへ行きました。

 

ヘアスタイルに関しては衣裳の雰囲気と合わせ事前にオーナーと相談を重ねて参りました。

 

おかげでイメージ通りのスタイルに仕上げて頂き、私もググッと気合が入りましたrock

Photo_2

  

9時半に会場入り。

各関係者様にまずはご挨拶まわり。

  

そして、控室で支度を整えます。

  

クライアント様の方で、私専属に着付の先生を迎えて下さっており、当日のゲストでもいらっしゃる某きもの学院の学院長のA様に着付て頂きました。

  

Photo_3

準備の段階で衣裳をあれこれ悩んだのですが、結局のところ帯は着物にあわせ、手描きの桜柄に決めました。

  

A様は、リハーサル中もずっと私の側に居て下さっていて、常にお衣装に着くずれがないよう気を配って下さっていました。

  

お蔭で、意識を仕事のにみ集中させることが出来ました。

  

当日リハーサルを終えた会場にて↓クライアント様の学院長と。

Photo_4

何と申しますか…本当に美しい方でして『凛』という言葉がぴったりの憧れの女性です。

  

女性の美しさとは、姿形だけではないことを感じさせてもらえるお1人で、ご自身が最も多忙を極めておられる当日なのに、ご来場の皆様おひとりおひとり、そして、外注スタッフである私にまで細やかなお気遣いを頂き、感謝と感動の一日でした。

  

心と技を磨き続けておられる方だからこそ、私自身がまことの心を尽くし、微力ながら何としても会を成功させる為に自身の役目を果たしご期待に応えたいと真に思える方なのでした。

 

実際に大変なお仕事でしたし、今となっては反省もたくさんありますが、一方で、皆様に喜んで頂けたとしたらこんなに嬉しいことはありませんし、あの独特の緊張感を心地良く楽しく感じられたのは、すべて学院長の温かなお心あってこそと本当に有難く感じている次第です。

  

そうそう。

  

当日の様々な演出の中で、今年は花魁道中が再現されました。

その昔、江戸の吉原や大坂の新町とならび、京の島原にも江戸幕府公認の花街である廓(くるわ)がありました。

  

遊郭の女性の最高位を太夫とか花魁と呼びましたが、この日は、ステージで実際に花魁の着付が行われると共に、錦絵から飛び出したような花魁道中が再現されました。

  

花魁が足元に用意された黒塗りの三枚歯の高下駄を素足に履き、外八文字という独特の歩き方で道中一行が練り歩きはじめますと、場内は感嘆の溜息とフラッシュの嵐で得も言われぬ高揚感に溢れました。

 

そうした中、私はひたすらナレーションを勤めるワケです。

  

今年の秋は、パリでも花魁道中のお披露目が決まっているそうですが、さすがに私はパリまでは同行できません(笑)

フランス語なんて、ワカラナイし(爆)

  

以下、記念写真。

3

私のお隣の方は、世界的に活躍されているあるオペラ歌手の方。

日本・大和の心と美意識を豊かな旋律と言霊で表現されながら、当日は素晴らしい歌声を披露されました。

  

ご丁寧にCDブックを頂きましてpresent、こんな世界観もあったのね・・・と嬉しい出逢いでございました。

  

おっとはこの写真を見て、

  

夫 「kuririnちゃんの方は演歌歌手みたいや」

  

と。(--メ)

  

花魁のモデルさんとの2ショットで写真を撮れなかったのは、返す返すも残念なことでした(^^;)

 

 

さて、仕事の間、私は基本的に携帯電話の電源をOFFにします。

 

が、直前にみーちゃんのトラブルもあったので、少しのインターバルに携帯の電源を入れてみると・・・・(lll゚Д゚)

 

おっとからの着信が10件とメールで「連絡して」と短いメッセージが残されていました(ノω<。)

 

嫌な予感はしていたものの、結局は、ショートをお世話になっている施設さんの勘違いだったことが判明し、一件落着。

 

一瞬、肝を冷やしましたが、以降はまた気持ちを切り替え仕事に集中したのでした。

 

私は自身の危機管理として、健康管理はもとより、万一家族に最悪の事態が生じても、仕事を放棄することは許されません。

 

今回も勿論そのつもりで臨んでいますし、おっともこれを理解してくれています。

 

が、常にそうしたリスクがあるので、余程のことがない限り、暫くは仕事をお引き受けしないことにしています。

 

 

Photo

 

無事に本編が終了したのちは、関係者で足洗い。

 

有難いことに大きなお花まで頂戴しましたpresent

Photo_5

家の中でも比較的気温の低い玄関に飾らせて頂いていますが、つぼみだったカサブランカが次々と開花して、とても良い香りがします。

 

 

ショートステイから帰宅したみーちゃんが、玄関の花を見てとても喜んでくれました。

 

 

み 「うわぁぁぁぁ~~ヽ(゜∀゜)ノ
   キレイやねぇーnote

 

 

私 「この間のお仕事で頂いたの。

   みーちゃんがお泊りを頑張ってくれたお蔭で
   無事にお仕事をさせて頂きましたよ(^^)

   ありがとね」

 

 

み 「そーんなことくらい(〃∀〃)デヘヘ」

 

 

 

そして、写真を見せてあげると本当に嬉しそうで(^^)学院長とのツーショットを手に

 

 

み 「kuririnさん、可愛いわぁnote
   えーわup。えーわup
       襟足も、ほんまキレイやぁ~。

   1人で写ってたらもっとエエのに(^m^)」

 

 

などと、身贔屓なコメントが炸裂で(笑)

この頃は目もちょっと・・・・?sweat01なみーちゃんです。

 

とは言え、私が仕事をすることをみーちゃんがとても喜んでくれるのは嬉しいことです。

 

本当はね、当日の華やいだ会場にみーちゃんを連れてあげられていたらもっと素敵だったんだろうけど、そうすると私が仕事にならないから・・・ね。

ごめんね。

 

そして、最後にみーちゃんがひとこと言いました。

 

 

み 「〇〇(←おっと)は、
   エエお嫁さんをもろた(* ̄ω ̄*)」

 

 

って(笑)

 

一番満足してくれたのは、みーちゃんだったようです。

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54
ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
  

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

   140を超える医療機関で採用!認知症介護食品「Newフェルガード」
flairご購入は信頼出来る↑正規一次代理店でclover
   
virgo京のすっぴんさん↓絹肌べっぴん国産BBクリームvirgo
   「京のすっぴんさん」無添加60秒メイク
   透明肌!無添加フェイスパウダー「京のすっぴんさん」

| | コメント (6)

2013年2月 8日 (金)

今月の仕事に向けて

  ご訪問頂きありがとうございます♪
       管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(姑/83歳)は2007年にレビー小体型認知症と診断され現在は要介護3です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

Photo 認知症のご家族の手足の親指に変形はみられませんか?
Photo_2
お気付きになられたことをコメント欄でお聞かせ下さい。詳細はこちら

  

07b0117 .。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117.。.:*・°07b0117

 

この2月、私はひとつ大きな仕事を抱えております。

  

それは、昨年2010年にもkuririnさんにお願いしたい、とのことで、断りきれずにお引き受けしたお仕事。

  

昨年は成り行きでスパンコールの振袖に袖を通すことになり・・・(汗)

  

今年は「自前」を通すべく、衣装選びにアレコレと思いを巡らしております。

  

昨日はその下準備として、長姉宅へ出向き着物と帯の相談会。

     

みーちゃんとの同居がきっかけで、わが家に置く場所のなくなった着付用ボディも長姉宅に預かってもらっていることから、実際に着付て客観的に見てみることにしました。

 

当日の会場は、TPOとして「訪問着」が相応しい場所になります。

  

季節としては梅柄が最もふさわしい時期ですが、色々と悩んだ挙句、今回は最終的に、待ち侘びる春を想い(?)全面が桜柄の訪問着にしようと決めました。

    

さて、問題は帯。

あれこれ結び眺めながら考えました。 

4

いずれも袋帯ですが、非常に迷っています。

  

織りと、刺繍と、手描きで、それぞれ格のある帯ですが、持ち味から雰囲気が随分と異なります。

  

帯結びはいずれも二重太鼓で、全通と六通の帯は、垂れと太鼓の柄がひとつの続き柄になるよう、また、ポイント柄は手描きの柄が最大に出るよう、それぞれ結びました。

5   

「着物一枚に帯三本」とは聞きますが、確かに、着物も小物も同じなのに、帯が違うだけで印象が異なります。

  

目の肥えた方々の集いですので、クライアント様に恥をかかせないよう、履き物に小物、髪型もあわせ、トータルでどのように仕上げるかまだまだ悩んでおりますが、こうした悩みは女性の醍醐味でもあるなぁ…と楽しみながらも、本当に頭の痛いことです(^^;)

  

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

  

楽しみながら悩んでいると、姉がお茶をたててくれました。

Dsc00603

お点前を頂きながら、ホッとひと息japanesetea

  

姉と、昨年は母の手術・入院と重なり厳しい状況を切り抜けたことを回想しつつ、そう思うと今年はなんと有難いことかとしみじみ話しました。

    

私の仕事の舞台裏。

  

本格的な稼働は出来ないものの、これまでのご縁を大切にしつつ、今は今出来ることを精一杯頑張るしかありません。

  

週末のリハーサルに向け、夜は分厚い台本を読み込む日々が続いておりますが、ショートステイを駆使しながら、一時的ではあれ仕事に浸れる幸せを感じております。

Mo54最後までご覧下さり有難うございますMo54
ここをクリックArrow_down頂けると嬉しゅうございます!!
  

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

   140を超える医療機関で採用!認知症介護食品「Newフェルガード」
flairご購入は信頼出来る↑正規一次代理店でclover
   
virgo京のすっぴんさん↓絹肌べっぴん国産BBクリームvirgo
   「京のすっぴんさん」無添加60秒メイク
   透明肌!無添加フェイスパウダー「京のすっぴんさん」

| | コメント (8)

2012年3月19日 (月)

スパンコールの振袖で

実物の私をご存知で、ブログもご覧下さっている方々にお会いすると、良く言われます。

 

キラキラの振袖はどうなったの?」と(笑)。

 

昨年の夏、お断り出来ずにたまたま受けた仕事の本番が、母が入院中の2月だっただけに、皆様は母をご心配下さって色々とお尋ね下さるのですが、

 

あ・・・そう言えば・・・flairflair

 

みたいな(^^;)ノリで聞いて下さる。

 

ので(?)、

 

リクエストに(ひとり勝手)にお応えして(?)画像をアップしてみます。

 

 

 

・・・・あ・・・・sweat01

 

 

ご覧になりたくナイ方は無理に見ないで下さいね(^^;)

 

あまりのキラキラshineに目がヤラレるかも←ウソ(笑)

 

 

 

 

・・・いきますよ(^^;)

 

 

  

 

どーーーーーんsign03

 

 

 

 

 

 

 

Photo

ご覧の通り。

ドレス風に着付けた総スパンコールの振袖です。

八掛がメタリックシルバーのレースで仕立ててあり、これを活かし、立褄を折り返しスパンコールとのコントラストを楽しみむと共に、上前で作ったドレープが曲線を描きエレガントな雰囲気も演出する、という着付にしてあります。

が、モデルが私ではねぇ…sweat01
す…すみません…て感じですcoldsweats01

帯は、ある染織作家の和紙の帯で、片流しをアレンジした帯結び。

着心地は、非常に軽いですupup
一方気分は、お借りした貴重なお衣装だけに・・・coldsweats01

汚しでもしたら大変です。特に振袖はお袖が長いので、どこかに引っ掛けでもしたら、超・大変。

 

支度は、ものの数分sweat01で学院長がアッと言う間に着付けて下さいました。

アクセサリーと靴は自前。

久し振りに10センチのピンヒールを履きましたboutique

 

ら、次の日はふくらはぎが痛かったりして(笑)

やだな~もぉcoldsweats02イカン、イカンsweat01sweat01

 

右側中央は、一部のモデルさん達と本番前のリハーサルで記念撮影。

私は10センチのピンヒールを履いていたものの、この時、みなさんは履物を履いておられません。なのに私が一番小さいの(笑)

モデルさん達は小顔でスタイルも抜群。

ヨロシイなぁ(-。-)

花嫁モデルさん達ともお写真を撮りたかったなぁ・・・。

白無垢

色打掛

黒の本振袖

それはそれは豪華なお衣装で、着付がとにかく美しく、みなさんうっとりする程の麗しさlovely

黒の本振袖は帯結びが直接見えるので着付師さんも腕の見せ所かと思います。

この時は、現代風なきものの柄からイメージされた非常に凝った創作帯結びで、何とも華麗で美しく、本当にお見事でした!!

和装の花嫁様は格別ですね、やはり。

大好きです、私(^^)。

そして、和装文化も奥が深い!!

 

 

色々と相当に大変でしたが、終わってみると楽しい経験でした。

 

本日、みーちゃんがショートから帰宅します。
明日からは通常の内容(?!)に戻ります(笑)

お陰様で私もリフレッシュ完了ですrock
Mo54最後までご覧下さって有難うございますMo54
     ここを↓クリック♪応援感謝です!!

             

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

  140を超える医療機関で採用!認知症介護食品「Newフェルガード」
flairご購入は信頼出来る↑正規一次代理店でclover
danger模造品が出回っているとか…ご注意下さいdanger

各メーカー高品質互換インクカートリッジを格安で販売します。宜しくお願いいたします。

車椅子・介護用品通販TCマート

    

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

週末のお仕事

flagDrコウノ認知症勉強会in大阪 開催決定flair
ご案内とお願いがございます。こちらをご覧下さい。

flag只今フェルガードがお買い得です→こちら

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

あ~heart04
やっと生活リズムが戻りブログが更新出来ますpencil

全国200名ほど(?)のみーちゃんファンの皆様(笑)…お待たせを致しました(?)sweat01

みーちゃんはお蔭様で元気ですok

私にとってブログの更新は、今や生活のリズムのひとつでございまして、自分の精神安定に効果があることを自覚しております(笑)

もしや、中毒?or 依存症?

かもねcoldsweats01

ま、何でもヨロシイわね(・´艸`・)
これからも無理のない範囲で続けて行けたら…と、思っておりますpencil

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

さてさて・・・。

先の週末。

ワタクシ、これまでのお付き合いで、どうしてもお断り出来ない仕事を引き受けておりましたkaraoke

前記事からの通り、土曜は終日リハーサルに出向き、日曜の本番を無事に(?)終え、昨日月曜はみーちゃんがデイで留守中に仕事の後始末やら事務的なことがイロイロとございまして、ブログどころではありませんでしたsweat01

が。

お蔭様で何とか終えられましたhappy01

それもこれも、週末はおっとがみーちゃんの見守りをしてくれるからではありますが、それ以上に、みーちゃんがおっとの見守りでも大丈夫なくらい穏やかに過ごせているからに他なりません。

本当に有難いことです。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

さて、日曜日。6時起床。

朝から計画通りに支度を進め、9時に会場へ到着。既にてんてこ舞の楽屋へ主催者へご挨拶。

9時30分。
当日リハーサルに臨みました。

11時30分。
最終リハが終り、そのまま簡単な昼食をとり、本番用に支度を整えます。

当日の衣装は「訪問着」…お着物(自前)でした。

はい(^^)
和装のショーのお仕事をして来ました。

12時30分開演。

場内は、男性も女性も素適なお召し物の方ばかり。
男性の着物姿ってイイですねぇ~♪

最高齢93歳の女性の方も、楽にお着物をお召しになりご参加でした。私もあの方のように歳を重ねて行きたいものだと、つくづく感じさせて頂いたのでした。

そして、願わくはこの華やかな様子を、みーちゃんにも見せてあげられたらどんなにか喜ぶだろうと思いました。

ショーでは、伝統的な和装着付から創作の着付や帯結びの新提案まで、それはそれはきらびやかで、会場からは溜め息がいっぱい(笑)

私も仕事を忘れ、つい見惚れてしまいそうにsweat01

途中、日本舞踊の披露もあり、豊富な内容と演出で約3時間の本番が終了し、モデルさん達と記念撮影をhappy01

左から、
京友禅染訪問着、総絞り訪問着、花紋無地振袖、kuririn(自前)、古典調振袖、色留袖。

24bit01

他にも大勢、素晴らしいお衣装をお召しのモデルさんがいらっしゃいましたが、大勢過ぎて・・・(笑)

左から、唐織色打掛け、赤地紅型模様本振袖裾引き姿(お引きずり)、ウェディングドレス。
05

みんなで呼吸を合わせ頑張りました(^^)
みなさ~んnoteお疲れ様でした。
皆さん本当に素晴らしかったですshineshine

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

無事karaoke仕事を終え、直帰。
きっと待っていてくれるであろうみーちゃんに、着物姿を見せて喜ばせてあげようと、私は着替えず帰宅しました。
よって、打ち上げは丁重に辞退(笑)

一旦自宅に戻り荷物を置いて、その足でみーちゃんの様子を見にお部屋を訪問。

 

私 「只今~。帰ったよぉ~(^^)」

み 「おかえり~(^^)。

   今日はそれで仕事したん?」

私 「そう♪

   久しぶりに袖を通したから、
   見てもらおうと思って(^^)」

み 「あぁぁぁ~♪ ええわ、ええわhappy01

   kuririnさん、キレーわぁ~shine
   いつもと違って

 

 

   妙な所で正直だよネ?(--;)

 

 

 

私 「お蔭様で無事終らせてもらいました。

   すごく良かったよ~。
   みーちゃんにも見せてあげたかった」

み 「お疲れさんやったねぇ~」

私 「みーちゃんもお留守番、お疲れ様
   ありがとね」

み 「私は、なーも出来ないから・・・coldsweats01

私 「何言うてるのheart01

   ニコニコ居てくれるのが一番やんup

み 「そうかいなぁ~f(^^;)ポリポリ

 

留守中に何もなくて本当にヨカッタconfidentconfident
24bit06

こうしてまた、私にいつもの毎日が戻って参りました。
久しぶりの仕事は大変で疲れましたが、同時にリフレッシュ出来た一面もあり、これはこれで有難いことだと思うのでしたconfidentshine

西の彼方の姉も、協力ホントに有難うheart02

noteここ↓をクリックshineブログランキングに参加中note
人気ブログランキングへみーちゃんが『自慢の嫁』と言ってくれました。

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

     110を超える医療機関で採用!認知症介護食品「Newフェルガード」  
     bell↑毎日がポイント10倍デー↑bell

      

| | コメント (6)

2010年1月10日 (日)

回想/元旦の1日

flag認知症フォーラムin神戸のご案内⇒こちら

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

今日も息抜きネタpencilcoldsweats01sweat01

今年は元旦の夕方から、西の彼方の山の上に住む姉宅より新年早々のお招きにあずかり、伺うことになりました。

みーちゃんに、、、

夫 「お義兄さん宅へ新年の挨拶に行って来るから」 

み 「はいはい。どーぞ、とーぞok

私 「大丈夫?」

み 「だぁぁぁぁ~いじょ~ぶ(* ̄ω ̄*)v ブイ」

夫 「何かあったらスグ電話するんやで」

み 「はいはい。行ってらっしゃぁ~~い(^^)/~~~~」

 

お蔭様で、機嫌よく出して頂きましたcoldsweats01
助かるワァdash

 

みーちゃんの夕飯と服薬を見届け18時に出発。
19時、姉宅に到着train

既にcuteちゃん夫妻は到着していて「おめでとう~fujiとご挨拶。そして、義兄・姉夫妻にも新年の挨拶を済ませ、リビングに通して頂くと凄まじいご馳走の数々が目に飛び込んで参りましたshine

20100101_004
24bit03

これ↑例の錦市場の買い物で姉が求めた品々でございまして、姉が1人で切ったり盛ったり手作り致しましたhappy01

お煮しめは、京野菜をはじめとする色んな食材が縁起物の型で抜かれていて、それはそれは目出度さ満点のお重パレードでございますshine

姉・・・有難うheart02
ホンマあなたはスゴイですshineshine

千両だか万両だかの大吟醸でお屠蘇を頂き、乾杯。
みんなでワイワイ楽しく年賀会のはじまりですbell

えーーーsweat01
タダでご馳走になる訳には参りませんのでcoldsweats01sweat01
kuririn家からのお年賀は、きらきらの苺と、MOETのROSEをマグナムボトルでwine←私がシャンパンしか飲めないので。
24bit04

普通サイズのボトルですと大人数では乾杯しただけで終ってしまうので、ここはひとつマグナムボトルでしょshineってコトで準備致しました(この日の集合は大人8人sign01)。
普通サイズと比較すとるやっぱりデカイnote
24bit01

ま・・・sweat01
cuteちゃんも居ますので暫くすると空になりました(笑)

で、やっぱりお正月は和服でしょflairってコトで着物を着ましたが、やはり五十肩が痛くて上手に着られませんでしたdespair

・・・・え?帯??

結べるかチャレンジしましたが無理でしたのでngウールの半巾帯を、前で貝の口に結んでから後へ回し、お飾り程度に帯〆だけ締めてみましたcoldsweats01テヘヘsweat01

ですから、外ではコートで隠し、室内では汚れ除けも兼ね割烹着で隠していますの(笑)sweat01来年のお正月は、肩も完治して気持ち良く着られるようになりたいものです。

宴もたけなわ。
時間も12時を過ぎ、いっぱい笑ってお腹も満タンfull
が、しかし、このウチの御当主様が・・・・。

 

義兄 「さぁ~heart04今から晩メシしよかぁ~smile

 

と、三嶋亭(京都の名店)のお肉様が登場した。

どぉぉーんsign03sign03

20100101_021

何を考えていらっさるのでしょーか(・д・;)
何やら、一番高いところを2キロもご用意くださったとか。

しゃぶしゃぶが始まりました。

(・д・;)ポカーン。>オニーサンすごくない?

凄すぎて言葉もありません・・・coldsweats02
私はお腹がいっぱいで、さすがに頂けませんsweat01

これでもかっsign03と言う程の持て成しを受け、その後も楽しくゆっくりさせて頂き、自宅に帰り着いたのは午前3時半を過ぎていたでしょうか(笑)
お蔭様で、楽しいお正月を過ごさせて頂きました。
有難いことですヽ(゜∀゜)ノ

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ 

 

さて、お正月の三ヶ日を過ぎた頃。
アノ、食べそびれたお肉がやたら気になり…。
4日に三嶋亭まで買いに行きまして(笑)、ようやくお正月が過ぎた気分になったのでしたcoldsweats01sweat01アハハsweat01

snowブログランキングに参加していますsnow
人気ブログランキングへ 元旦から明るいスタートを切りました(^^)/

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

     110を超える医療機関で採用!認知症介護食品「Newフェルガード」  
     bell↑毎日がポイント10倍デー↑bell

      

| | コメント (8)

2009年11月29日 (日)

気分を変えて

   ♪ご訪問頂きありがとうございます♪
         管理人のkuririnです(^^)/

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

はじめに、、、

我が家のみーちゃん(義母/80歳)はレビー小体型認知症で要介護1です。初期症状や現在に至る経緯は「お義母さんのお世話」「レビー小体病に思う事」「レビー小体型認知症の初期症状など」カテゴリで綴っております。

このブログは、根治しない進行性のレビー小体型認知症に対し、適切な治療とケア次第で、普通に暮らせる時間が少しでも長くなるのではないか・・・と、ささやかな願いを抱きながら、レビー小体病に手探りで向き合う若輩・管理人の日々のアレコレを(息抜きもいっぱい・笑)綴っています。

(発症時と改善後の表情比較画像はこちらこちらをご覧下さい)

医療用漢方製剤の健康保険除外について

内閣府・行政刷新会議による『事業仕分け』作業で、医療用漢方製剤(漢方エキス製剤・煎じ薬)を健康保険から除外する、と言う案が出されました。→関連記事

認知症の治療において漢方は、抑肝散をはじめ様々な漢方薬を組合せることで周辺症状等を改善へ導く数少ない医薬品であり、その効果は周知の事実です。

どう言った見識でこの事業仕分けが成されるのかわかりませんが、私は漢方がこれまで通り健康保険で使えるよう願って止みません。

現在署名運動中でkuririn家も署名させて頂きました。

こちらのサイトに詳細がアップされていますのでご覧下さいませ。
また、電子署名はこちらですpencil
携帯電話からの署名はこちらですpencil

第1回締め切りは、11月30日(月)
第2回締め切りは、12月7日(月)予定です。

この様な案が通る事があってはならないと思います。

pen今日の記事はこちらからpen

私は和服も大好きですヽ(゜∀゜)ノ
で、今日は久っさしぶりの和服カテゴリ(笑)pencil

いったい、いつから和服のことを書いてイナイのかしら~と思ったら、2008年のお正月以来ナイみたいsweat01

考えてみたら四十肩で左腕があがらない&後に回らなくなったのは、2008年3月。
以来、すっかり着物を気軽に着る楽しみが激減し、和服カテゴリの淋しいことdespairsweat01淋しいことweepsweat01sweat01

肩は現在リハビリ中でございまいすので、回復のアカツキにはいっぱい着物を着て出掛け様と思っています。
これも私の愉しみですので(*^^*)

BUT・・・そんな余裕があるかしらねσ(^◇^;)

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

 

さてflair

 

先の連休に、たまたま御呼ばれがあり、せっかくなので訪問着に袖を通しました。

髪はぐぐっrockと落ち着いた雰囲気でリクエスト。
髪飾りは当然sign02キラキラをshineshine後も前も余念なく(笑)
24bit02

出来上がりはこんな感じ♪
24bit04

ちょっと女将さんな私ですが(笑)、せっかくの機会ですので、普段の巻き巻きスタイルとのギャップを楽しみまして、久しぶりのお着物を堪能し、リフレッシュした次第です(*^^*)

着付に際しては、髪のボリュームと釣合うよう衿を抜いて頂き、一方で、襦袢の衿合わせはしっかり詰めて品良く、とお願いしました。
また、全体的に小柄な私ですが、髪にボリュームがあるので、帯の幅を少し出して頂き、お太鼓もやや大きめにして頂きました。

自分で出来ない分、ウルサイ客です(^^;)

小物もお祝いの気持ちを込め、コレに決定up20091122_040

お蔭様でいつもと違うひとときを堪能致しました(*^^*)/

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ今度のお正月も着物を着られそうにナイdespair残念

今日も最後までご覧下さって有難うございますm(_ _)m

| | コメント (10)

2008年1月 2日 (水)

謹賀新年☆2008

あけましておめでとうございます♪♪

kuririn家は今年も穏やかに年越しさせて頂きました。
本当に有難い事ですm(u_u*)m
どーか。どーか。今年もこの調子で…。

元旦の朝は恒例のお雑煮の朝食からスタート。
今年1年の食の恵を祈念しつつ、
感謝の気持ちで頂きました。

*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._

さてさて、今年の元旦の装いは和服にしました。

【おっと編】
200811_004 襦袢は、絞り物。

柄はご覧の通りですが、

上前には縁起物の

ひょうたんが並んでいます。

私はこの襦袢が大好きです。



200811_005 着物は濃紺の紬。

私の父は、普段からこうした着物を良く着ていました。

その影響からか、私は男物の紬が大好きです。






200811_002男物のオシャレのひとつに羽織がありますが、どこでオシャレするかって言うと、やはりこの裏ですね。おっとの羽織は「茶道具柄」で、割とめずらしいと思います。

上品な雰囲気は、私のお気に入りです。






【わたし編】

200811_009私も紬にしようか・・・と迷ったのですが、お正月らしく明るい色彩でまとめることにしました。

柄が多めの小紋なので、帯はあっさりポイント柄にしました。

小物は朱赤を
アクセントカラーに。





200811_012001この名古屋帯。
鈴の絵柄なのですが、
実はコレ、私が描きました。
色も自分で作りました。

ずっと以前のこと。
着付教室に通っていた当時、こうした帯の絵柄を描いたり、組紐で帯締めを作ったり、自分で色々と作品を作ったことがあります。

今も、それらは大切に使っています。京都にはそうした体験をさせて頂ける場所が色々あります。
楽しいですよ(^^)/



【お揃い編】

200811_015001おっともわたしも、
着物が大好きです。

やっぱり普段に着る
のが楽しいです。

私は、着物姿のおっと
が大好きです(*^^*)

だってね、いつもより
ちょっと品良く見えるから♪

にゃはは~(=^▽^=)




*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._

支度を整え、まずはみーちゃん詣。
みーちゃんも元気に新年を迎えられ何よりです。
今年も元気で変らずに居てチョーダイね!!

続いて午後は新年の会食にご招待を頂きお出掛け。
cuteちゃん夫妻が我が家まで迎えに来てくれました。
cuteちゃん&ダンナ君、どうもありがとう~♪
そして、寒い中お待たせしてスミマセンでした←byおっと

以降、驚愕の豪華料理に囲まれ、
とてもとても楽しいお正月を過ごさせて頂きました。
お世話になったみなさま、ありがとうございました。
この続きは、またいずれ~♪

*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._

ささやかなブログですが、今年ものんびり続けて行けたら・・・と、思っております。今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

| | コメント (2)

2007年7月26日 (木)

一年ぶりのMC

昨日、一年振りにお仕事しました。

しばらくは諸々の事情から仕事の現場を離れていましたが、この頃は義母(78)の調子も良いのでお引受しました。

クライアントは、長いお付き合いのある老舗の呉服屋さんで、昨年に引き続きご連絡を頂きました。

夏の到来を告げる祇園祭が終わったこの時期、例年開催されているパーティです。

今年は、主催者が演歌歌手2名をお招きになりました。いずれの方も私はお名前を聞いたことがなかったのですが、それぞれのショータイムでは「おひねり」が飛び出し、、、、どんな世界も追っ掛けはいるのね・・・(^_^;)と思いました。それに、それぞれの歌手にはちゃんと後援会(ファンクラブ)もあって、そーゆーおば様方がいろいろと面倒みたりお世話したりされているご様子。で、タレントはそんなおば様方を喜ばせなきゃならない。タレントって言う商売も楽じゃないわね・・・売れてないならなおさらだわ┐(´~`)┌な~んてこともチラと思ってみたりして(笑)

お客様のお顔ぶれは、呉服屋さんの上顧客の方々で、皆さんパーティにはこの呉服屋さんでお求めになったお召し物を身に着けて来場されるのがお約束で、勿論ALLご招待。それはそれはセレブな皆様でした。

途中、おしゃれ自慢のお客様をステージにお迎えし、この日の着こなしのポイントなどをインタビューする訳です。それらは、事前に何の情報もないので「出たとこ勝負」になるのが私としては一番恐いところでもありますが、一番おもしろいところでもあります。

それに、お客様方は会場のホテルに到着され受付を済まされたら、即、プロのカメラマンがとなりの撮影コーナーでスタンバイしていて、そこでまず「記念撮影」を済ませてから会場に入る・・・と言う段取り。もちろん、全員。

そして、これは後日の展示会で同時開催のフォトコンテストのお写真となり、お客様方のその日の装いがそのまま「一作品」としてエントリーされる仕組みです。すると、このお客様方は当然自分の写真の出来具合を確認に展示会へ行くことになる・・・・(笑)素晴らしいでしょ(爆)

それにね、毎年思う事ですが、今年もそれはそれは凄かったですよ、お客様方は。みなさん見事なお衣装や宝石がキラキラしていました(=^▽^=)京都ならではかも?!。ちなみに、お客様の平均年齢は目視で65歳前後。最高年齢90歳でした!!
皆さん、本当に凄かったです。

で、わたしの衣装は主催者の意向で例年「ゆたか」。
当然向う様がご用意下さるものを有難く着せて頂くことになります。

以下、主催者様との打合せ時の会話より

私 「今年は昨年頂いたゆかたがありますから(*^^*)」

主 「え!Σ(゚д゚lll)。何をおっしゃってます!!」

私 「(ё_ё;)と、いいますと?」

主 「昨年と同じ物をお召しになるお客様など
   いらっしゃいません。それに、司会者が
   昨年と同じ物を着ていると、覚えておられる
   お客様もいらっしゃるでしょうから、
   そうなると当社が笑われます!!(`・ω・´)」

私 「・・・・・あ・・・はぁ・・・(^_^;)あっそ!

主 「こちらで一式ご用意しますので!」

私 「さいですか・・・σ(^◇^;)お世話になりますm(_ _)m」

前日、ゆかたは「白」にしたので透けるから肌着をお忘れなく!と、ご丁寧に連絡を頂き、スケスケ対策もバッチリです(^^)。

そして今年は
「ゆたか・帯・下駄」一式を頂戴しましたv(^^)vどもども

毎年、ゆかたが増えてゆく~(*^^*)ニャハ♪

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

あさきゆめみしⅡ≪千秋楽≫

みなさま~☆ご機嫌いかがですか~

ん~~~っふっふっふ( ̄w ̄*)
    ん~~~っふっふっふ( ̄v ̄*)
       ん~~~っふっふっふ( ̄0 ̄*)

ども!!
めちゃめちゃご機嫌のkuririnです♪♪
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

昨日ご報告致しました通り、義母の歯も無事入り全ての問題がクリアされましたので、わたくしめでたく千秋楽公演を観に行く事ができました(^^)/

これまでの観劇記は「観劇が趣味なの」カテゴリで一覧出来ます。

7/7に初日の幕が上がり17日間のこの公演。たかが17日間ですがされど17日間。わたしは生徒さん達と一緒に突っ走った17日間でございました。

思い起こせば、、、、久しく無かった回転性・めまいを誘発してしまったあの恐怖の初日公演。こんな公演を観続けたらわたしはどうにかなってしまうのでは・・・と、途中、何度観劇を断念しかけたことでしょう(結局、観たけど)。こうしたことは、これまでわたしの経験ではなかったことで、大変衝撃的な事態でした。

しかし、中盤から終盤にかけて見慣れたことも手伝ってか、徐々に楽しめるところが増え始めましたσ(^◇^;)とは言っても、前代未聞の超・駄作には変わりなく、心のどこかにはいつも不満がありました。

それが、この千秋楽に至っては、悟りの境地・・・とでも申しましょうか、これまでウダウダ感じていたことなどは、

どーでもいい!!

と思うようになりました。

一番大切なことは、

おさちゃんが今、目の前で
元気に舞台に立ってくれている

と言うことでした。

そして、その想いに応えてくれるかの様な素敵な舞台を観せてくれたおさちゃん。

その姿は本当に麗しく輝いてました。
劇場空間いっぱいに響く美しい歌声に涙腺が崩壊。場面毎の溢れる情感を、時には温かく、時には激しく、時には壮大に、恵まれた歌声を自由自在に操りながら心ゆくまで聴かせてくれました。
本当に素晴らしかったm(u_u*)m

それでいいんだ。
それでいいんだ。

だって
おさちゃんがそこにいるんだもん♪

それでいいんだ。
ここまで来れば最低だか最高だかわからない楽しみ方だな(爆)

さすがに、千秋楽の舞台は客席の熱気も全然違います。これまで拍手の無かった場面も、自然と拍手が沸きあがる・・そんな公演でした。何故なら、生徒全員の気迫が熱演・熱演の連続で目頭が熱くなる思いでした。

以下、印象的だった数々を振り返ってみます。

*開演アナウンス
この公演中ずっと感じていたのだけど、今回の開演アナウンスって、これまでとは全然違う様に聞こえたのは私だけでしょうか。これまでは結構、男前な声だったのですが、今回は女性的な雰囲気を感じました(ま、女性なんですけどね・・・^^;)
そんな声もあと僅かと思うだけでジ~ン(T0T)

*源氏・準太上天皇即位後の、頭の中将(壮さん)
いやぁぁぁ~、物凄く良かったです(^0^)
源氏が至高の者となり、自分からどんどん遠ざかって行くと歌う中将。その愛憎たるや心情表現が本当にお見事でした。いつもはこの場面、拍手など起こらないのですが、今日は自然と拍手が沸き起こりました。素晴らしかった!!。
壮君てこんなに押出しのある人でしたか?
嬉しい驚きでした(^^)
それでもやっぱり上目線だー(笑)

*藤壺の宮&紫の上/桜乃彩音さん(二役)
もともと歌声は高音の美しい人。歌の技術がどうこう言うより、情感を乗せて歌うことの出来る人で、わたしは今回この人の歌に感動しました。あくまでも本人比ですが、芝居の中での歌唱力はアップされたと思いました。

藤壺では、仮にも源氏の母替わりとしての母性と、大人の落ち着きがありました。
源氏との密通の場面では、御簾の内に入ろうとする源氏に対して、威厳をもって「なりません!」との台詞。愛しているのに愛してはならない・・・藤壺自身がいっぱいいっぱいのところで口にしたやっとの言葉だったでしょう。それはまるで藤壺自身が自分と戦っているかの様でした。その言葉の強さに、源氏も一旦退いてしまう。ここは切ないながら鳥肌ものでした。

また、紫の上では華やかな可憐さに加え聡明さすら感じました。ですので、物語が進むにつれ、源氏が見ているのは紫自身ではなく他の誰かだと自分で気付いて以降の彼女の悲しみの深さに、こちらも身がちぎれる思いがしました。にもかかわらず、それを決して表には出さず孤独を抱えたまま生涯を終えてしまいます。最期の「稜王の舞」はそうした想いがほとばしる大変な迫力で、愛の「強さ」と「儚さ」を同時に知った紫の上だったことが伝わって来て、大変熱演されていたと思います。

初演時から私の大好きな場面のひとつに、明石の上との掛け合いがあります。
声質のキレイな明石の上/絵莉千晶さんと、紫の上の掛け合いは、共々に心打つ印象的な場面としてしっかり聴かせて頂けたと思います。

*弘徽殿の女御/芽吹幸奈さん
劇中では朱雀帝(高翔さん)の母役ですがお若いのでどうしてもそう見えない。やっぱり草○のキャスティングは間違っている!でももう、今更言うまい・・・文句言うのも疲れました。それで、ややユーモラスな存在に仕立ててあったのは残念ですが、それでも早口言葉の様な歌を活舌よく怒りたっぷりに聴かせてくれました。彼女の怒りは日毎に熱を持って行ったのではないかと思いますが、さすが千秋楽。怒りも頂点(笑)と言った感じで好演でした。

*,花組でいつも注目する人、その①
≪悠真 倫 さん≫
多くの出番の中で、いつもその場その場に相応しい手堅い演技を観せて下さる方ですが、今回の大注目は翁の場面で、ここはとても和ませてもらえる。続く場面ではいよいよ女三の宮が登場し物語が佳境に入ってゆくので、その導入として大切な場面でもあるところを、持ち前の温かみを活かし好演されていました。
わたしはとても好きでした。

その②≪眉月 鳳 さん≫
この方ねー、キレイです。
冷泉帝を品良く演じておられました。
以上。

その③≪大伴れいか さん≫
実に多くの場面でご活躍でしたが、役柄としては右大臣をされていました。
わたしが印象的だったのは祭(夏)の場面で民衆として踊っておられるところ。軽くジャンプを繰返する振付の時、ひとりだけ頭が飛び抜けている。それが大伴さんでした(笑)もう!ぴょんぴょん!!!(爆)(^w^;)
こまれでにない凄まじい怒りに震える源氏をオペラで追っていると、その後ろでどーも気になると思えばいつもこの方。
ショーも然り。いつもついつい観ては喜んでますσ(^◇^;)

その④≪夏美 よう さん≫
言わずと知れた(?!)組長さん。
舞台挨拶では必ずカンでしまう人。
でも、ショーの鬘のアレンジは素晴らしく男前(笑)。主だった男役以外は全員同じ鬘のはずなのに、下級生に行く程ビミョ~。底知れぬ「技」を感じてしまいました。

*最後に、、、、怒る春野源氏。
いやぁぁぁぁぁ!!!!
素晴らしい~(@^▽^@)ノ☆
あー怖い(>0<)
あれじゃ、柏木死んじゃうわ。
今日の出来は絶品!
怒鳴りが嫌いな私もOKな表現で是非とも千秋楽の映像をDVDにして欲しいくらいです。
観られて本当に良かった~v(*^0^*)v

と、まぁ。。。。。色々思う事が溢れて来ます。手が口化して来ました。口なら疲れないですが、キーボードをたたく手首がだんだん疲れて来ました(^_^;)

あ!
真飛さんの事、書いてませんねσ(^◇^;)
彼女の事はこの前書いた通りです。
こちらをご覧くださいm(_ _)m

さて昨日の千秋楽では、恒例の舞台挨拶があった訳ですが、そこでおさちゃんは「光源氏を演じられて、光源氏として舞台に立たせて頂く機会に恵まれ、この作品を与えて下さった先生に感謝します・・・」な~んてことを言ったのです。

なんかね・・・胸が痛くなりました
。・゜゜ '゜(*/□\*) '゜゜゜・。

熱のこもった舞台に対し、カーテンコールが3回程あったでしょうか。
最後は、いつものアレが登場しました(笑)

幕があがると、おさちゃんが満面の笑みで照れくさそうに、手で髪を撫で付けながら・・・
「それでは行かせて頂きます・・」
「3階のお客様イェーイ!」
「2階のお客様イェーイ!」
「1階のお客様イェーイ!」
「出演者イエーイ!!!」

と言った具合で、会場は大盛り上がりで最後の幕は下りました(*^^*)/
 

 

【 お 知 ら せ 】

本日21時~明日15時までココログメンテナンスです。明日のブログアップはメンテナンス終了後になります(^^)/

≪予告≫
明日はきゃわいいリラクマ弁当の登場です♪♪

 

 

 

【 お ま け 】

恥ずかしながら調子にのって千秋楽の装いをアップ(^。^)

20070723_003001 

長文&駄文、加えてお粗末な画像までご覧頂き誠に有難うございましたm(_ _)m
kuririn
 

| | コメント (2)

2007年7月22日 (日)

あさきゆめ・・漂い感じた

あんな駄作でも、ご贔屓の生徒や組が頑張っているとなると、応援せずにはいられない訳で・・・行って参りました。

「あさきゆめみしⅡ」

おそらく、一番辛いのは舞台に立っているご本人達だろうから・・・。

バックにはちゃんと頭痛薬も入れたし。

これまでの観劇記はこちらこちら

今回は舞台を観てどんな風に感じるだろう。
楽しめたらいいのにな・・・・m(u_u*)m

年増だったり、美しくなかったりする女人が登場したらすぐさまオペラをあげて、視界から抹殺せねば(`・ω・´)。
前娘役のお蔭で、その技は習得済みなワタシ。

そうね!そうよね!
美しいものだけを視界に招いて、
楽しんでしまえ~ヽ(゜∀゜)ノ

てな訳で・・・・

何せ、相手は超・駄作。゜(>д<)゜。
相当の意を決してその日は出掛けました。

ところが・・・・・

 

 

これまでとは、くらべものにならないくらい良い舞台を観ることが出来ました。

何?何?何があったのみんな!

で、それは私自身が見慣れたせい??とも思ったのだけど、どうやらそうでもない様だった。

隣のお席はこの作品を初めて観る知人。
もちろん舞台鑑賞暦の長い人。

観劇前の注意事項として
「芝居ではなく歌謡ショー」であること
「期待しない」こと
「女人は最悪に美しくない」こと
「駄作」であること
「三番手までの男役を中心に鑑賞」する事などを念押ししした。

その甲斐あってか(?!)、確かにヒドイ作品で女人達には絶句だが「良かった」との感想が聞けた。

またこの日、この作品が4度目の観劇と言うお友達からは「今週入った(7/16)あたりから良くなって来ていたけど、今日は本当に良かった!」との感想を聞かせてもらった。

やっぱり、そうだよね!!
比べ物にならないくらい、良くなっているよね(^^)/
余談ですが、16日はタモさんがご観劇だったそうです。
詳細は
こちら おさちゃん・タモさんのツーショット♪

ではでは、何がそんなに良くなっていたかと言うと、やはり出演者である生徒自身に起因するところだと思う。

加えて念押ししておきますがわたしはこの作品を
絶賛する気など毛頭ございません。

 

しかしながら、良くなったところはキチンと認めたい。

うまく言えないのだけど、あのノッペラボウな脚本・演出でも、演者のテンション&エネルギーが作品に「流れ」を作った?・・与えた?・・生み出した?・・・って感じでした。
これまでは、まるで「箇条書き」の様な舞台進行でブツプツに場面が途切れていたのが、どう言う訳か繋がっていた。

筋と芯のハッキリしない脚本・演出に対し、演者全員の呼吸が一本に繋げようと働いていた感じがします。

あれは、何なんでしょうね。舞台って生ものですね。
観続けて本当に良かった~(*^^*)
とにかく、わたし自身がとても驚いてしまったのです。
もちろん嬉しい驚き。生徒全員に大きな拍手を贈りたいです。
 

以下、感じたままを。。。

藤壺の悲しみと苦しみ。
紫の上の淋しさと愛。
そして、源氏の君の愛に漂う「あさき夢」

源氏の君は、紫の上を喪った時に初めて自分が紫の上こそを愛していたと気付く訳で、この「あさきゆめみし」ではそれを、紫の上との愛こそ「この世に生まれた本当の意味だった」と源氏の君が歌います。でも、もう紫の上はどこにもいない。

位人臣を極め・栄華の頂点に登りつめた源氏の君ですが、この場面では、その孤独が一気にこちらに押し寄せて来ます。

だからこそ、「比翼の鳥」「連理の枝」との言葉から垣間見る源氏の君の「あさき夢」が胸に突き刺さる。
儚い・・・儚すぎる。
それぞれが命を燃やし、愛して、生きて、無常にも永久の別れに行き着く。そうしたものが、きちんとこちらに伝わって来た。

ま、この場面は初演時からあったものですが、今回の方がより儚げな感じがします。

また、女三の宮の不義に怒る源氏の迫力が更に凄味を増しています。

光 源氏/春野 寿美礼さん
おさちゃん美しい~。物凄くステキ。
ただ、怒鳴るのは好きじゃないな(-_-;
怒鳴り方ヘタだなぁ┐(´~`)┌
て、言うか、気張って怒鳴らなくてもヨロシイ!!

刻の霊(ときのすだま)/真飛 聖 さん
舞台回しがとても良くなって来ていた。
ブッタ切りの場面を丁寧な表現で繋いでくれた気がする。
それはとても嬉しい(^^)
あんなヒドイ脚本と演出なので本当に気の毒ですが、ご立派です。
それに真飛さん、本人比で歌が上達されたと思います♪
今回、歌にドラマがある様に聴き感じました。

頭の中将(とうのちゅうじょう)/壮 一帆 さん
この方の芝居も、遠慮のないところが頭の中将らしく良い感じです。もう少し頭の中将に、友人or政敵としてのアプローチから源氏の君を見つめる場面があると、壮君の見せ場になっていいのにな。残念。
ただし、ショーではドえらい存在感です(笑)
ポイントは上目線の「女歌」(爆)←誉めてます(^_^;)

何せ、おさちゃん・ゆうくん・えりたんがとにかく麗しいです。

それから、あとは女三の宮/桜 一花 さん。
自分の意思を持たず、他人の心の機微すら感じない「お人形」の様な女三の宮を、この人は持ち前の演技力でみせてくれます。まったく何をやらせてもウマイ人です。今回は周りの女人が余りにヒドイのでOKでしたが、もうそろそろ(この手の10代の)姫は限界だよね。

小侍従/華耀きらり さん
この人も本当にうまいヽ(゜∀゜)ノ
柏木に女三の宮との手引きを強引に迫られるところなど、素晴らしいです。パチパチ~きらりちゃん!エライ!!
決め所をキチンと決めてくれるので、観ていてイイ感じです。

朱雀帝/高翔みずき さん
何でもソツなくこなしてしまう方ですよね~(^^)
難がナイ。品の良い帝ぶりや、特に朧月夜への無償の愛は、源氏の君の腹違いの兄としての苦渋もありながら、それを表に出さない人間的な優しさをとても上手に芝居されていて、登場される度に「あぁ、帝はお優しさが過ぎますわ。もっと強引に行って頂いてもヨロシクてよ」などと、ささやいてみたくなる。お上手です。

他、生徒の使い方の間違い多数有り(∋_∈)

 

確かに、私が見慣れたて来たのかも知れない。
けれど、相変わらずの作品なのに、確かに舞台は進化していたと思うのです。

せめて、初日にこのくらいのレベルからスタートして欲しかったかな(-_-;。それでも、文句は山盛りですけどね。。。。本当に草○先生は_| ̄|●。この生徒の頑張りをどうご覧になりますか!!と聞いてみたい。今回の問題点を大いに反省して欲しいと思います。

そして、そんなこんなの公演も月曜(7/23)が千秋楽。
どうかどうか無事に、そして願わくは更なる進化を以って幕を下ろして欲しいと願うばかりです。

千秋楽は天候さえ良ければ、今公演最後の応援♪とばかりに和服で行きたいと思います。こんな感じでいかがでしょうね(^^)20070721

長文&駄文をご覧頂き有難うございました。
kuririn

| | コメント (4)